こぬ人を
まつほの浦の
夕なぎに
やくやもしほの
身もこがれつつ
こぬひとを
まつほのうらの
ゆふなぎに
やくやもしほの
みもこがれつつ
Она не идёт.
«Жди», — мне шепчет Сосновая заводь
В вечерней тиши.
Жгут в солеварне травы.
Или сердце сгорает моё?
Данное стихотворение (ант. «Синтёкусэнсю»,
«Песни любви», книга третья) было сложено для «Поэтического состязания во дворце государя в шестом году эры Кэмпо» (1218).
Сосновая заводь — условный перевод «Мацухо-но ура» — названия бухты у побережья о. Авадзи Мацу.
В стихотворении Тэйка звучат строки из песни Каса-но Канамура («Манъёсю», № 935).
春の夜の
夢の浮橋
とだえして
峰にわかるる
横雲の空
はるのよの
ゆめのうきはし
とだえして
みねにわかるる
よこぐものそら
Как быстро
Весенняя ночь миновала!
В рассветном тумане,
От горных вершин оторвавшись,
Плывут облака...
* Намёк на танка Тадаминэ из «Кокинсю»:
Ветер подул —
И вмиг отделилось от горной вершины
Белое облако.
Не так ли и сердце твое
Ненадёжно?
大空は
梅のにほひに
霞みつつ
くもりもはてぬ
春の夜の月
おほそらは
うめのにほひに
かすみつつ
くもりもはてぬ
はるのよのつき
Туманным ароматом слив
Пропитан воздух.
В дымке
Весенняя луна.
Тёплый призрачный свет...
* Сложена с намеком на песню Оэ Тисато из «Кокинсю»:
Слегка подёрнутая дымкой,
С небес
Сияет мягко
Весенняя луна.
Что может быть прекрасней?
梅の花
にほひをうつす
袖の上に
軒もる月の
影ぞあらそふ
うめのはな
にほひをうつす
そでのうへに
のきもるつきの
かげぞあらそふ
Рукав, увлажнённый слезами,
Сливы впитал аромат,
И отблеск луны,
Сквозь ветхую крышу пробившись,
На нём отразился...
* Сложена от лица отшельника, живущего в горной хижине (ямадзато). В песне — намек на танка Аривары Нарихира из «Кокинсю» («Песни любви» [747]), в которой поэт вспоминает о прежней любви, лёжа на полу полуразрушенного дома, где когда-то жила его возлюбленная, и глядя на луну.
霜まよふ
空にしをれし
かりがねの
帰るつばさに
春雨ぞふる
しもまよふ
そらにしをれし
かりがねの
かへるつばさに
はるさめぞふる
О дикие гуси!
Сюда прилетали вы в стужу осеннюю
С битыми крыльями...
И вот — снова в пути,
Под весенним дождем промокая...
* Гуси прилетают обратно с севера поздней осенью, в холодный период предзимья.
白雲の
春はかさねて
立田山
をぐらの峰に
花にほふらし
しらくもの
はるはかさねて
たつたやま
をぐらのみねに
はなにほふらし
Пришла весна,
И вишен белые цветы
И облака
Уже украсили
Вершину Огура...
* Пик Огура — вершина горы Тацута.
桜色の
庭の春風
あともなし
とはばぞ人の
雪とだに見む
さくらいろの
にはのはるかぜ
あともなし
とはばぞひとの
ゆきとだにみむ
Бело-розовый
Ветер весенний
Ныне не дует над садом моим.
А случайному гостю пусть снегом покажутся
Опавшие лепестки.
* Тэйка использует намёк на танка Нарихиры из «Кокинсю» (свиток «Песни весны»):
Сегодня не приди —
Назавтра, верно бы,
Осыпались, как снег,
И хоть не тает он,
Разве могу его принять я за цветы?
(Эту песню очень высоко оценил Фудзивара Сюндзэй.)
たまぼこの
道行き人の
ことつても
絶えてほどふる
五月雨の空
たまぼこの
みちゆきひとの
ことつても
たえてほどふる
さみだれのそら
Льёт майский дождь,
И яшмовым копьём блестит
Пустынная дорога:
Нет никого,
Кто бы принёс мне весть!
* ...яшмовым копьём блестит... дорога — «путь — яшмовое копье» (тамахоко-но мити) — постоянный эпитет (макура-котоба), восходящий к древнему мифу о схождении на землю внука богини солнца Аматэрасу, когда один из сопровождавших его богов указывал ему путь яшмовым копьём. Поэт использует приём «следования песне-прототипу» — танка Хитомаро из антологии «Сюисю» (свиток «Песни любви»):
Коль суждено,
Готов я от любви и умереть:
Ведь на пути,
Что протянулся яшмовым копьём,
Нет никого, кто б вести о тебе принёс.
五月雨の
月はつれなき
み山より
ひとりも出づる
ほととぎすかな
さみだれの
つきはつれなき
みやまより
ひとりもいづる
ほととぎすかな
Дождливою порой
Бездушная луна
Не выйдет на свиданье
И лишь кукушка
Вылетает из-за гор.
* Луна обычно выходит из-за гор, кукушка тоже прилетает с гор в начале лета, отсюда и родилась поэтическая идея Тэйка: в пору майских дождей из-за гор появляется лишь кукушка, а луна — так и не показывается.
夕暮れは
いづれの雲の
名残とて
花橘に
風の吹くらむ
ゆふぐれは
いづれのくもの
なごりとて
はなたちばなに
かぜのふくらむ
Сумерки...
Запах цветов померанца ветер принёс.
Не в память ли об ароматном облаке,
Что от тебя осталось,
Устремившись ввысь?
* ...об ароматном облаке, что от тебя осталось... — со времён «Манъёсю» существовало поверье, что дым от погребального костра превращается в облако (или в тучу). Перекликается с песней Гэндзи из романа «Гэндзи моногатари»:
Почудится вдруг:
То не туча, а дым
От костра погребального...
И таким неожиданно близким
Ночное покажется небо.
ひさかたの
中なる川の
鵜飼ひ舟
いかにちぎりて
闇を待つらむ
ひさかたの
なかなるかはの
うかひふね
いかにちぎりて
やみをまつらむ
Корабль рыбацкий с корморанами,
Что лунною рекой плывёт,
Ему-то уж
Какою кармой предначертано
Ждать наступленья тьмы?
* Автор строит свою песню на омонимической метафоре: лунная река — он имеет в виду реку Кацура, название которой ассоциируется со словом кацура — «лавр». По китайскому преданию, лавр — дерево, растущее на луне (см. коммент. 200). Луна же — источник света, отсюда и неожиданный поворот, избранный Тэйка: по лунной реке (свет) плывет ладья для ночного (тьма) лова рыбы с бакланами (корморанами). Река Кацура — нижнее течение реки Оикава. Можно сравнить песню с танка Исэ из «Кокинсю» (свиток «Песни о разном»):
То место, где живу,
Зовётся «Лавром», значит —
Я обитаю на луне,
И потому лишь света
С надеждою я ждать должна.

(Поэтесса получила письмо от своей патронессы Онси Тюгу, супруги императора Уда, а жила она в то время в районе Кацура (в г. Хэйан, ныне Киото), и в своём ответном послании она обыгрывает это название, давая понять Онси, что рассматривает её письмо как залог грядущих милостей — «света».)

見わたせば
花も紅葉も
なかりけり
浦の苫屋の
秋の夕暮れ
みわたせば
はなももみぢも
なかりけり
うらのともやの
あきのゆふぐれ
Оглянешься вокруг —
Нет ни цветов,
Ни алых листьев.
Лишь камышовые навесы рыбаков
В осенних сумерках...
* Прототипом могла стать танка неизвестного автора из «Госэнсю» (свиток «Песни зимы»):
Снег идёт...
Хоть ненадолго бы
На ветках задержался, —
Пока нет ни цветов,
Ни алых листьев.
さむしろや
待つ夜の秋の
風ふけて
月をかたしく
宇治の橋姫
さむしろや
まつよのあきの
かぜふけて
つきをかたしく
うぢのはしひめ
Свет луны расстелив в одиночестве,
Слушая ветра печальные вздохи,
Ждёшь ли меня этой ночью осеннею,
Дева, в селении Удзи,
Возле моста?
* Существовало предание о некоей деве
— хранительнице древнего моста через реку Удзи (см. коммент. 169, 251). Её называли также девой-печальницей. Песня Фудзивары Тэйка являет собой намёк на танка из «Кокинсю», принадлежащую неизвестному автору (свиток «Песни любви»):
Быть может, и нынче,
Одинокое ложе своё расстелив,
Ждёт меня дева-печальница
Возле моста
В селении Удзи.

(Селение Удзи — предместье Хэйана, ныне г. Удзи в префектуре
Киото. Здесь находится синтоистский храм, где поклоняются деве-хранительнице моста Удзи как божеству.)
秋とだに
忘れむと思ふ
月影を
さもあやにくに
打つ衣かな
あきとだに
わすれむとおもふ
つきかげを
さもあやにくに
うつころもかな
Разве мне мало той печали,
Что навевает осенью
Сияние луны?
Зачем ещё и этот стук валька,
Щемящий сердце?

ひとり寝る
山鳥の尾の
しだり尾に
霜おきまよふ
床の月影
ひとりねる
やまどりのをの
しだりをに
しもおきまよふ
とこのつきかげ
Уснул одинокий фазан.
Хвост его,
Долу свисающий,
Иней покрыл.
Сверкает в сиянье луны.
* Фудзивара Тэйка, известный своей объективностью в качестве арбитра на поэтических турнирах, а также высокой требовательностью к самому себе, считал эту песню не вполне удачной и уступил первенство своему сопернику.

時わかぬ
波さへ色に
いづみ川
ははその杜に
あらし吹くらし
ときわかぬ
なみさへいろに
いづみかは
ははそのもりに
あらしふくらし
О Идзуми-река!
Хоть увядание осеннее тебе и незнакомо,
Порою волны отливают желтизной:
То, верно, ураган
Срывает листья в жёлтой роще.
* ...срывает листья в жёлтой роще... — имеется в виду равнина Хахасо (см. коммент. 529)'. ...волны отливают желтизной... — ураган срывает листья с деревьев, и они устилают всю поверхность реки. Песня перекликается с уже упоминавшейся танка Фунъя Ясухидэ из «Кокинсю» (см. коммент. 389).
駒とめて
袖うちはらふ
かげもなし
佐野のわたりの
雪の夕暮れ
こまとめて
そでうちはらふ
かげもなし
さののわたりの
ゆきのゆふぐれ
Пристанища не вижу,
Чтобы коня остановить,
Снег с рукавов стряхнуть,
И переправа Сано
В снежных сумерках...
* Источник вдохновения автора — танка Нага-но ими Киокимаро из антологии «Манъёсю»:
Льёт сильный дождь...
На переправе Сано
Возле мыса Мива
И дома даже
Не видать...


Стихотворение ориентировано на танка Нага Окамаро из третьего свитка антологии "Манъёсю" ([265] (В.Н. Горегляд)
待つ人の
ふもとの道は
絶えぬらむ
軒ばの杉に
雪重るなり
まつひとの
ふもとのみちは
たえぬらむ
のきばのすぎに
ゆきおもるなり
Я ждал тебя,
Но под горой тропу,
Наверно, снегом замело,
Под тяжестью его уж гнутся
Ветви криптомерии...

わが道を
まもらば君を
まもるらむ
よはひはゆづれ
住吉の松
わがみちを
まもらばきみを
まもるらむ
よはひはゆづれ
すみよしのまつ
Ты покровитель мой
В моём пути
Пути японской песни,
И да поделится сосна у храма Сумиёси
С тобою долголетием своим!
* Танка содержит благопожелания императору-поэту Готобе. Сам талантливый поэт, Готоба покровительствовал поэтам и много сделал для развития поэзии вака, хотя между ним и Тэйкой шло жестокое соперничество.

* Танка представляет собой весьма прозрачную аллюзию — намёк на песню Ицубон-но мияно нёбо из «Эйга моногатари» («Повесть о славе»), восхваляющую императора-инока Госандзё:
О ты, сосна у храма Сумиёси!
С небес повелевают тебе боги,
Чтоб долголетие своё
Ты целиком
Нашему государю уступила!

たまゆらの
露も涙も
とどまらず
なき人恋ふる
宿の秋風
たまゆらの
つゆもなみだも
とどまらず
なきひとこふる
やどのあきかぜ
У хижины,
Где ты жила недавно,
Осенний ветер дует,
С росою смешивая слезы,
Что катятся из глаз.

言問へよ
思ひおきつの
浜千鳥
なくなく出でし
跡の月影
こととへよ
おもひおきつの
はまちとり
なくなくいでし
あとのつきかげ
О птицы шумные на берегу Окицу!
Хочу спросить о той,
Которую, слезами обливаясь,
При свете призрачной луны
Я покидал.
* В песне — намёк на танка Фудзивары Тадафуса из «Кокинсю» (свиток «Разные песни»):
Помышлял о тебе,
Проезжая берег Окииу.
Крик журавля услыхав,
С радостью понял:
Ты жив!
いづくにか
こよひは宿を
かり衣日
も夕暮れの
峰のあらしに
いづくにか
こよひはやどを
かりころもひ
もゆふぐれの
みねのあらしに
Где сегодня
Найду приют?
Уж вечер, и в горах,
Я слышу,
Буря поднялась.

旅人の
袖吹き返す
秋風に
夕日さびしき
山のかけはし
たびひとの
そでふきかへす
あきかぜに
ゆふひさびしき
やまのかけはし
Рукава путника
Развеваются
На осеннем ветру.
В лучах заката
Одинокий мост в горах.

忘れなむ
待つとな告げそ
なかなかに
因幡の山の
峰の秋風
わすれなむ
まつとなつげそ
なかなかに
いなばのやまの
みねのあきかぜ
Забыть о тех,
Оставшихся в столице,
О том, что ждут,
Прошу, мне не шепчи,
Ветер на круче Инаба!
* Сложена на турнире в доме Фудзивары Ёсицунэ, регента-канцлера, в 1200 г.

* Просматривается прозрачный намёк на танка Аривары Юкихира из «Кокинсю» (свиток «Песни разлуки»):
Расстанусь с тобою,
Уеду,
Но если услышу, что ждёшь,
Как сосна на вершине Инаба,
Вернусь в тот же час.
袖に吹け
さぞな旅寝の
夢も見じ
思ふ方より
通ふ浦風
そでにふけ
さぞなたびねの
ゆめもみじ
おもふかたより
かよふうらかぜ
Дуй в рукава мне,
Ветер с залива,
Ветер с родной стороны!
Нет и во сне мне покоя
На чужом берегу.

都にも
いまや衣を
うつの山
夕霜はらふ
蔦の下道
みやこにも
いまやころもを
うつのやま
ゆふしもはらふ
つたのしたみち
Наверно, там, в столице,
Готовятся сейчас к зиме,
А я по горным тропам Уцу
Шагаю, раздвигая плющ
И смахивая иней с рукавов.
* Уцу — гора в провинции Синано (см. коммент. 904).
忘るなよ
宿るたもとは
変はるとも
かたみにしぼる
夜半の月影
わするなよ
やどるたもとは
かはるとも
かたみにしぼる
よはのつきかげ
О, не забудь эту луну,
Что отражалась
На наших рукавах,
Которые от слез мы выжимали,
Когда прощались!

なびかじな
海人の藻塩火
たきそめて
煙は空に
くゆりわぶとも
なびかじな
あまのもしほび
たきそめて
けぶりはそらに
くゆりわぶとも
Короткой струйкой
Потянулся к небу
Дымок рыбацкого костра...
Но про огонь в моей груди
Едва ли ты узнаешь...

須磨の海人の
袖に吹きこす
潮風の
なるとはすれど
手にもたまらず
すまのあまの
そでにふきこす
しほかぜの
なるとはすれど
てにもたまらず
Ветер дует во время прилива
В рукава
Рыбацких одежд, — рядом он
А в руки не взять!
Так и ты...

床の霜
枕の氷消
えわびぬ
むすびもおかぬ
人の契りに
とこのしも
まくらのこほりき
えわびぬ
むすびもおかぬ
ひとのちぎりに
Тоскую о тебе...
От слез
Заледенело изголовье,
И инеем покрылось ложе —
Из-за обманных слов твоих.

年も経ぬ
祈る契りは
初瀬山
尾上の鐘の
よその夕暮れ
としもへぬ
いのるちぎりは
はつせやま
をのへのかねの
よそのゆふぐれ
Годами я молил богов Хацусэ,
Прося твоей любви, —
Тот колокол поныне отсчитывает время
По вечерам
Увы! Не для меня!

あぢきなく
つらきあらしの
声もうし
など夕暮れに
待ちならひけむ
あぢきなく
つらきあらしの
こゑもうし
などゆふぐれに
まちならひけむ
Печально и тоскливо
Прислушиваться вечерами
К вою ветра.
О, почему в такое время
Привыкли мы любимых ждать?

帰るさの
ものとや人の
ながむらむ
待つ夜ながらの
有明の月
かへるさの
ものとやひとの
ながむらむ
まつよながらの
ありあけのつき
Сейчас, быть может,
Возвращаешься домой ты и смотришь на луну,
После свидания с другой,
А я под тою же рассветною луною
Все жду тебя...

松山と
契し人は
つれなくて
袖こすなみに
のこる月かげ
まつやまと
ちぎりしひとは
つれなくて
そでこすなみに
のこるつきかげ
Как бессердечен тот,
Кто клялся, поминая «горы в соснах»:
Уж волны слез перекатились
Через мой рукав,
И лунный лик в них отразился.

忘れずは
なれし袖もや
氷るらむ
寝ぬ夜の床の
霜のさむしろ
わすれずは
なれしそでもや
こほるらむ
ねぬよのとこの
しものさむしろ
Если меня ты не забыл,
От слёз, наверно,
Леденеет твой рукав,
А от моих ночей бессонных
Иней на соломенной циновке.

消えわびぬ
うつろふ人の
秋の色に
身をこがらしの
杜の白露
きえわびぬ
うつろふひとの
あきのいろに
みをこがらしの
もりのしらつゆ
Покинута тобой,
Я таю, как росинки,
Что ветром сорваны
С увядших листьев
В роще Когараси.

むせぶとも
知らじな心
瓦屋に
我のみ消たぬ
下のけぶりは
むせぶとも
しらじなこころ
かはらやに
われのみきたぬ
したのけぶりは
Меня покинув,
Он, верно, и не знает,
Что задыхаюсь я от слёз
И угасаю постепенно,
Как тлеющий костёр.

尋ね見る
つらき心の
奥の海よ
しほひの潟の
いふかひもなし
たづねみる
つらきこころの
おくのうみよ
しほひのかたの
いふかひもなし
Вглубь сердца твоего я заглянула
И поняла, сколь холодно оно
И мелко, — словно бухта
В часы отлива,
Где даже раковин не наберёшь!

白妙の
袖のわかれに
露落ちて
身にしむ色の
秋風ぞ吹く
しろたへの
そでのわかれに
つゆおちて
みにしむいろの
あきかぜぞふく
Белотканых
Рукавов разлуку
Омыла роса,
И, пронизывая холодом,
Осенний ветер подул...

かきやりし
その黒髪の
すぢごとに
うちふすほどは
面影ぞ立つ
かきやりし
そのくろかみの
すぢごとに
うちふすほどは
おもかげぞたつ
Часто, лежа один,
Вспоминаю твой облик,
Когда пряди распушенных
Черных волос
Перебирал я с любовью...

春をへて
行幸になるる
花の陰
ふりゆく身をも
あはれとや思ふ
はるをへて
みゆきになるる
はなのかげ
ふりゆくみをも
あはれとやおもふ
О вишни, привыкшие
Лицезреть государя!
Сколько весен под вашею сенью провел
Все в тех же чинах!
Неужели меня вам не жаль?

藻塩ほくむ
袖の月影
をのづから
よそにあかさぬ
すまのうら人
もしほほくむ
そでのつきかげ
をのづから
よそにあかさぬ
すまのうらひと
Рыбак, что добывает соль
В заливе Сума,
Любуется лишь отраженьем
Луны рассветной
На промокшем рукаве.

嵯峨の山
千代の古道
あととめて
また露分くる
望月の駒
さがのやま
ちよのふるみち
あととめて
またつゆわくる
もちづきのこま
Через гору Сага,
Разметая росу, оставляя следы
На дороге, известной издревле,
Вереницею тянутся кони
Из Мотидзуки.

わくらばに
訪はれし人も
昔にて
それより庭の
あとは絶えにき
わくらばに
とはれしひとも
むかしにて
それよりにはの
あとはたえにき
В былые годы иногда
Друзья здесь собирались,
Но никаких следов
Уже не видно ныне
В моем саду.

大淀の
浦に刈りほす
みるめだに
霞に絶えて
帰る雁がね
おほよどの
うらにかりほす
みるめだに
かすみにたえて
かへるかりがね
Дикие гуси летят,
Прячась в дымке весенней.
Скрыла она даже бухту Оёдо,
Где режут и сушат
Травы морские.

君が代に
逢はずはなにを
玉の緒の
長くとまでは
惜しまれじ身を
きみがよに
あはずはなにを
たまのをの
ながくとまでは
をしまれじみを
Когда бы не жил я
В твой благодатный век,
Мой государь,
Разве желал бы, чтоб продлилась
Жизни яшмовая нить?

契りありて
けふ宮川の
ゆふかづら
長き世までも
かけて頼まむ
ちぎりありて
けふみやかはの
ゆふかづら
ながきよまでも
かけてたのまむ
Назначено мне нынче
Молить богов
Возле реки священной Мия
О милости на долгие, —
Как волосы жреца, — года.

しくれ行く
よものこすゑの
色よりも
秋は夕の
かはるなりけり
しくれゆく
よものこすゑの
いろよりも
あきはゆふへの
かはるなりけり
Больше чем дождь,
Что раскрасил кустики полыни
В осенние цвета,
Осенний вечер
Их изменил сильнее!
Примерный перевод
*золотом заката?
冬きては
一よふたよを
玉ささの
はわけの霜の
ところせきまて
ふゆきては
ひとよふたよを
たまささの
はわけのしもの
ところせきまて


時雨れつる
まやののきはの
ほとなきに
やかてさしいる
月のかけかな
しくれつる
まやののきはの
ほとなきに
やかてさしいる
つきのかけかな


わかれても
心へたつな
たひころも
いくへかさなる
山ちなりとも
わかれても
こころへたつな
たひころも
いくへかさなる
やまちなりとも


しかはかり
契りし中も
かはりける
このよに人を
たのみけるかな
しかはかり
ちきりしなかも
かはりける
このよにひとを
たのみけるかな


いかにせん
さらてうきよは
なくさます
たのみし月も
涙おちけり
いかにせむ
さらてうきよは
なくさます
たのみしつきも
なみたおちけり


いつくにて
かせをも世をも
うらみまし
よしののおくも
花はちるなり
いつくにて
かせをもよをも
うらみまし
よしののおくも
はなはちるなり


おのつから
あれはあるよに
なからへて
をしむと人に
みえぬへきかな
おのつから
あれはあるよに
なからへて
をしむとひとに
みえぬへきかな


名も志るし
峯の嵐も
雪とふる
山さくらどを
あけぼのゝ空
なもしるし
みねのあらしも
ゆきとふる
やまさくらどを
あけぼのゝそら


久方の
かつらにかくる
あふひ草
空の光に
いくよなるらむ
ひさかたの
かつらにかくる
あふひぐさ
そらのひかりに
いくよなるらむ


天の原
思へばかはる
色もなし
秋こそ月の
ひかりなりけれ
あまのはら
おもへばかはる
いろもなし
あきこそつきの
ひかりなりけれ


あけば又
秋の半も
過ぎぬべし
傾ぶく月の
惜しきのみかは
あけばまた
あきのなかばも
すぎぬべし
かたぶくつきの
をしきのみかは


時雨つゝ
袖だにほさぬ
秋の日に
さ杜三室の
山は染むらめ
しぐれつつ
そでだにほさぬ
あきのひに
さもりみむろの
やまはそむらめ


散りもせじ
衣にすれる
さゝ竹の
大宮人の
かざすさくらは
ちりもせじ
ころもにすれる
ささたけの
おほみやひとの
かざすさくらは


松が根を
いそべの浪の
打つたへに
顯れぬべき
袖の上かな
まつがねを
いそべのなみの
うつたへに
あらはれぬべき
そでのうへかな


戀死なぬ
身のをこたりぞ
年へぬる
あらば逢夜の
心強さよ
こひしなぬ
みのをこたりぞ
としへぬる
あらばあふよの
こころつよさよ


來ぬ人を
松尾の浦の
夕なぎに
燒くや藻鹽の
身も焦れつゝ
こぬひとを
まつほのうらの
ゆふなぎに
やくやもしほの
みもこかれつつ


暮るゝ夜は
衞士のたく火を
其とみよ
室の八島も
都ならねば
くるるよは
衞士のたくひを
それとみよ
むろのやしまも
みやこならねば


逢ふ事は
忍ぶの衣
あはれなど
まれなる色に
亂れそめけむ
あふことは
しのぶのころも
あはれなど
まれなるいろに
みだれそめけむ


誰もこの
哀みじかき
玉のをに
亂れてものを
思はずもがな
たれもこの
あはれみじかき
たまのをに
みだれてものを
おもはずもがな


忍べとや
しらぬ昔の
秋を經て
同じかたみに
のこる月かげ
しのべとや
しらぬむかしの
あきをへて
おなじかたみに
のこるつきかげ


三笠山
みちふみそめし
月影に
いまぞ心の
やみは晴れぬる
みかさやま
みちふみそめし
つきかげに
いまぞこころの
やみははれぬる


をさまれる
民のつかさの
御調物
二たびきくも
命なりけり
をさまれる
たみのつかさの
みつぎもの
ふたたびきくも
いのちなりけり


春や疾き
谷の鶯
打ち羽ぶき
けふしら雪の
ふる巣出づなり
はるやとき
たにのうぐひす
うちはぶき
けふしらゆきの
ふるすいづなり


霞立ち
木の芽春雨
昨日まで
ふる野の若菜
けさは摘みてむ
かすみたち
このめはるさめ
きのふまで
ふるののわかな
けさはつみてむ
Весны туманы встали,
Деревьев почки дождь весенний
Где вчера ещё поливал,
На поле Фуру с утра
Собираем младые травы!
Примерный перевод

尋ね來て
見ずば高嶺の
櫻花
けふも雲とぞ
なほおもはまし
たづねきて
みずばたかねの
さくらばな
けふもくもとぞ
なほおもはまし


えぞ過ぎぬ
これや鈴鹿の
關ならむ
ふり捨て難き
花の陰哉
えぞすぎぬ
これやすずかの
せきならむ
ふりすてかたき
はなのかげかな


尋ねばや
志のぶの奥の
さくら花
風に知られぬ
色や殘ると
たづねばや
しのぶのおくの
さくらはな
かぜにしられぬ
いろやのこると


時鳥
いづるあなしの
山かづら
いまや里人
かけて待つらむ
ほととぎす
いづるあなしの
やまかづら
いまやさとひと
かけてまつらむ


待ち明かす
さよの中山
なか〳〵に
ひと聲つらき
郭公かな
まちあかす
さよのなかやま
なかなかに
ひとこゑつらき
ほととぎすかな


芦のやの
假寐の床の
ふしのまも
短く明くる
夏のよな〳〵
あしのやの
かりねのとこの
ふしのまも
みぢかくあくる
なつのよなよな
Куда короче,
Чем расстояние между коленцами тростника
Лежанки в временном жилище
В Асиноя,
Тянутся летние ночи!
Примерный перевод

敷妙の
枕にのみぞ
知られける
まだ東雲の
あきのはつかぜ
しきたへの
まくらにのみぞ
しられける
まだしののめの
あきのはつかぜ


秋毎に
絶えぬ星合の
小夜更けて
光ならぶる
庭のともし火
あきごとに
たえぬほしあひの
さよふけて
ひかりならぶる
にはのともしひ


水莖の
岡の眞葛を
蜑の住む
里のしるべと
あきかぜぞ吹く
みづくきの
をかのまくずを
あまのすむ
さとのしるべと
あきかぜぞふく


小男鹿の
妻とふ小田に
霜置きて
月影さむし
岡のべのやど
さをしかの
つまとふをだに
しもおきて
つきかげさむし
をかのべのやど


あくがるゝ
心はきはも
なき物を
山の端近き
月のかげかな
あくがるる
こころはきはも
なきものを
やまのはちかき
つきのかげかな


秋風に
夜寒の衣
打ち侘びぬ
更け行く月の
をちのさとびと
あきかぜに
よさむのころも
うちわびぬ
ふけゆくつきの
をちのさとびと

Коромоуцу?
物ごとに
忘れがたみの
別にて
そをだにのちと
暮るゝ秋哉
ものごとに
わすれがたみの
わかれにて
そをだにのちと
くるるあきかな


まどろまぬ
須磨の關守
明けぬ迚
たゆむ枕も
打ち時雨つゝ
まどろまぬ
すまのせきもり
あけぬまで
たゆむまくらも
うちしぐれつつ


鳰鳥の
下のかよひも
絶えぬらむ
殘る波なき
池のこほりに
にほとりの
したのかよひも
たえぬらむ
のこるなみなき
いけのこほりに


行く人の
また逢坂の
關ならば
手向の神を
なほやたのまむ
ゆくひとの
またあふさかの
せきならば
たむけのかみを
なほやたのまむ


かへり見る
その面影は
立ち添ひて
行けば隔つる
峯の白雲
かへりみる
そのおもかげは
たちそひて
ゆけばへだつる
みねのしらくも


古郷を
出でしにまさる
涙かな
あらしの枕
ゆめにわかれて
ふるさとを
いでしにまさる
なみだかな
あらしのまくら
ゆめにわかれて
Эти слёзы сильнее,
Чем даже те, когда я покидал
Родное селенье:
На изголовье из вихря
Расстаться со сном...
Примерный перевод

埋れし
おどろの道を
尋ねてぞ
ふるき御幸の
跡もとひける
うづもれし
おどろのみちを
たづねてぞ
ふるきみゆきの
あともとひける


さ根掘じて
榊にかけし
鏡こそ
君がときはの
蔭は見えけれ
さね掘じて
さかきにかけし
かがみこそ
きみがときはの
かげはみえけれ


春霞
かすみの浦を
行く舟の
よそにもみえぬ
人をこひつゝ
はるかすみ
かすみのうらを
ゆくふねの
よそにもみえぬ
ひとをこひつつ


須磨の浦の
餘りにもゆる
思かな
燒く鹽けぶり
人は靡かで
すまのうらの
あまりにもゆる
おもひかな
やくしほけぶり
ひとはなびかで


味氣なし
誰もはかなき
命もて
頼めば今日の
暮をたのめよ
あぢけなし
たれもはかなき
いのちもて
たのめばけふの
くれをたのめよ


面影は
をしへしやどに
先だちて
こたへぬ風の
松にふく聲
おもかげは
をしへしやどに
さきだちて
こたへぬかぜの
まつにふくこゑ


思出でよ
たが衣々の
あかつきも
わが又忍ぶ
月ぞみゆらむ
おもいでよ
たがきぬぎぬの
あかつきも
わがまたしのぶ
つきぞみゆらむ


かた見社
あたの大野の
萩の露
移ろふ色は
いふかひもなし
かたみこそ
あたのおほのの
はぎのつゆ
うつろふいろは
いふかひもなし


いはざりき
我身ふるやの
忍草
思ひたがへて
種をまけとは
いはざりき
わがみふるやの
しのぶくさ
おもひたがへて
たねをまけとは


いくとせの
かざし折りけむ
古の
三輪の檜原の
こけの通路
いくとせの
かざしをりけむ
いにしへの
みはのひばらの
こけのかよぢ


昨日まで
かけて頼みし
さくら花
ひと夜の夢の
春の山かぜ
きのふまで
かけてたのみし
さくらはな
ひとよのゆめの
はるのやまかぜ


いく千世ぞ
袖ふる山の
みづがきも
及ばぬ池に
すめる月影
いくちよぞ
そでふるやまの
みづがきも
およばぬいけに
すめるつきかげ


頼む哉
春と君とし
まぢかくば
三葉四葉の
千世のとなりを
たのむかな
はるときみとし
まぢかくば
みつはよつばの
ちよのとなりを


消えなくに
又やみ山を
埋むらむ
若なつむ野も
淡雪ぞふる
きえなくに
またやみやまを
うずむらむ
わかなつむのも
あはゆきぞふる
И не пропал ещё,
Но снова горы
Укроет,
На поля, где молодые травы собирают,
Падает пушистый снег!
Примерный перевод

立ちなるゝ
飛火の野守
おのれさへ
霞にたどる
春の明ぼの
たちなるる
とぶひののもり
おのれさへ
かすみにたどる
はるのあけぼの


志ひて猶
袖ぬらせとや
藤の花
春はいくかの
雨にさくらむ
しひてなほ
そでぬらせとや
ふぢのはな
はるはいくかの
あめにさくらむ


つれもなく
暮れぬる空を
別にて
行く方志らず
歸る春かな
つれもなく
くれぬるそらを
わかれにて
ゆくかたしらず
かへるはるかな


新玉の
年ある御代の
秋かけて
とるや早苗に
けふも暮つゝ
あらたまの
としあるみよの
あきかけて
とるやさなへに
けふもくれつつ


夏はつる
御秡もちかき
川風に
岩波たかく
かくるしらゆふ
なつはつる
みそぎもちかき
かはかぜに
いはなみたかく
かくるしらゆふ


ほの〴〵と
我住むかたは
霧こめて
蘆屋の里に
秋風ぞ吹く
ほのぼのと
わがすむかたは
きりこめて
あしやのさとに
あきかぜぞふく


さを鹿の
ふすや草村
うら枯れて
下もあらはに
秋風ぞ吹く
さをしかの
ふすやくさむら
うらかれて
したもあらはに
あきかぜぞふく


もる山も
木の下までぞ
しぐるなる
我袖のこせ
軒の紅葉ば
もるやまも
このしたまでぞ
しぐるなる
わがそでのこせ
のきのもみぢば


神無月
くれやすき日の
色なれば
霜の下葉に
風もたまらず
かみなづき
くれやすきひの
いろなれば
しものしたばに
かぜもたまらず


詠めやる
衣手さむく
降る雪に
ゆふやみ志らぬ
山の端の月
ながめやる
ころもでさむく
ふるゆきに
ゆふやみしらぬ
やまのはのつき


花の色に
ひと春まけよ
歸る雁
ことし越路の
空だのめして
はなのいろに
ひとはるまけよ
かへるかり
ことしこしぢの
そらだのめして


大方の
春に知られぬ
ならひゆゑ
頼む櫻も
をりや過ぐらむ
おほかたの
はるにしられぬ
ならひゆゑ
たのむさくらも
をりやすぐらむ


立ちかへる
春をみせばや
藤なみは
昔ばかりの
梢ならねど
たちかへる
はるをみせばや
ふぢなみは
むかしばかりの
こずゑならねど


昔思ふ
草にやつるゝ
軒ばより
有りしながらの
秋のよの月
むかしおもふ
くさにやつるる
のきばより
ありしながらの
あきのよのつき


君にけふ
十年の數を
ゆづり置きて
九かへりの
萬代やへむ
きみにけふ
とをぢのかずを
ゆづりおきて
ここのつかへりの
よろづよやへむ

???
知られじな
千入の木葉
焦る共
しぐるゝ雲の
色し見えねば
しられじな
ちしほのこのは
こかるとも
しぐるるくもの
いろしみえねば


名取河
いかにせむとも
まだ知らず
思へば人を
恨みける哉
なとりがは
いかにせむとも
まだしらず
おもへばひとを
うらみけるかな


はじめより
あふは別と
聞きながら
曉しらで
人を戀ひける
はじめより
あふはわかれと
ききながら
あかつきしらで
ひとをこひける


心から
あくがれそめし
花の香に
猶もの思ふ
春のあけぼの
こころから
あくがれそめし
はなのかに
なほものおもふ
はるのあけぼの


我のみや
のちも忍ばむ
梅の花
にほふ軒端の
はるの夜の月
われのみや
のちもしのばむ
うめのはな
にほふのきはの
はるのよのつき
Лишь я один
И потом буду тосковать
О луне весенней ночи,
Что возле конька крыши
Над распустившимися цветами сливы?
Примерный перевод

初雁の
とわたる風の
たよりにも
あらぬ思を
誰につたへむ
はつかりの
とわたるかぜの
たよりにも
あらぬおもひを
たれにつたへむ


山水の
ふかゝれとても
かきやらず
君に契を
結ぶばかりぞ
やまみづの
ふかかれとても
かきやらず
きみにちぎりを
むすぶばかりぞ


なきかげの
親のいさめは
背きにき
子を思ふ道の
心弱さに
なきかげの
おやのいさめは
そむきにき
こをおもふぢの
こころよはさに


はからずよ
世に有明の
月に出でゝ
ふたゝび急ぐ
鳥の初聲
はからずよ
よにありあけの
つきにいでて
ふたたびいそぐ
とりのはつこゑ


七十ぢの
空しき月日
數ふれば
うきにたへたる
身の例し哉
ななそぢの
むなしきつきひ
かずふれば
うきにたへたる
みのためしかな


老らくの
つらき別れは
數そひて
昔見しよの
人ぞすくなき
おいらくの
つらきわかれは
かずそひて
むかしみしよの
ひとぞすくなき


淺茅生や
まじる蓬の
末葉まで
もとの心の
かはりやはする
あさぢうや
まじるよもぎの
すゑはまで
もとのこころの
かはりやはする


求めける
御法の道の
ふかければ
氷をたゝく
谷がはのみづ
もとめける
みのりのみちの
ふかければ
こほりをたたく
たにがはのみづ


春くれは
ほしのくらゐに
かけみえて
雲ゐのはしに
いつるたをやめ
はるくれは
ほしのくらゐに
かけみえて
くもゐのはしに
いつるたをやめ


松の雪
きえぬやいつこ
春の色に
都の野へは
かすみ行比
まつのゆき
きえぬやいづこ
はるのいろに
みやこののべは
かすみゆくころ
Разве есть ещё место,
Где не растаял снег
На ветвях сосновых?!
Уж поля близ столицы
Накрываются дымкой весенней!
Перевод: Павел Белов

Хонкадори на вака неизвестного автора из Кокинсю 19:

Где-то в горной глуши
даже снег еще не растаял
на сосновых ветвях —
но пора уж в полях близ столицы
собирать молодые травы…
(Перевод: Долин А.А.)
出づる日の
同じ光に
渡つ海の
浪にも今日や
春は立つらむ
いづるひの
おなじひかりに
わたつみの
なみにもけふや
はるはたつらむ


やま里は
谷の鶯
うちはぶき
雪より出づる
去年のふるこゑ
やまさとは
たにのうぐひす
うちはぶき
ゆきよりいづる
こぞのふるこゑ


春日山
みねの朝日の
春の色に
谷のうぐひす
今や出づらむ
かすがやま
みねのあさひの
はるのいろに
たにのうぐひす
いまやいづらむ


淺みどり
玉ぬきみだる
あを柳の
枝もとをゝに
春雨ぞ降る
あさみどり
たまぬきみだる
あをやぎの
えだもとををに
はるさめぞふる


梅が香や
まづうつるらむ
かげ清き
玉島川の
水のかゞみに
うめがかや
まづうつるらむ
かげきよき
たましまかはの
みづのかがみに


わがきつる
跡だに見えず
櫻花
ちりのまがひの
春の山かぜ
わがきつる
あとだにみえず
さくらばな
ちりのまがひの
はるのやまかぜ


時鳥
しばしやすらへ
すがはらや
伏見の里の
むらさめの空
ほととぎす
しばしやすらへ
すがはらや
ふしみのさとの
むらさめのそら


五月雨は
天のかぐ山
空とぢて
雲ぞかゝれる
峰のまさか木
さみだれは
あめのかぐやま
そらとぢて
くもぞかかれる
みねのまさかき
В пору летних дождей
К небесной горе Кагуяма
Приблизилось небо:
Облака задевают
Деревья сакаки на её вершине.
Примерный перевод

夏衣
かとりの浦の
うたゝねに
浪のよる〳〵
かよふ秋かぜ
なつころも
かとりのうらの
うたたねに
なみのよるよる
かよふあきかぜ


幾かへり
なれてもかなし
荻原や
末こす風の
秋のゆふぐれ
いくかへり
なれてもかなし
をぎはらや
すゑこすかぜの
あきのゆふぐれ


結びおきし
秋のさが野の
庵より
床は草葉の
露に慣れつゝ
むすびおきし
あきのさがのの
いほりより
とこはくさばの
つゆになれつつ


となせ河
玉ちる瀬々の
月を見て
心ぞ秋に
うつり果てぬる
となせかは
たまちるせぜの
つきをみて
こころぞあきに
うつりはてぬる


知らざりき
秋の汐路を
こぐ舟は
いか計なる
月を見るらむ
しらざりき
あきのしほぢを
こぐふねは
いかばかりなる
つきをみるらむ


松島の
海士の衣手
秋くれて
いつかはほさむ
露もしぐれも
まつしまの
あまのころもで
あきくれて
いつかはほさむ
つゆもしぐれも


暮れやすき
霜の籬の
日影にも
とはれぬ頃の
積るをぞ知る
くれやすき
しものまがきの
ひかげにも
とはれぬころの
つもるをぞしる


埋火の
消えぬばかりを
頼めども
猶霜さゆる
床のさむしろ
うずみびの
きえぬばかりを
たのめども
なほしもさゆる
とこのさむしろ


神山に
幾世へぬらむ
榊葉の
久しく志めを
ゆひかけてけり
かみやまに
いくよへぬらむ
さかきばの
ひさしくしめを
ゆひかけてけり


都とて
雲の立ち居に
忍べども
山のいくへを
隔て來ぬらむ
みやことて
くものたちゐに
しのべども
やまのいくへを
へだてこぬらむ


雪つもる
須磨の關屋の
坂庇
明け行く月も
ひかりとめけり
ゆきつもる
すまのせきやの
いたびさし
あけゆくつきも
ひかりとめけり


なか〳〵に
指しても言はじ
三笠山
思ふ心は
神ぞ知るらむ
なかなかに
さしてもいはじ
みかさやま
おもふこころは
かみぞしるらむ


空冴えて
まだ霜ふかき
明けがたに
あか星うたふ
雲の上人
そらさえて
まだしもふかき
あけがたに
あかほしうたふ
くものうへひと


をしまずよ
あけぼの霞む
花の陰
これも思ひの
したの故郷
をしまずよ
あけぼのかすむ
はなのかげ
これもおもひの
したのふるさと


水なれ棹
岩間に浪は
ちかへども
撓まずのぼる
宇治の河舟
みづなれさほ
いはまになみは
ちかへども
撓まずのぼる
うぢのかはふね


假にだに
訪はれぬ里の
秋風に
我身うづらの
床は荒れにき
かりにだに
とはれぬさとの
あきかぜに
わがみうづらの
とこはあれにき


かけてだに
又いかさまに
いはみ潟
なほ波高き
秋のしほ風
かけてだに
またいかさまに
いはみかた
なほなみたかき
あきのしほかぜ


千世までの
大宮人の
かざしとや
雲居の櫻
にほひそめけむ
ちよまでの
おほみやひとの
かざしとや
くもゐのさくら
にほひそめけむ


限なき
山路の菊の
陰なれば
露も八千世を
ちぎりおくらむ
かぎりなき
やまぢのきくの
かげなれば
つゆも八ちよを
ちぎりおくらむ


行く末も
幾世の霜か
おきそへむ
あしまにみゆる
鶴の毛衣
ゆくすゑも
いくよのしもか
おきそへむ
あしまにみゆる
つるのげころも


何となく
心ぞとまる
山の端に
ことし見初むる
三日月の影
なにとなく
こころぞとまる
やまのはに
ことしみそむる
みかづきのかげ


初瀬山
傾ぶく月も
ほの〴〵と
かすみに洩るゝ
鐘のおと哉
はつせやま
かたぶくつきも
ほのぼのと
かすみにもるる
かねのおとかな


霞みあへず
猶降る雪に
空とぢて
春物深き
うづみ火のもと
かすみあへず
なほふるゆきに
そらとぢて
はるものふかき
うづみひのもと


雲路行く
雁の羽風も
にほふらむ
梅咲く山の
ありあけの空
くもぢゆく
かりのはかぜも
にほふらむ
うめさくやまの
ありあけのそら


此里の
むかひの村の
垣根より
夕日をそむる
玉のをやなぎ
このさとの
むかひのむらの
かきねより
ゆふひをそむる
たまのをやなぎ


春雨に
木の葉亂れし
村時雨
それもまぎるゝ
方はありけり
はるさめに
このはみだれし
むらしぐれ
それもまぎるる
かたはありけり


いつも見し
松の色かは
泊瀬山
さくらに洩るゝ
春の一しほ
いつもみし
まつのいろかは
はつせやま
さくらにもるる
はるのひとしほ


袖の雪
空吹く風も
ひとつにて
花ににほへる
志賀の山ごえ
そでのゆき
そらふくかぜも
ひとつにて
はなににほへる
しがのやまごえ


散りぬとて
などて櫻を
恨み劔
散らずは見まし
今日の庭かは
ちりぬとて
などてさくらを
うらみけむ
ちらずはみまし
けふのにはかは


おもだかや
下葉に交る
燕子花
はな踏み分けて
あさる白鷺
おもだかや
したばにかたる
かきつばた
はなふみわけて
あさるしらさぎ


時志らぬ
里は玉川
いつとてか
夏のかきねを
うづむ志ら雪
ときしらぬ
さとはたまがは
いつとてか
なつのかきねを
うづむしらゆき

* унохана
忘られぬ
こぞのふる聲
戀ひ〳〵て
猶めづらしき
郭公かな
わすられぬ
こぞのふるこゑ
こひこひて
なほめづらしき
ほととぎすかな


等閑に
山ほとゝぎす
鳴きすてゝ
我しもとまる
杜の下かげ
なおざりに
やまほととぎす
なきすてて
われしもとまる
もりのしたかげ


またれつゝ
年にまれなる
郭公
さつきばかりの
聲な惜みそ
またれつつ
としにまれなる
ほととぎす
さつきばかりの
こゑなをしみそ


秋來ても
なほ夕風を
松が根に
夏を忘れし
かげぞたちうき
あききても
なほゆふかぜを
まつがねに
なつをわすれし
かげぞたちうき


山里は
蝉の諸ごゑ
秋かけて
外面のきりの
した葉おつなり
やまざとは
せみのもろごゑ
あきかけて
そとものきりの
したはおつなり


風吹けば
枝もとをゝに
おく露の
散るさへ惜しき
秋萩の花
かぜふけば
えだもとををに
おくつゆの
ちるさへをしき
あきはぎのはな


打ち志めり
薄のうれは
おもりつゝ
西吹く風に
靡く村さめ
うちしめり
すすきのうれは
おもりつつ
にしふくかぜに
なびくむらさめ


月影を
葎の門に
さし添へて
秋こそきたれ
とふひとはなし
つきかげを
むぐらのかどに
さしそへて
あきこそきたれ
とふひとはなし


鵙のゐる
まさぎの末は
秋たけて
わらや烈しき
みねの松風
もすのゐる
まさぎのすゑは
あきたけて
わらやはげしき
みねのまつかぜ


淺茅生や
殘るはずゑの
冬の霜
置き所なく
ふくあらしかな
あさぢうや
のこるはずゑの
ふゆのしも
おきところなく
ふくあらしかな


初雪の
窓のくれ竹
ふしながら
おもるうは葉の
程ぞ聞ゆる
はつゆきの
まどのくれたけ
ふしながら
おもるうははの
ほどぞきこゆる


昨日今日
雲の旗手に
詠むとて
見もせぬ人の
思ひやは知る
きのふけふ
くものはたてに
ながむとて
みもせぬひとの
おもひやはしる


手を結ぶ
程だに飽かぬ
山の井の
かげはなれ行く
袖の白玉
てをむすぶ
ほどだにあかぬ
やまのゐの
かげはなれゆく
そでのしらたま


知らざりし
夜深き風の
音もせず
手枕疎き
あきのこなたは
しらざりし
よふかきかぜの
おともせず
たまくらうとき
あきのこなたは


憂しとても
誰にか問はむ
難面くて
變る心を
さらば教へよ
うしとても
たれにかとはむ
つらなくて
かはるこころを
さらばおしへよ


訪ひこかし
また同じ世の
つきを見て
かゝる命に
殘る契を
とひこかし
またおなじよの
つきをみて
かかるいのちに
のこるちぎりを


思ふこと
誰に殘して
眺めおかむ
心にあまる
春のあけぼの
おもふこと
たれにのこして
ながめおかむ
こころにあまる
はるのあけぼの


霞立つ
峯の早蕨
こればかり
をり知りがほの
宿もはかなし
かすみたつ
みねのさわらび
こればかり
をりしりがほの
やどもはかなし


おもひ立つ
道の志るべか
呼子鳥
ふかき山邊に
人さそふなり
おもひたつ
みちのしるべか
よぶこどり
ふかきやまべに
ひとさそふなり


わたの原
波と空とは
一つにて
入日をうくる
山の端もなし
わたのはら
なみとそらとは
ひとつにて
いりひをうくる
やまのはもなし


忍ばれむ
物ともなしに
小倉山
軒端の松ぞ
なれてひさしき
しのばれむ
ものともなしに
をぐらやま
のきはのまつぞ
なれてひさしき


鷺の居る
池の汀に
松舊りて
みやこの外の
こゝちこそすれ
さぎのゐる
いけのみぎはに
まつふりて
みやこのほかの
ここちこそすれ


敷島の
道に我が名は
辰の市や
いさまだ知らぬ
大和言の葉
しきしまの
みちにわがなは
辰のいちや
いさまだしらぬ
やまとことのは


夢ならで
縫ふよも今は
白露の
起くとは別れ
ぬとは待たれて
ゆめならで
縫ふよもいまは
しらつゆの
おくとはわかれ
ぬとはまたれて


打ちも寐ず
嵐のうへの
旅枕
みやこの夢に
わたるこゝろは
うちもねず
あらしのうへの
たびまくら
みやこのゆめに
わたるこころは


いつしかと
外山のかすみ
立ち歸り
けふあらたまる
春の曙
いつしかと
とやまのかすみ
たちかへり
けふあらたまる
はるのあけぼの


春日野の
霞のころも
山風に
忍ぶもぢずり
みだれてぞ行く
かすがのの
かすみのころも
やまかぜに
しのぶもぢずり
みだれてぞゆく


面影に
こひつゝ待ちし
さくら花
咲けば立ちそふ
嶺の白雲
おもかげに
こひつつまちし
さくらはな
さけばたちそふ
みねのしらくも


霞立つ
みねのさくらの
朝ぼらけ
くれなゐくゝる
天の川波
かすみたつ
みねのさくらの
あさぼらけ
くれなゐくくる
あまのかはなみ


時鳥
やまのしづくに
立ち濡れて
待つとは知るや
曉のこゑ
ほととぎす
やまのしづくに
たちぬれて
まつとはしるや
あかつきのこゑ


橘の
袖の香ばかり
むかしにて
うつりにけりな
古き宮古は
たちばなの
そでのかばかり
むかしにて
うつりにけりな
ふるきみやこは


鶉鳴く
夕べのそらを
名殘にて
野となりにけり
深草のさと
うづらなく
ゆふべのそらを
なごりにて
のとなりにけり
ふかくさのさと


荒れにけり
潮汲む海士の
苫びさし
雫も袖も
月やどるまで
あれにけり
しほくむあまの
ともびさし
しずくもそでも
つきやどるまで


朝夕の
音は時雨の
楢柴に
いつ降りかはる
あられなるらむ
あさゆふの
おとはしぐれの
ならしばに
いつふりかはる
あられなるらむ


新玉の
年の千とせの
春の色を
かねてみかきの
花に見る哉
あらたまの
としのちとせの
はるのいろを
かねてみかきの
はなにみるかな


君が世の
月と秋との
あり數に
おくや草木の
四方のしら露
きみがよの
つきとあきとの
ありかずに
おくやくさきの
よものしらつゆ


臥しなれぬ
濱松が根の
岩枕
袖打ちぬらし
かへるうらなみ
ふしなれぬ
はままつがねの
いはまくら
そでうちぬらし
かへるうらなみ


色は皆
むなしきものを
龍田川
紅葉ながるゝ
あきもひと時
いろはみな
むなしきものを
たつたかは
もみぢながるる
あきもひととき


甲斐が嶺に
木の葉吹きしく
秋風も
心の色を
えやは傳ふる
かひがみねに
このはふきしく
あきかぜも
こころのいろを
えやはつたふる


秋の夜の
鳥の初音は
つれなくて
なく〳〵見えし
夢ぞ短き
あきのよの
とりのはつねは
つれなくて
なくなくみえし
ゆめぞみぢかき


いかゞせむ
うへは難面き
下帶の
別れし路に
廻り逢はずば
いかがせむ
うへはつれなき
したおびの
わかれしみちに
めぐりあはずば


おもひ出づる
契の程も
みじか夜の
春の枕に
夢は覺めにき
おもひいづる
ちぎりのほども
みじかよの
はるのまくらに
ゆめはさめにき


行く水の
花の鏡の
影も憂し
あだなる色の
うつりやすさは
ゆくみづの
はなのかがみの
かげもうし
あだなるいろの
うつりやすさは


いかにせむ
浦のはつ島
はつかなる
現の後は
夢をだに見ず
いかにせむ
うらのはつしま
はつかなる
うつつののちは
ゆめをだにみず


己のみ
天のさか手を
うつたへに
降りしく木葉
跡だにもなし
おのれのみ
あめのさかてを
うつたへに
ふりしくこのは
あとだにもなし


憂きことも
慰む道の
しるべにや
世を住吉と
天くだりけむ
うきことも
なぐさむみちの
しるべにや
よをすみよしと
あめくだりけむ


此道を
導べと頼む
跡しあらば
迷ひし闇も
今日ははるけよ
このみちを
しるべとたのむ
あとしあらば
まよひしやみも
けふははるけよ


玉水も
志どろの軒の
菖蒲草
五月雨ながら
あくるいく夜ぞ
たまみづも
しどろののきの
あやめくさ
さみだれながら
あくるいくよぞ


待ち戀ひし
昔は今に
忍ばれて
かたみ久しき
みつのはま松
まちこひし
むかしはいまに
しのばれて
かたみひさしき
みつのはままつ


神山に
幾代經ぬらむ
榊葉の
久しく志めを
ゆひかけてけり
かみやまに
いくよへぬらむ
さかきばの
ひさしくしめを
ゆひかけてけり


にほの海や
今日より春に
逢坂の
山もかすみて
浦風ぞ吹く
にほのうみや
けふよりはるに
あふさかの
やまもかすみて
うらかぜぞふく


それながら
春は雲居に
高砂の
霞のうへの
まつのひとしほ
それながら
はるはくもゐに
たかさごの
かすみのうへの
まつのひとしほ


岩つゝじ
云はでや染むる
志のぶ山
心のおくの
色を尋ねて
いはつつじ
いはでやそむる
しのぶやま
こころのおくの
いろをたづねて


堀江漕ぐ
霞の小舟
行きなやみ
同じ春をも
したふころかな
ほりえこぐ
かすみのをぶね
ゆきなやみ
おなじはるをも
したふころかな


脱ぎかへて
かたみとまらぬ
夏衣
さてしも花の
面影ぞ立つ
ぬぎかへて
かたみとまらぬ
なつころも
さてしもはなの
おもかげぞたつ


蝉の羽の
衣に秋を
まつら潟
ひれふる山の
くれぞすゞしき
せみのはの
ころもにあきを
まつらかた
ひれふるやまの
くれぞすずしき


松虫の
鳴く方遠く
咲く花の
いろ〳〵惜しき
露やこぼれむ
まつむしの
なくかたとほく
さくはなの
いろいろをしき
つゆやこぼれむ


誰が方に
よる鳴く鹿の音
に立てゝ
涙移ろふ
武藏野のはら
たがかたに
よるなくしかの
ねにたてて
なみだうつろふ
むさしののはら


はつ雁の
來鳴く常磐の
もりの露
そめぬ雫も
秋は見えけり
はつかりの
来なくときはの
もりのつゆ
そめぬしずくも
あきはみえけり


山水の
老いせぬ千代を
せきとめて
おのれ移ろふ
白菊の花
やまみづの
をいせぬちよを
せきとめて
おのれうつろふ
しらきくのはな


淡路島
むかひの雲の
村時雨
そめもおよばぬ
すみよしの松
あはじしま
むかひのくもの
むらしぐれ
そめもおよばぬ
すみよしのまつ


有乳山
峯の木枯
さきだてゝ
雲の行くてに
落つる志らゆき
あらちやま
みねのこがらし
さきだてて
くものゆくてに
おつるしらゆき


をさまれる
民の草葉を
見せがほに
靡く田面の
秋の初かぜ
をさまれる
たみのくさばを
みせがほに
なびくたおもの
あきのはつかぜ


片絲の
あだの玉の緒
より懸て
あはでの杜に
露消えねとや
かたいとの
あだのたまのを
よりかけて
あはでのもりに
つゆきえねとや


梓弓
いそまの浦に
引く網の
目にかけながら
逢はぬ君かな
あづさゆみ
いそまのうらに
ひくあみの
めにかけながら
あはぬきみかな


斯計り
厭ふべき世に
存へて
憂きをも知らぬ
身とぞ成ぬる
かくばかり
いとふべきよに
ながらへて
うきをもしらぬ
みとぞなりぬる


別れにし
身の夕暮に
雲絶えて
なべての春は
恨みはてゝき
わかれにし
みのゆふくれに
くもたえて
なべてのはるは
うらみはててき


跡垂れて
誓ひを仰ぐ
神も皆
身のことわりに
頼みかねつゝ
あとたれて
ちかひをあおぐ
かみもみな
みのことわりに
たのみかねつつ


芳野川
いはとがしはを
越す波の
常磐堅磐ぞ
我が君の御世
よしのかは
いはとがしはを
こすなみの
ときはかきはぞ
わがきみのみよ


おる袖に
匂ひはとまる
梅かえの
花にうつるは
心なりけり
おるそでに
にほひはとまる
うめかえの
はなにうつるは
こころなりけり
В рукаве моём,
Коим я ветвь сливы оторвал,
Задержался аромат.
Я взамен передам её цветам
Душу свою!
jp
末遠き
若葉の芝生
うちなひき
ひはり鳴野の
春の夕暮
すゑとほき
わかばのしばふ
うちなひき
ひはりなくのの
はるのゆふぐれ


朝なきに
行かふ舟の
けしきまて
春をうかふる
波のうへ哉
あさなきに
ゆきかふふねの
けしきまて
はるをうかふる
なみのうへかな


しるしらす
わきてはまたす
梅の花
匂ふ春への
あたらよの月
しるしらす
わきてはまたす
うめのはな
にほふはるへの
あたらよのつき


たか春の
雲のなかめに
暮ぬらん
宿かる花の
峰のこのもと
たかはるの
くものなかめに
くれぬらん
やどかるはなの
みねのこのもと

*1たか里のイ
*4宿かる峰のイ
*5花のこのもとイ
鳥の声
霞の色を
しるへにて
おもかけ匂ふ
春のやまふみ
とりのこゑ
かすみのいろを
しるへにて
おもかけにほふ
はるのやまふみ


かすみかは
花鶯に
とちられて
春にこもれる
宿の明ほの
かすみかは
はなうぐひすに
とちられて
はるにこもれる
やどのあけほの


山のはの
月まつ空の
にほふより
花にそむくる
春のともし火
やまのはの
つきまつそらの
にほふより
はなにそむくる
はるのともしび


我身世に
ふるともなしの
なかめして
いく春風に
花のちるらん
わがみよに
ふるともなしの
なかめして
いくはるかぜに
はなのちるらん