なげけとて
月やは物を
思はする
かこちがほなる
わがなみだかな
なげけとて
つきやはものを
おもはする
かこちがおなる
わがなみだかな
«Ну же, вздыхай!
Отдайся печали!» — Разве
Это луна мне велит?
А каким укором блистают
Лики маленьких слёз!
Данное стихотворение взято из ант. «Сэндзайсю», 929 («Песни любви», книга пятая).
嵯峨日記 > 廿二日 (22-й день)
山里に
こは又誰を
よふこ鳥
独すまむと
おもひしものを
やまさとに
こはまたたれを
よふことり
ひとりすまむと
おもひしものを
В горную келью
Кого ты ещё зовёшь,
Зовущая птица,
Ведь я собирался здесь
В одиночестве жить...

岩間とぢし
氷もけさは
とけそめて
苔のしたみづ
道もとむらむ
しはまとぢし
こほりもけさは
とけそめて
こけのしたみづ
みちもとむらむ
На скалах нынче утром
Начал таять лёд,
И подо мхом
Уже, наверно, пробивает себе путь
Струящийся поток...
На поэтическом турнире танка получила высокую оценку арбитра Фудзивары Сюндзэй: «В ней всё прекрасно — и душа, и слово». Песня аналогичного содержания, сложенная Фудзиварой Акисуэ, есть в антологии «Кинъёсю» (свиток «Песни весны» [1]):
Пришла весна,
С нежною, гибкою травою.
И лёд на горных речках,
Зажатых между скал,
Наверно, начал таять...
降りつみし
高嶺のみ雪
とけにけり
清滝川の
水の白波
ふりつみし
たかみねのみゆき
とけにけり
きよたきがはの
みづのしらなみ
На вершине горы,
Наверно, стаял снег —
Вижу:
Вздымаются белые волны
На реке Киётаки.
* Река Киётаки — приток реки Ои (Оикава). Протекает на западе Киото, у восточного подножья горы Атаго.
とめ来かし
梅さかりなる
わが宿を
うときも人は
折にこそよれ
とめこかし
うめさかりなる
わがやどを
うときもひとは
をりにこそよれ
О, если б кто-нибудь
В пору цветенья сливы,
Желая ветвь прекрасную сломить,
Случайно заглянул
В мой сад!
* Арбитр поэтического турнира Фудзивара Сюндзэй дал песне очень высокую оценку, назвав ее «прекрасной» и «чарую щей».
吉野山
桜が枝に
雪散りて
花おそげなる
年にもあるかな
よしのやま
さくらがえだに
ゆきちりて
はなおそげなる
としにもあるかな
Весна, пора цветенья вишен,
Не спешит.
В горах Ёсино снег идет,
И хлопья белые
Покрыли ветви.

吉野山
こぞのしをりの
道かへて
まだ見ぬかたの
花をたづねむ
よしのやま
こぞのしをりの
みちかへて
まだみぬかたの
はなをたづねむ
Другой тропой
Пойду я нынче
По горам Ёсино, —
Чтобы полюбоваться вишнями,
Которых ещё не знал.
* Другой тропой — имеется в виду, что этой весной поэт хочет посетить другие места, в отличие от тех, где он любовался вишнями в прошлом году.
ながむとて
花にもいたく
なれぬれば
散る別れこそ
かなしかりけれ
ながむとて
はなにもいたく
なれぬれば
ちるわかれこそ
かなしかりけれ
Я так привык
Красою вишен любоваться
Каждый день.
И ныне вот, прощаясь с ними,
Скорблю...

聞かずとも
ここをせにせむ
ほととぎす
山田の原の
杉のむらだち
きかずとも
ここをせにせむ
ほととぎす
やまだのはらの
すぎのむらだち
Ты голоса не подаёшь,
Кукушка,
Но — буду ждать
Здесь, на полях Ямада,
В роще криптомерий.
* Поля Ямада — территория г. Исэ в префектуре Миэ. Роща криптомерии — находится возле внешнего храма Исэ.
ほととぎす
深き峰より
出でにけり
外山のすそに
声の落ちくる
ほととぎす
ふかきみねより
いでにけり
とやまのすそに
こゑのおちくる
Из горной глубины
Кукушка вылетела,
И до самого подножья
Ближних гор
Донесся её голос...
* Из горной глубины... — считалось, что кукушка зимует в дальних горах, т.е. в глубинах гор, а в мае прилетает в «селенье» в Хэйан. Ближними горами считались горы, близкие к «селенью».
道のべに
清水流るる
柳かげ
しばしとてこそ
立ちとまりつれ
みちのべに
きよみながるる
やなぎかげ
しばしとてこそ
たちとまりつれ
В пути
Задумал отдохнуть я
Возле ручья,
В тени плакучей ивы,
Но вот — уже замёрз!
* Танка Сайгё продолжает тему о том, как прохладно у воды в тени деревьев. Мысль поэта не закончена: часть её осталась в подтексте (ёдзё) — в тени ивы у ручья так прохладно, что долго не просидишь, а значит, короток будет отдых.

* [А.С.] Японские комментаторы дают иное трактование: под сенью ив у воды так здорово и прохладно, что пусть и хотел остановиться ненадолго, но уснул и проспал куда как дольше.
よられつる
野もせの草の
かげろひて
すずしくくもる
夕立の空
よられつる
のもせのくさの
かげろひて
すずしくくもる
ゆふだちのそら
Травы в полях,
Поникшие от солнечной жары,
Теперь вздохнут:
Сгустились тучи, предвещая ливень,
Повеяло прохладой...

おしなべて
ものを思はぬ
人にさへ
心をつくる
秋の初風
おしなべて
ものをおもはぬ
ひとにさへ
こころをつくる
あきのはつかぜ
На всех,
Даже на тех,
Кто сердцем чёрств,
Наводит грусть
Осенний первый ветер.

あはれいかに
草葉の露の
こぼるらむ
秋風たちぬ
宮城野の原
あはれいかに
くさはのつゆの
こぼるらむ
あきかぜたちぬ
みやぎののはら
Ах, как, наверное, посыпались росинки
С кустов и трав:
Осенний ветер
Пронёсся
Над полем Мияги.
* Можно сравнить с танка из «Кокинсю» («Песни восточных провинций»):
Эй, слуги добрые.
Скажите господину,
Чтоб шляпу поскорей надел:
В полях Мияги под деревьями роса —
Пуще дождя!

(Поля Мияги — ныне район г. Сэндай префектуры Мияги.)
心なき
身にもあはれは
知られけり
しぎ立つ沢の
秋の夕暮れ
こころなき
みにもあはれは
しられけり
しぎたつさはの
あきのゆふぐれ
Даже бесстрастному отшельнику
Трогает душу,
Когда по осени
Кулик взлетает из болота
В вечерних сумерках.

おぼつかな
秋はいかなる
ゆゑのあれば
すずろにものの
悲しかるらむ
おぼつかな
あきはいかなる
ゆゑのあれば
すずろにものの
かなしかるらむ
Не знаю, почему
По осени
Грусть безотчётная
Печалью полнит
Моё сердце.

小山田の
庵近く鳴く
鹿の音に
おどろかされて
おどろかすかな
をやまだの
いほちかくなく
しかのねに
おどろかされて
おどろかすかな
От трубного стона оленя
Проснулся
Сторож горных полей
И вот уж пугает оленей
Трещоткой своей.
* Сайгё использует песню поэта Эйэна, сложенную на поэтическом турнире «Сто песен для императора Хорикавы» («Хорикава хякусю») на тему «Домик в поле»:
На горном поле поселившись,
Сторож
Пугает на рассвете
Оленей молодых,
Собравшихся возле сторожки.
きりぎりす
夜寒に秋の
なるままに
よわるか声の
遠ざかりゆく
きりぎりす
よさむにあきの
なるままに
よわるかこゑの
とほざかりゆく
Осень... Всё холоднее ночи,
И у сверчков как будто нет уж сил:
Слышу, как постепенно замирают,
Словно удаляясь,
Их голоса...

横雲の
風にわかるる
しののめに
山飛び越ゆる
初雁の声
よこぐもの
かぜにわかるる
しののめに
やまとびこゆる
はつかりのこゑ
На рассвете, как ветер подул
И оторвалось от вершины
Белое облако,
Услышал я крики гусей,
Пролетавших над кручей.
* ...оторвалось от вершины белое облако... — образ, часто встречающийся в любовной лирике, символ непостоянства в любви.
松にはふ
まさの葉かづら
散りにけり
外山の秋は
風すさぶらむ
まつにはふ
まさのはかづら
ちりにけり
とやまのあきは
かぜすさぶらむ
Осыпалась роскошная листва
С плюща,
Что обвивает стволы у сосен, —
Наверное, жестокий вихрь пронёсся
По склонам ближних гор...
* Поэт использовал как прототип песню неизвестного автора из «Кокинсю» (свиток «Игры богов»):
В дальних горах,
Наверно, выпал град:
Плющ,
Обвивающий деревья ближних гор,
Окрасился багрянцем.

月を待つ
たかねの雲は
晴れにけり
心ありける
初しぐれかな
つきをまつ
たかねのくもは
はれにけり
こころありける
はつしぐれかな
Покуда ждал луну,
Рассеялись
Над кручей облака.
О добрый дождь!
Ты пощадил меня.

秋篠や
外山の里や
しぐるらむ
生駒の嶽に
雲のかかれる
あきしのや
とやまのさとや
しぐるらむ
いこまのたけに
くものかかれる
В ближних горах,
В селенье Акисино,
Наверно, дождь:
Тучи висят
Над пиком Икома.
* Акисино — ныне одноимённый квартал г. Нара. Пик (гора) Икома находится на границе префектур Нара и Осака.
* Песня содержит намёк на танка Минамото Акинака, сложенную на поэтическом турнире, проводившемся под патронажем императора Хорикавы:
Октябрь...
Над горою Юма
Тучи висят:
Наверное, в селенье у подножья
Дождь моросит.
小倉山
ふもとの里に
木の葉散れば
梢に晴るる
月を見るかな
をぐらやま
ふもとのさとに
このはちれば
こずゑにくるる
つきをみるかな
В селенье
У подножья Огура-горы
Осыпались с деревьев листья,
И ныне ясно так видна
Луна над горною вершиной.
* Название горы Огура традиционно ассоциируется с омофоном курай — «тёмный». Образ песни построен на противопоставлении понятий «тёмный» и «ясный» (лунный свет).
津の国の
難波の春は夢
なれ
や蘆の枯れ葉に
風わたるなり
つのくにの
なにはのはるは
ゆめなれや
あしのかれはに
かぜわたるなり
Разве то был не сон —
Весна в стране прекрасной Цу,
В заливе Нанива?
Ведь ныне лишь гуляет ветер
Среди увядших тростников...
* ...в стране прекрасной Цу — в дальнейшем провинция Сэтцу, ныне — территория г. Осака (см. коммент. 289). Поэт следует песне-прототипу — танка Ноин-хоси из свитка «Песни весны» антологии «Госэнсю»:
Что, если человеку
С чуткою душою
Показать
Весну в стране прекрасной Цу,
В заливе Нанива?

Фудзивара Сюндзэй, арбитр поэтического турнира, отнёс песню к стилю югэн — сокровенной, «скрытой» красоты.
さびしさに
堪へたる人の
またもあれな
庵ならべむ
冬の山里
さびしさに
たへたるひとの
またもあれな
いほりならべむ
ふゆのやまざと
Найти бы друга мне,
Чтоб с одиночеством печальным
Смирился, как и я, —
С ним рядом хижину построил бы
Зимой в горах...

おのづから
いはぬを慕ふ
人やあると
やすらふほどに
年の暮れぬる
おのづから
いはぬをしたふ
ひとやあると
やすらふほどに
としのくれぬる
Хоть я и не просил тебя прийти,
Но всё же ждал
С надеждой и тоскою...
А год
Уж подошёл к концу...

昔思ふ
庭にうき木を
積みおきて
見し世にも似ぬ
年の暮れかな
むかしおもふ
にはにうききを
つみおきて
みしよにもにぬ
としのくれかな
К концу подходит год,
И ныне в эту пору
Не стану я валежник собирать
В саду, который будет мне отныне
Лишь воспоминаньем.
* ...не стану я валежник собирать... Собирать валежник, запасать дрова на зиму — обычное занятие в эту пору, однако поэт отказывается от него, поскольку собирается уйти от мира, стать отшельником.
朽ちもせぬ
その名ばかりを
とどめおきて
枯れ野のすすき
形見とぞ見る
くちもせぬ
そのなばかりを
とどめおきて
かれののすすき
かたみとぞみる
От мороза поломаны стебли мисканта,
На поле заглохшем сиротливо стоят.
Лишь имя твое осталось,
На память остались —
Засохшие стебли!

都にて
月をあはれと
思ひしは
数にもあらぬ
すさびなりけり
みやこにて
つきをあはれと
おもひしは
かずにもあらぬ
すさびなりけり
Когда в столице на луну смотрел,
Печаль глубокая
Мне наполняла сердце,
И только в странствии я понял,
Что значит настоящая печаль!
* Автор хочет сказать, что печаль странствия не идёт ни в какое сравнение с печалью, которую навевало созерцание луны на родине.
月見ばと
契りおきてし
ふるさとの
人もやこよひ
袖濡らすらむ
つきみばと
ちぎりおきてし
ふるさとの
ひともやこよひ
そでぬらすらむ
С тобой мы поклялись,
Что будем думать друг о друге, глядя на луну,
И нынче ночью там, в столице,
Наверное, и твой рукав
Слезами увлажнился.

世の中を
いとふまでこそ
かたからめ
仮の宿をも
惜しむ君かな
よのなかを
いとふまでこそ
かたからめ
かりのやどをも
をしむきみかな
Отчего ты не дал мне
На время приюта в жилище своем?
Было жалко тебе?
Каково же тому, кто свой дом, уходя, покидает
Навсегда?
* В песне глубокий смысл: хозяин отказался на короткое время предоставить свое жилище путнику, а как же люди уходят из своего дома навсегда, решив удалиться от бренного мира?

* Храм Тэннодзи находится в Киото. Эгути — место, где река Кангава отделяется как рукав от реки Ёдогава. Это была в те времена важнейшая речная гавань, откуда отправлялись столичные корабли в западное море.

年たけて
また越ゆべしと
思ひきや
命なりけり
佐夜の中山
としたけて
またこゆべしと
おもひきや
いのちなりけり
さよのなかやま
Не думал я,
Что доведется
В такие годы
Опять переходить тебя, гора
Сая-но Накаяма!
* Можно увидеть ассоциацию с танка неизвестного автора из «Кокинсю» (свиток «Песни весны»):
Каждой весною вишни
Расцветают вновь,
Но доведётся ли
Еще раз встретить
Их расцвет?
思ひおく
人の心に
したはれて
露分くる袖の
かへりぬるかな
おもひおく
ひとのこころに
したはれて
つゆわくるそでの
かへりぬるかな
С тяжелым сердцем
Покидал я тех,
Кого любил,
И вот вернулся наконец,
С обильною росой на рукавах!

いつ歎き
いつ思ふべき
ことなれば
後の世知ら
で人の過ぐら
いつなげき
いつおもふべき
ことなれば
のちのよしら
でひとのすぐら
Как в этом мире жить,
Не сожалея
О горестях его,
С надеждою не помышляя
О радостях в грядущей жизни?
* Сайгё был истинным, глубоко верующим буддистом, о чем свидетельствует данная песня. Он искренне верил в последующие перерождения и радости в грядущей жизни как воздаяние за страдания в этом мире.
なきあとの
面影をのみ
身に添へて
さこそは人の
恋しかるらめ
なきあとの
おもかげをのみ
みにそへて
さこそはひとの
こひしかるらめ
Лелея в сердце милый образ,
Ты все еще, наверное, скорбишь
О том,
Что безвозвратно
Ушел...

あはれとも
心に思ふ
ほどばかり
いはれぬべくは
問ひこそはせめ
あはれとも
こころにおもふ
ほどばかり
いはれぬべくは
とひこそはせめ
Жалею, что не навестил,
Но в сердце у меня печаль
Столь глубока,
Что выразить ее в словах
Едва ли смог бы.

君いなば
月待つとても
ながめやらむ
あづまの方の
夕暮れの空
きみいなば
つきまつとても
ながめやらむ
あづまのかたの
ゆふぐれのそら
Ты едешь на восток,
И я отныне,
Ожидая в полночь восход луны,
Взгляд буду обращать
В восточный край небес.

頼めおかむ
君も心や
なぐさむと
帰らむことは
いつとなくとも
たのめおかむ
きみもこころや
なぐさむと
かへらむことは
いつとなくとも
Когда вернусь?
Могу тебе сказать,
Но только для того, чтобы утешить:
Ведь сам не знаю я,
Когда...

さりともと
なほ逢ふことを
頼むかな
しでの山路を
こえぬわかれは
さりともと
なほあふことを
たのむかな
しでのやまぢを
こえぬわかれは
Хоть путь мой долог, и не знаю,
Когда с тобой
Вновь встретиться смогу,
Надеюсь все же, что на Гору мертвых
Он не приведет...
* Древние японцы считали, что человек, умирая, переходил Гору мёртвых (Сидэ-но яма), после чего попадал в Страну мёртвых.

はるかなる
岩のはざまに
ひとりゐて
人目思はで
物思はばや
はるかなる
いはのはざまに
ひとりゐて
ひとめおもはで
ものおもはばや
Как я хотел бы удалиться
От глаз людских,
Чтобы в горах, средь диких скал,
Свободно предаваться
Раздумьям о любви.

数ならぬ
心のとがに
なしはてじ
知らせてこそは
身をも恨みめ
かずならぬ
こころのとがに
なしはてじ
しらせてこそは
みをもうらみめ
Зачем мне сердце раскрывать свое?
Я молча затаю любовь,
Чтобы в отчаянье
Не приходить,
Себя не упрекать потом.

なにとなく
さすがに惜しき
命かな
ありへば人や
思ひ知るとて
なにとなく
さすがにをしき
いのちかな
ありへばひとや
おもひしるとて
Хоть тяжко на душе,
Но с жизнью мне расстаться жаль:
Пока я жив,
Ведь можешь ты узнать
О чувствах, что таю на сердце.

思ひ知る
人有明の
世なりせば
つきせず身をば
恨みざらまし
おもひしる
ひとありあけの
よなりせば
つきせずみをば
うらみざらまし
О, если бы под этою луною
Я встретил ту,
Что сердцем поняла б меня.
Разве я так
Печалился бы ныне?

逢ふまでの
命もがなと
思ひしは
くやしかりける
我が心かな
あふまでの
いのちもがなと
おもひしは
くやしかりける
わがこころかな
Как я хотел бы вновь
Вернуть то время,
Когда с надеждой и тоской
Я встречи ждал,
Слезами обливаясь.

面影の
忘らるまじき
別れかな
名残を人の
月にとどめて
おもかげの
わすらるまじき
わかれかな
なごりをひとの
つきにとどめて
С тобою расстаюсь,
Но облик твой —
Мне не забыть —
Его я видеть буду отраженным
В сиянии луны.

有明は
思ひ出であれや
横雲の
ただよはれつる
しののめの空
ありあけは
おもひいであれや
よこぐもの
ただよはれつる
しののめのそら
Проснувшись, увидал луну
И вспомнил,
Как на заре с тобою мы прощались,
Подобно облакам,
Что еле тянутся в рассветном небе.

人は来で
風のけしきも
ふけぬるに
あはれに雁の
音づれてゆく
ひとはこで
かぜのけしきも
ふけぬるに
あはれにかりの
おとづれてゆく
Уж полночь...
Ветер завывает...
Он — не пришел,
И лишь с печальным криком гуси
Летят сюда...

頼めぬに
君来やと待つ
宵のまの
ふけゆかでただ
明けなましかば
たのめぬに
きみくやとまつ
よひのまの
ふけゆかでただ
あけなましかば
Хоть и не обещал ты мне,
Что навестишь,
Я все же жду...
Скорее бы уж ночь кончалась
И наступал рассвет!

あはれとて
人の心の
なさけあれな
数ならぬには
よらぬ歎きを
あはれとて
ひとのこころの
なさけあれな
かずならぬには
よらぬなげきを
Хотелось бы, чтоб в сердце у тебя
Нашлось хотя б немного
Состраданья:
Ведь пред любовью все равны:
И знатный, и неродовитый!

身を知れば
人のとがとは
思はぬに
恨みがほにも
濡るる袖かな
みをしれば
ひとのとがとは
おもはぬに
うらみがほにも
ぬるるそでかな
Ты не ответишь на любовь,
Я знаю:
Ведь недостоин я тебя.
И все же влажен мой рукав —
От слез невольного упрёка.

月のみや
上の空なる
形見にて
思ひも出でば
心通はむ
つきのみや
うへのそらなる
かたみにて
おもひもいでば
こころかよはむ
Тоскуя о тебе,
Я на луну смотрю в надежде,
Что, глядя в небеса,
И ты, быть может,
Вспомнишь обо мне.

くまもなき
折しも人を
思ひ出でて
心と月を
やつしつるかな
くまもなき
をりしもひとを
おもひいでて
こころとつきを
やつしつるかな
Сияла ясная луна,
Глаза поднял я к небу,
Вспомнил о тебе,
В то же мгновенье
Туманом всё заволокло...

もの思ひて
ながむるころの
月の色に
いかばかりなる
あはれそふらむ
ものおもひて
ながむるころの
つきのいろに
いかばかりなる
あはれそふらむ
Тебя с тоскою вспоминая,
В задумчивости на луну смотрю
И думаю:
Наверное, окрасится печалью
Её прекрасный лик.

うとくなる
人をなにとて
恨むらむ
知られず知らぬ
折もありしに
うとくなる
ひとをなにとて
うらむらむ
しられずしらぬ
をりもありしに
Зачем страдаешь ты,
С укором думая о том,
Кто позабыл тебя?
Не лучше ли считать его чужим,
Которого лишь ныне ты узнала?

今ぞ知る
思ひ出でよと
契りしは
忘れむとての
情なりけり
いまぞしる
おもひいでよと
ちぎりしは
わすれむとての
なさけなりけり
Теперь я поняла,
Зачем однажды он сказал:
«Ты вспоминай меня!»
Наверное, тогда еще
Задумал он со мной расстаться.

あはれとて
問ふ人のなど
なかるらむ
もの思ふ宿の
荻の上風
あはれとて
とふひとのなど
なかるらむ
ものおもふやどの
をぎのうはかぜ
О, если бы был милый у меня,
Чтоб пожалел и навестил!
Лишь ветер налетает, шелестя
Осенним вечером
По верхним листьям оги.

世の中を
思へばなべて
散る花の
我が身をさても
いづちかもせむ
よのなかを
おもへばなべて
ちるはなの
わがみをさても
いづちかもせむ
Если задуматься,
Все в этом мире
Как вишни цвет,
Что опадает без следа.
Что делать мне? Куда податься?

月を見て
心うかれし
いにしへの
秋にもさらに
めぐり逢ひぬる
つきをみて
こころうかれし
いにしへの
あきにもさらに
めぐりあひぬる
Я на луну смотрю,
И словно в прошлое уносится душа,
Как будто с тою,
С прежней осенью
Опять я повстречался.

夜もすがら
月こそ袖に
宿りけれ
昔の秋を
思ひ出づれば
よもすがら
つきこそそでに
やどりけれ
むかしのあきを
おもひいづれば
Об осени,
Давно прошедшей,
Я вспоминал,
И лунный лик всю ночь сиял
На влажном рукаве.

月の色に
心を清く
そめましや
都を出でぬ
我が身なりせば
つきのいろに
こころをきよく
そめましや
みやこをいでぬ
わがみなりせば
Когда бы не покинул я столицу
И этот скорбный мир,
Едва ли в чистый цвет луны
Могла окраситься
Моя душа.

捨つとならば
憂き世をいとふ
しるしあらむ
我見ば曇れ
秋の夜の月
すつとならば
うきよをいとふ
しるしあらむ
われみばくもれ
あきのよのつき
От мира скорбного устав,
Его отринул я,
И потому прошу тебя, осенняя луна,
Укройся в облаках
От глаз моих!

ふけにける
わが身の影を
思ふまに
はるかに月の
かたぶきにける
ふけにける
わがみのかげを
おもふまに
はるかにつきの
かたぶきにける
Уж миновала полночь,
Пока о наступившей старости
Я сокрушался,
Глядя на луну,
Клонившуюся к западу.

雲かかる
遠山畑の
秋されば
思ひやるだに
かなしきものを
くもかかる
とほやまはたの
あきされば
おもひやるだに
かなしきものを
Осенней порой
Поле в дальних горах,
С нависшими облаками,
Довольно представить себе,
Чтоб душою в печаль погрузиться.

鈴鹿山
憂き世をよそに
ふり捨てて
いかになりゆく
わが身なるらむ
すずかやま
うきよをよそに
ふりすてて
いかになりゆく
わがみなるらむ
Скажи мне, Судзука-гора,
Что будет отныне со мной,
Покинувшим этот печальный
И горестный
Суетный мир?

風になびく
富士のけぶりの
空に消えて
ゆくへもしらぬ
わが思ひかな
かぜになびく
ふじのけぶりの
そらにきえて
ゆくへもしらぬ
わがおもひかな
Дым, извергаемый
Из чрева Фудзи,
От ветра стелется и тает в небесах,
Неведом путь его,
Как и моя судьба...

吉野山
やがて出でじと
思ふ身を
花散りなばと
人や待つらむ
よしのやま
やがていでじと
おもふみを
はなちりなばと
ひとやまつらむ
На гору Ёсино
Пришел я не на время,
Хоть, может, ты и ждешь,
Что возвращусь,
Когда осыплются в горах цветы.

山深く
さこそ心は
かよふとも
住まであはれを
知らむものかは
やまふかく
さこそこころは
かよふとも
すまであはれを
しらむものかは
Сколь в мыслях не уносишься
В глубины гор,
Покуда там пристанища не обретешь,
Ни истинной печали не познаешь,
Ни просветления...

山陰に
住まぬ心は
いかなれや
惜しまれて入る
月もある世に
やまかげに
すまぬこころは
いかなれや
をしまれている
つきもあるよに
Мы с сожаленьем провожаем
Луну,
Скрывающуюся за гребни гор,
Не лучше ль было бы самим
Там поселиться?

たれすみて
あはれ知るらむ
山里の
雨降りすさむ
夕暮れの空
たれすみて
あはれしるらむ
やまざとの
あめふりすさむ
ゆふぐれのそら
Кто мог, как я, познать
Всю глубину печали,
Глядя в горах
Дождливым вечером
На пасмурное небо?

しをりせで
なほ山深く
分け入らむ
憂きこと聞かぬ
所ありやと
しをりせで
なほやまふかく
わけいらむ
うきこときかぬ
ところありやと
Не делая зарубок на пути,
Отправлюсь я в глубины гор,
Иша пристанища,
Где обрести бы мог
Покой душевный...

山里に
憂き世いとはむ
友もがな
くやしく過ぎし
昔語らむ
やまざとに
うきよいとはむ
とももがな
くやしくすぎし
むかしかたらむ
В приюте горном, здесь
Мне обрести бы друга,
Отринувшего бессердечный мир,
Чтоб с ним поговорить, посетовать
На прожитые прежде годы.

山里は
人来させじと
思はねど
訪はるることぞ
うとくなりゆく
やまざとは
ひとこさせじと
おもはねど
とはるることぞ
うとくなりゆく
В приюте горном поселившись,
Не избегаю я людей,
Однако же
Все меньше их и меньше
Приходит навестить меня...

古畑の
そばのたつ木に
ゐる鳩の
友呼ぶ声の
すごき夕暮れ
ふるはたの
そばのたつきに
ゐるはとの
ともよぶこゑの
すごきゆふぐれ
На поле заглохшем
На дереве голубь сидит
И в сумраке вечера
Одиноко
К подруге взывает.

山がつの
片岡かけて
しむる野の
さかひに立てる
玉の小柳
やまがつの
かたをかかけて
しむるのの
さかひにたてる
たまのこやなぎ
У горного поля
На склоне пологом
Живу
И ивой прекрасной любуюсь,
Что поднялась на меже.

茂き野を
いくひとむらに
分けなして
さらに昔を
しのびかへさむ
しげきのを
いくひとむらに
わけなして
さらにむかしを
しのびかへさむ
Дикое поле...
Зарос бурьяном дом родной.
Траву раздвигая,
С тоской
О былом вспоминаю.

昔見し
庭の小松に
年ふりて
あらしの音を
梢にぞ聞く
むかしみし
にはのこまつに
としふりて
あらしのおとを
こずゑにぞきく
В твоём саду, я помню,
Молоденькая сосенка росла,
Но годы миновали,
И ныне слышу только ветра свист
В её высокой кроне.

これや見し
昔すみけむ
あとならむ
よもぎが露に
月のかかれる
これやみし
むかしすみけむ
あとならむ
よもぎがつゆに
つきのかかれる
О, неужели предо мной —
Следы
Когда-то так знакомого жилиша!
Лишь лунный луч сверкает
На покрытой росою траве...

数ならぬ
身をも心の
持ちがほに
うかれてはまた
帰り来にけり
かずならぬ
みをもこころの
まちがほに
うかれてはまた
かへりきにけり
Чем лучше я мирских людей?
Казалось бы, в горах
Искать я должен просветленья,
А между тем брожу, любуясь то луною, то цветами,
И возвращаюсь снова в хижину свою!

おろかなる
心の引くに
まかせても
さてさはいかに
つひの思ひは
おろかなる
こころのひくに
まかせても
さてさはいかに
つひのおもひは
Глупое сердце!
Любуясь красотой,
Ты потакаешь прихоти своей,
Не помышляя
О дне последнем.

年月を
いかで我が身に
送りけむ
昨日の人も
今日はなき世に
としつきを
いかでわがみに
おくりけむ
きのふのひとも
けふはなきよに
Как мог прожить я
Столько месяцев и дней
В непрочном этом мире,
Где тот, с кем встретился вчера,
Сегодня навсегда ушел?

受けがたき
人の姿に
浮かび出でて
こりずやたれも
また沈むべき
うけがたき
ひとのすがたに
うかびいでて
こりずやたれも
またしずむべき
Что если бы из ада кто-то был спасен
И, в мир людской вернувшись снова,
Не стал бы каяться,
А множил бы грехи?
Наверно, в ад он угодил бы снова.
Сложил, глядя на картину, изображающую ад
いづくにも
住まれずはただ
住まであらむ
柴の庵の
しばしなる世に
いづくにも
すまれずはただ
すまであらむ
しばのいほりの
しばしなるよに
Пусть негде голову мне приклонить —
Ну что ж,
Ведь в этом мире жизнь
Не более чем временный приют
В убогой хижине с плетеною калиткой.

月のゆく
山に心を
送りいれて
やみなるあとの
身をいかにせむ
つきのゆく
やまにこころを
おくりいれて
やみなるあとの
みをいかにせむ
Я сердцем устремляюсь за луной,
Что прячется на западе
За гребнем гор,
Но что же станется с моим несчастным телом,
Блуждающим во тьме?

待たれつる
入相の鐘の
音すなり
あすもやあらば
聞かむとすらむ
またれつる
いりあひのかねの
おとすなり
あすもやあらば
きかむとすらむ
Чу! Колокола
Долгожданный звон...
Не знаю,
Доведется ль завтра снова
Услышать этот звук...

世をいとふ
名をだにもさは
とどめおきて
数ならぬ身の
思ひ出でにせむ
よをいとふ
なをだにもさは
とどめおきて
かずならぬみの
おもひいでにせむ
Как только слух прошёл,
Что суетный наш мир я покидаю,
Ничтожный человек,
Я сразу стал в почёте,
И это укрепило намеренье моё.

身の憂さを
思ひ知らでや
やみなまし
そむくならひの
なき世なりせば
みのうさを
おもひしらでや
やみなまし
そむくならひの
なきよなりせば
Когда бы не было примеров,
Как люди расставались
С этим миром,
Наверно, скорбности его
Не поняли б мы никогда.

いかがすべき
世にあらばやは
世をも捨てて
あな憂の世やと
さらに思はむ
いかがすべき
よにあらばやは
よをもすてて
あなうのよやと
さらにおもはむ
Даже и осознав всю скорбность мира,
Задумывая вновь и вновь
Расстаться с ним, его покинуть,
Мы чувствуем, как крепки нити,
Что связывают с ним.

なに事に
とまる心の
ありければ
さらにしもまた
世のいとはしき
なにことに
とまるこころの
ありければ
さらにしもまた
よのいとはしき
Покинул я печальный мир,
Но почему-то продолжаю
Его корить,
Как будто сердцем все ещё
К нему привязан.

なさけありし
昔のみなほ
しのばれて
ながらへまうき
世にもふるかな
なさけありし
むかしのみなほ
しのばれて
ながらへまうき
よにもふるかな
Тоскую об ушедших днях,
Когда к прекрасному стремился я душою,
Однако и поныне,
Верный песне,
Я в этом мире продолжаю жить.

末の世も
このなさけのみ
変はらずと
見し夢なくは
よそに聞かまし
すゑのよも
このなさけのみ
かはらずと
みしゆめなくは
よそにきかまし
Я написал эти стихи,
Ибо во сне мне было явлено,
Что даже в сей последний век
Прекрасное
Пребудет неизменным.

宮柱
したつ岩根に
敷き立てて
つゆも曇らぬ
日の御影かな
みやはしら
したついはねに
しきたてて
つゆもくもらぬ
ひのみかげかな
Столбы святого храма
Глубоко врыты в землю,
Скалой укреплены,
И ясно светит над святыней солнце
С безоблачных небес.

神路山
月さやかなる
誓ひありて
天の下をば
照らすなりけり
かみぢやま
つきさやかなる
ちかひありて
あめのしたをば
てらすなりけり
Сияет ясная луна
Над кручею Камидзи:
Благодать разливает
Над всеми живущими в мире
Пресветлая Аматэрасу.

さやかなる
鷲の高根の
雲居より
影やはらぐる
月読の杜
さやかなる
わしのたかねの
くもゐより
かげやはらぐる
つきよみのもり
С Пика Священного орла
Сквозь толщу облаков небесных
Простирает Будда свой ореол,
И светит ясная луна
Над рощей Цукиёми.

立ち入らで
雲間を分けし
月影は
待たぬけしきや
空に見えけむ
たちいらで
くもまをわけし
つきかげは
またぬけしきや
そらにみえけむ
Ты у калитки не стояла,
И проплывающая между облаков луна
Подумала: «Не ждет, наверное...»
И, дом минуя твой,
Своим путем отправилась...

闇晴れて
心の空に
澄む月は
西の山辺や
近くなるらむ
やみはれて
こころのそらに
すむつきは
にしのやまべや
ちかくなるらむ
Луна осветила
И очистила небо в сердце моем,
Рассеяла мрак,
И сейчас, верно, приблизилась
К гребням западных гор...

おしなへて
花のさかりに
成りにけり
山のはことに
かかるしら雲
おしなへて
はなのさかりに
なりにけり
やまのはことに
かかるしらくも
Повсюду
Цветы сакуры
Распустились,
И каждый склон покрыт
Теперь белыми облаками!
Примерный перевод

おほかたの
露にはなにの
なるならむ
たもとにおくは
涙なりけり
おほかたの
つゆにはなにの
なるならむ
たもとにおくは
なみたなりけり


わたのはら
はるかに浪を
へたてきて
都にいてし
月をみるかな
わたのはら
はるかになみを
へたてきて
みやこにいてし
つきをみるかな


もろともに
なかめなかめて
秋の月
ひとりにならむ
ことそかなしき
もろともに
なかめなかめて
あきのつき
ひとりにならむ
ことそかなしき


この世にて
又あふましき
かなしさに
すすめし人そ
心みたれし
このよにて
またあふましき
かなしさに
すすめしひとそ
こころみたれし


しらさりき
雲ゐのよそに
みし月の
かけをたもとに
やとすへしとは
しらさりき
くもゐのよそに
みしつきの
かけをたもとに
やとすへしとは


あふとみし
その夜の夢の
さめてあれな
なかきねふりは
うかるへけれと
あふとみし
そのよのゆめの
さめてあれな
なかきねふりは
うかるへけれと


物おもへとも
かからぬ人も
あるものを
あはれなりける
身のちきりかな
ものおもへとも
かからぬひとも
あるものを
あはれなりける
みのちきりかな


なけけとて
月やは物を
おもはする
かこちかほなる
わか涙かな
なけけとて
つきやはものを
おもはする
かこちかほなる
わかなみたかな
«Ну же, вздыхай!
Отдайся печали!» — Разве
Это луна мне велит?
А каким укором блистают
Лики маленьких слёз!
Включено в антологию Огура хякунин иссю, 86.

(Перевод по книге «Сто стихотворений ста поэтов»: Старинный изборник японской поэзии VII—XIII вв./ Предисл., перевод со старояп., коммент. В. С. Сановича; Под ред. В. Н. Марковой. — 3-е изд., доп. и перераб. — М.-СПб.: Летний сад; Журнал «Нева», 1998. — 288 с.)
霜さゆる
にはのこのはを
ふみわけて
月はみるやと
とふ人もかな
しもさゆる
にはのこのはを
ふみわけて
つきはみるやと
とふひともかな


こむよには
心のうちに
あらはさん
あかてやみぬる
月のひかりを
こむよには
こころのうちに
あらはさむ
あかてやみぬる
つきのひかりを


ちるをみて
かへる心や
さくら花
むかしにかはる
しるしなるらん
ちるをみて
かへるこころや
さくらはな
むかしにかはる
しるしなるらむ


はなにそむ
心のいかて
のこりけん
すてはててきと
おもふわか身に
はなにそむ
こころのいかて
のこりけむ
すてはててきと
おもふわかみに


ほとけには
さくらの花を
たてまつれ
わかのちのよを
人とふらはは
ほとけには
さくらのはなを
たてまつれ
わかのちのよを
ひととふらはは


あかつきの
あらしにたくふ
かねのおとを
心のそこに
こたへてそきく
あかつきの
あらしにたくふ
かねのおとを
こころのそこに
こたへてそきく


いつくにか
身をかくさまし
いとひいてて
うきよにふかき
山なかりせは
いつくにか
みをかくさまし
いとひいてて
うきよにふかき
やまなかりせは


わしの山
月をいりぬと
みる人は
くらきにまよふ
心なりけり
わしのやま
つきをいりぬと
みるひとは
くらきにまよふ
こころなりけり


ふかくいりて
神ちのおくを
たつぬれは
又うへもなき
みねの松かせ
ふかくいりて
かみちのおくを
たつぬれは
またうへもなき
みねのまつかせ


風吹けば
花の白浪
岩こえて
わたりわづらふ
山がはのみづ
かぜふけば
はなのしらなみ
いはこえて
わたりわづらふ
やまがはのみづ


玉にぬく
露はこぼれて
むさしのゝ
草の葉むすぶ
秋の初風
たまにぬく
つゆはこぼれて
むさしのゝ
くさのはむすぶ
あきのはつかぜ
На поле Мусаси,
Где роса рассыпалась
Жемчугом,
Травы и листья замерзают
Под первым осенним ветром.
Примерный перевод

をぐら山
麓をこむる
夕霧に
たちもらさるゝ
さを志かの聲
をぐらやま
ふもとをこむる
ゆふぎりに
たちもらさるる
さをしかのこゑ
Сквозь покрывший вечером
Подножье горы Огура
Осенний туман,
Просочился
Оленя голос.
Примерный перевод

山里は
秋のすゑにぞ
思ひしる
かなしかりけり
木枯のかぜ
やまざとは
あきのすゑにぞ
おもひしる
かなしかりけり
こがらしのかぜ
Горное селение.
На исходе осени
Всколыхнул
Затаённую грусть
Суровый северный ветер...
Примерный перевод

限あれば
いかゞは色の
増るべき
あかずしぐるゝ
小倉山哉
かぎりあれば
いかがはいろの
まさるべき
あかずしぐるる
をぐらやまかな
Хоть есть предел,
Как сильно цвет листвы меняться может,
Но превзойдёт его,
Ведь льёт осенний дождь
Без устали над горою Огура...
Примерный перевод

風さえて
よすればやがて
氷りつゝ
返る浪なき
志賀の唐崎
かぜさえて
よすればやがて
こほりつつ
かへるなみなき
しがのからさき
В холодеющем ветре
Лишь приблизятся,
То сразу замерзают
Волны, не катятся назад
На мысе Карасаки в Сига.
Примерный перевод

大原は
比良のたかねの
近ければ
雪ふる程を
思ひこそやれ
おほはらは
ひらのたかねの
ちかければ
ゆきふるほどを
おもひこそやれ
Как будто близка
Вершина горы Хира,
Что в Охара,
Представь:
Так много выпало снега...
Примерный перевод
* исправлено
東路や
忍のさとに
やすらひて
勿來の關を
こえぞわづらふ
あづまぢや
しのぶのさとに
やすらひて
なこそのせきを
こえぞわづらふ


消返り
暮待つ袖ぞ
しをれぬる
おきつる人は
露ならねども
きえかへり
くまつそでぞ
しをれぬる
おきつるひとは
つゆならねども


あらはさぬ
我が心をぞ
うらむべき
月やはうとき
姨捨の山
あらはさぬ
わがこころをぞ
うらむべき
つきやはうとき
おばすてのやま


跡とめて
古きを慕ふ
世ならなむ
今もありへば
昔なるべし
あととめて
ふるきをしたふ
よならなむ
いまもありへば
むかしなるべし


わかの浦に
汐木重ぬる
契をば
かけるたくもの
跡にてぞみる
わかのうらに
しほきかさぬる
ちぎりをば
かけるたくもの
あとにてぞみる


芳野山
人に心を
つげがほに
花よりさきに
かゝるしらくも
よしのやま
ひとにこころを
つげがほに
はなよりさきに
かかるしらくも


あくがるゝ
心はさても
山櫻
散りなむ後や
身にかへるべき
あくがるる
こころはさても
やまさくら
ちりなむのちや
みにかへるべき


何とかく
あだなる花の
色をしも
心に深く
おもひそめけむ
なにとかく
あだなるはなの
いろをしも
こころにふかく
おもひそめけむ


荻の葉を
吹きすてゝ行く
風の音に
心亂るゝ
あきの夕ぐれ
をぎのはを
ふきすててゆく
かぜのねに
こころみだるる
あきのゆふぐれ
От звука ветра,
Который роняет
Травы оги,
Душа в смятении.
Вечер осенний.
Примерный перевод

鹿の音を
聞くにつけても
住む人の
心知らるゝ
小野の山里
しかのねを
きくにつけても
すむひとの
こころしらるる
をののやまざと


ながむるに
慰む事は
なけれども
月を友にて
明かす頃かな
ながむるに
なぐさむことは
なけれども
つきをともにて
あかすころかな


歸り行く
人の心を
おもふにも
はなれがたきは
都なりけり
かへりゆく
ひとのこころを
おもふにも
はなれがたきは
みやこなりけり
В тоске
О сердце того,
Кто приходит и уходит,
Как же тяжело расстаться
Со столицей!
Примерный перевод

すむと見えし
心の月し
顯れば
此世も闇の
晴れざらめやは
すむとみえし
こころのつきし
あらはれば
このよもやみの
はれざらめやは


時鳥
人にかたらぬ
折にしも初
音きくこそ
かひなかりけれ
ほととぎす
ひとにかたらぬ
をりしもは
つおときくこそ
かひなかりけれ


驚かぬ
心なりせば
世のなかを
夢ぞと語る
かひなからまし
おどろかぬ
こころなりせば
よのなかを
ゆめぞとかたる
かひなからまし


君が世の
ためしに何を
思はまし
變らぬ松の
色なかりせば
きみがよの
ためしになにを
おもはまし
かはらぬまつの
いろなかりせば


としくれぬ
春くべしとは
おもひねに
まさしく見えて
かなふ初夢
としくれぬ
はるくべしとは
おもひねに
まさしくみえて
かなふはつゆめ
Окончился год.
Заснул я в тоске ожиданья,
Мне снилось всю ночь:
"Весна пришла". А наутро
Сбылся мой вещий сон.

山のはの
かすむけしきに
しるきかな
けさよりやさは
春のあけぼの
やまのはの
かすむけしきに
しるきかな
けさよりやさは
はるのあけぼの
Зубцы дальних гор
Подёрнулись легкой дымкой.
Весть подают:
Вот он, настал наконец
Первый весенний рассвет.

はるたつと
おもひもあへぬ
あさいでに
いつしかかすむ
おとは山かな
はるたつと
おもひもあへぬ
あさいでに
いつしかかすむ
おとはやまかな


たちかはる
春をしれとも
見せがほに
としをへだつる
霞なりけり
たちかはる
はるをしれとも
みせがほに
としをへだつる
かすみなりけり


かどことに
たつる小松に
かざられて
やどてふやどに
春はきにけり
かどことに
たつるこまつに
かざられて
やどてふやどに
はるはきにけり
У каждых ворот
Стоят молодые сосны.
Праздничный вид!
Во все дома без разбора
Сегодня пришла весна.


ねのひして
たてたる松に
うゑそへん
ちよかさぬべき
としのしるしに
ねのひして
たてたるまつに
うゑそへん
ちよかさぬべき
としのしるしに


山ざとは
かすみわたれる
けしきにて
空にやはるの
立つを知るらん
やまざとは
かすみわたれる
けしきにて
そらにやはるの
たつをしるらん


いつしかと
はるきにけりと
津のくにの
難波のうらを
霞こめたり
いつしかと
はるきにけりと
つのくにの
なにはのうらを
かすみこめたり


わきてけふ
あふさか山の
かすめるは
たちおくれたる
春やこゆらん
わきてけふ
あふさかやまの
かすめるは
たちおくれたる
はるやこゆらん


はるしれと
谷のほそみづ
もりぞくる
いはまの氷
ひまたえにけり
はるしれと
たにのほそみづ
もりぞくる
いはまのこほり
ひまたえにけり


かすまずは
なにをか春と
おもはまし
まだゆききえぬ
みよしのの山
かすまずは
なにをかはると
おもはまし
まだゆききえぬ
みよしののやま


もしほやく
うらのあたりは
立ちのかで
けぶりたちそふ
はるがすみかな
もしほやく
うらのあたりは
たちのかで
けぶりたちそふ
はるがすみかな
На морском берегу,
Где солеварни курятся,
Потемнела даль,
Будто схватился в борьбе
Дым с весенним туманом.

波こすと
ふたみのまつの
見えつるは
こずゑにかかる
霞なりけり
なみこすと
ふたみのまつの
みえつるは
こずゑにかかる
かすみなりけり


はるごとに
のべの小松を
ひく人は
いくらの千よを
ふべきなるらん
はるごとに
のべのこまつを
ひくひとは
いくらのちよを
ふべきなるらん


子日する
人にかすみは
さきだちて
こまつがはらを
たなびきてけり
ねのひする
ひとにかすみは
さきだちて
こまつがはらを
たなびきてけり


ねのびしに
かすみたなびく
のべに出でて
はつ鶯の
こゑをききつる
ねのびしに
かすみたなびく
のべに出でて
はつうぐひすの
こゑをききつる


わかなつむ
けふにはつねの
あひぬれば
まつにや人の
こころひくらん
わかなつむ
けふにはつねの
あひぬれば
まつにやひとの
こころひくらん


けふはただ
おもひもよらで
かへりなむ
ゆきつむのべの
わかななりけり
けふはただ
おもひもよらで
かへりなむ
ゆきつむのべの
わかななりけり


かすがのは
としのうちには
ゆきつみて
はるはわかなの
おふるなりけり
かすがのは
としのうちには
ゆきつみて
はるはわかなの
おふるなりけり


春雨の
ふるののわかな
おひぬらし
ぬれぬれつまん
かたみたぬきれ
はるさめの
ふるののわかな
おひぬらし
ぬれぬれつまん
かたみたぬきれ


わかなつむ
のべのかすみに
あはれなる
むかしをとほく
へだつとおもへば
わかなつむ
のべのかすみに
あはれなる
むかしをとほく
へだつとおもへば
Туман на поле,
Где молодые травы собирают,
До чего он печален!
Словно прячется юность моя
Там, вдали, за его завесой.

うづゑつき
ななくさにこそ
おいにけれ
としをかさねて
つめるわかなに
うづゑつき
ななくさにこそ
おいにけれ
としをかさねて
つめるわかなに


わかなおふる
はるののもりに
我なりて
うき世を人に
つみしらせばや
わかなおふる
はるののもりに
われなりて
うき世を人に
つみしらせばや


うき身にて
きくもをしきは
うぐひすの
霞にむせぶ
あけぼのの山
うきみにて
きくもをしきは
うぐひすの
かすみにむせぶ
あけぼののやま


鶯の
こゑぞかすみに
もれてくる
人めともしき
春の山ざと
うぐひすの
こゑぞかすみに
もれてくる
ひとめともしき
はるのやまざと
Голоса соловьев
Повсюду сочатся сквозь дымку ...
Такая стоит тишина.
Не часто встретишь людей
Весною в горном селенье.

鶯の
はるさめざめと
なきゐたる
たけのしづくや
なみだなるらん
うぐひすの
はるさめざめと
なきゐたる
たけのしづくや
なみだなるらん
Соловьи на ветвях
Плачут, не просыхая,
Под весенним дождем.
Капли в чаще бамбука ...
Может быть, слёзы?

ふるすうとく
たにの鶯
なりはてば
我やかはりて
なかんとすらん
ふるすうとく
たにのうぐひす
なりはてば
われやかはりて
なかんとすらん
Когда б улетели прочь,
Покинув старые гнёзда,
Долины моей соловьи,
Тогда бы я сам вместо них
Слёзы выплакал в песне.

鶯は
たにのふるすを
出でぬとも
わがゆくへをば
わすれざらなん
うぐひすは
たにのふるすを
いでぬとも
わがゆくへをば
わすれざらなん


うぐひすは
われをすもりに
たのみてや
たにのをかへは
いでてなくらむ
うぐひすは
われをすもりに
たのみてや
たにのをかへは
いでてなくらむ
Оставили соловьи
Меня одного в долине,
Чтоб старые гнёзда стеречь,
А сами, не умолкая,
Поют на соседних холмах.

はるのほどは
わがすむいほの
ともに成りて
ふるすな出でそ
谷の鶯
はるのほどは
わがすむいほの
ともになりて
ふるすないでそ
たにのうぐひす


もえいづる
わかなあさると
きこゆなり
きぎすなくのの
春の明ぼの
もえいづる
わかなあさると
きこゆなり
きぎすなくのの
はるのあけぼの


おひかはる
はるのわかくさ
まちわびて
はらのかれのに
きぎすなくなり
おひかはる
はるのわかくさ
まちわびて
はらのかれのに
きぎすなくなり
Первых побегов
Свежей весенней травы
Ждёт не дождется...
На омертвелом лугу
Фазан жалобно стонет.

春の霞
いへたちいでて
ゆきにけん
きぎたつ野を
やきてけるかな
はるのかすみ
いへたちいでて
ゆきにけん
きぎたつのを
やきてけるかな
Весенний туман.
Куда, в какие края
Фазан улетел?
Поле, где он гнездился,
Выжгли огнём дотла.

かた岡に
しばうつりして
なくきぎす
たつはおととて
たかからぬかは
かたをかに
しばうつりして
なくきぎす
たつはおととて
たかからぬかは
На уступе холма
Скрылся фазан в тумане.
Слышу, перепорхнул.
Крыльями вдруг захлопал
Где-то высоко, высоко...

かをとめん
人にこそまて
山ざとの
垣ねの梅の
ちらぬかぎりは
かをとめん
ひとにこそまて
やまざとの
かきねのうめの
ちらぬかぎりは
Я жду того, кто придёт
В поисках аромата,
Пока в нашем горном селе
До конца не осыплется
Слива возле плетня.

心せん
しづがかきねの
梅はあやな
よしなくすぐる
人とどめけり
こころせん
しづがかきねの
うめはあやな
よしなくすぐる
ひととどめけり
В сердце запечатлей!
Там, где возле плетня
Слива благоухает,
Случайный прохожий шёл,
Но замер и он, покорённый.

このはるは
しづが垣ねに
ふればひて
むめがかとめん
人したしまん
このはるは
しづがかきねに
ふればひて
むめがかとめん
ひとしたしまん
Если этой весной,
Грубый плетень задевая,
Кто-то придёт сюда
Дышать ароматом сливы,
Он станет другом моим!

ぬしいかに
風わたるとて
いとふらん
よそにうれしき
梅のにほひを
ぬしいかに
かぜわたるとて
いとふらん
よそにうれしき
うめのにほひを
Что же хозяин?
Верно, чуть ветер повеет,
Полон тревоги?
Даже поодаль сладок
Запах цветущей сливы.

梅が香を
たにふところに
ふききためて
いりこん人に
しめよ春風
うめがかを
たにふところに
ふききためて
いりこんひとに
しめよはるかぜ
Благовоние сливы
Ты привеял в ложбину меж гор,
О весенний ветер!
Если кто проникнет сюда,
Напои густым ароматом.

しばのいほに
とくとくむめの
にほひきて
やさしきかたも
あるすみかかな
しばのいほに
とくとくむめの
にほひきて
やさしきかたも
あるすみかかな


むめがかに
たぐへてきけば
うぐひすの
こゑなつかしき
春の山ざと
むめがかに
たぐへてきけば
うぐひすの
こゑなつかしき
はるのやまざと


つくりおきし
こけのふすまに
鶯は
身にしむ梅の
かやにほふらん
つくりおきし
こけのふすまに
うぐひすは
みにしむうめの
かやにほふらん


ひとりぬる
くさのまくらの
うつりがは
垣ねのむめの
にほひなりけり
ひとりぬる
くさのまくらの
うつりがは
かきねのむめの
にほひなりけり


なにとなく
のきなつかしき
むめゆゑに
すみけん人の
心をぞしる
なにとなく
のきなつかしき
むめゆゑに
すみけんひとの
こころをぞしる


はるさめの
のきたれこむる
つれづれに
ひとにしられぬ
ひとのすみかか
はるさめの
のきたれこむる
つれづれに
ひとにしられぬ
ひとのすみかか


なにとなく
おぼつかなきは
あまのはら
かすみにきえて
かへるかりがね
なにとなく
おぼつかなきは
あまのはら
かすみにきえて
かへるかりがね
Отчего-то сейчас
Такой ненадежной кажется
Равнина небес!
Исчезая в сплошном тумане,
Улетают дикие гуси.

かりがねは
かへるみちにや
まよふらん
こしのなかやま
霞へだてて
かりがねは
かへるみちにや
まよふらん
こしのなかやま
かすみへだてて
Перелетные гуси,
Боюсь, заблудились вы
По дороге на север,
Туманом заграждены
Горы Коси-но Накаяма.

たまづさの
はしがきかとも
見ゆるかな
とびおくれつつ
かへるかりがね
たまづさの
はしがきかとも
みゆるかな
とびおくれつつ
かへるかりがね
Словно приписка
В самом конце посланья —
Несколько знаков...
Отбились в пути от своих
Перелётные гуси.

山ざとへ
たれをまたこは
よぶこどり
ひとりのみこそ
すまんとおもふに
やまざとへ
たれをまたこは
よぶこどり
ひとりのみこそ
すまんとおもふに


なはしろの
みづをかすみは
たなびきて
うちひのうへに
かくるなりけり
なはしろの
みづをかすみは
たなびきて
うちひのうへに
かくるなりけり


くもなくて
おぼろなりとも
みゆるかな
霞かかれる
春のよの月
くもなくて
おぼろなりとも
みゆるかな
かすみかかれる
はるのよのつき


山がつの
かたをかかけて
しむるいほの
さかひにみゆる
たまのをやなぎ
やまがつの
かたをかかけて
しむるいほの
さかひにみゆる
たまのをやなぎ


なかなかに
風のほすにぞ
みだれける
雨にぬれたる
青柳のいと
なかなかに
かぜのほすにぞ
みだれける
あめにぬれたる
あをやぎのいと
Зыблются все быстрей,
Чтоб ветер их просушил,
Спутаны, переплелись,
Вымокли под весенним дождём
Нити зелёной ивы.

見わたせば
さほのかはらに
くりかけて
かぜによらるる
なをやぎのいと
みわたせば
さほのかはらに
くりかけて
かぜによらるる
なをやぎのいと


みなそこに
ふかきみどりの
色みえて
風になみよる
かはやなぎかな
みなそこに
ふかきみどりの
いろみえて
かぜになみよる
かはやなぎかな
Окрасилось дно реки
Глубоким зелёным цветом.
Словно бежит волна,
Когда трепещут под ветром
Ивы на берегу.

まつにより
ちらぬこゝろを
やまざくら
さきなば花の
おもひしらなん
まつにより
ちらぬこころを
やまざくら
さきなばはなの
おもひしらなん


たれかまた
花をたづねて
よしの山
こけふみわくる
いはつたふらん
たれかまた
はなをたづねて
よしのやま
こけふみわくる
いはつたふらん


いまさらに
春をわするる
花もあらじ
やすくまちつつ
けふもくらさん
いまさらに
はるをわするる
はなもあらじ
やすくまちつつ
けふもくらさん
Забывать о весне,
Знаю, дольше не может
Ни один цветок!
День еще дотяну,
Ожидая спокойно.

おぼつかな
いづれのやまの
みねよりか
またるる花の
さきはじむらん
おぼつかな
いづれのやまの
みねよりか
またるるはなの
さきはじむらん
Тревога берет!
Где, на какой вершине
Окрестных гор
Цветы долгожданные вишен
Первыми зацветут?

そらにいでて
いづくともなく
たづぬれば
くもとははなの
見ゆるなりけり
そらにいでて
いづくともなく
たづぬれば
くもとははなの
みゆるなりけり
Шёл я в небесную даль,
Куда, я и сам не знаю,
И увидал наконец:
Меня обмануло облако...
Прикинулось вишней в цвету.

ゆきとぢし
たにのふるすを
思ひいでて
はなにむつるる
鶯のこゑ
ゆきとぢし
たにのふるすを
おもひいでて
はなにむつるる
うぐひすのこゑ


よしの山
くもをはかりに
たづねいりて
こころにかけし
花をみるかな
よしのやま
くもをはかりに
たづねいりて
こころにかけし
はなをみるかな


おもひやる
心やはなに
ゆかざらん
かすみこめたる
みよしののやま
おもひやる
こころやはなに
ゆかざらん
かすみこめたる
みよしののやま


おしなべて
はなのさかりに
成にけり
やまのはごとに
かかるしらくも
おしなべて
はなのさかりに
なりにけり
やまのはごとに
かかるしらくも


まがふいろに
花さきぬれば
よしの山
はるははれせぬ
みねのしら雲
まがふいろに
はなさきぬれば
よしのやま
はるははれせぬ
みねのしらくも


よし野山
こずゑの花を
見し日より
心は身にも
そはず成にき
よしのやま
こずゑのはなを
みしひより
こころはみにも
そはずなりにき
Горы Ёсино!
Там видел я ветки вишен
В облаках цветов,
И с этого дня разлучилось
Со мною сердце моё.

あくがるる
こころはさても
やまざくら
ちりなんのちや
みにかへるべき
あくがるる
こころはさても
やまざくら
ちりなんのちや
みにかへるべき
Куда унеслось ты,
Сердце мое? Погоди!
Горные вишни
Осыплются, — ты опять
Вернешься в свое жилище.

花みれば
そのいはれとは
なけれども
心のうちぞ
くるしかりける
はなみれば
そのいはれとは
なけれども
こころのうちぞ
くるしかりける
Гляжу на цветы.
Нет, они не причастны.
Я их не виню!
Но глубоко в сердце моём
Таится тревожная боль.

しらかはの
こずゑをみてぞ
なぐさむる
よしのの山に
かよふ心を
しらかはの
こずゑをみてぞ
なぐさむる
よしののやまに
かよふこころを


しらかはの
春のこずゑの
鶯は
はなのことばを
きくここちする
しらかはの
はるのこずゑの
うぐひすは
はなのことばを
きくここちする


ひきかへて
はなみる春は
よるはなく
月見るあきは
ひるなからなん
ひきかへて
はなみるはるは
よるはなく
つきみるあきは
ひるなからなん


花ちらで
月はくもらぬ
よなりせば
物をおもはぬ
わが身ならまし
はなちらで
つきはくもらぬ
よなりせば
ものをおもはぬ
わがみならまし
Ах, если бы в нашем мире
Не пряталась в тучи луна,
Не облетали вишни!
Тогда б я спокойно жил,
Без этой вечной тревоги...

たぐひなき
はなをしえだに
さかすれば
桜にならぶ
木ぞなかりける
たぐひなき
はなをしえだに
さかすれば
さくらにならぶ
きぞなかりける


身をわけて
見ぬこずゑなく
つくさばや
よろづのやまの
花のさかりを
みをわけて
みぬこずゑなく
つくさばや
よろづのやまの
はなのさかりを


さくらさく
よものやまべを
かぬるまに
のどかにはなを
見ぬここちする
さくらさく
よものやまべを
かぬるまに
のどかにはなを
みぬここちする


はなにそむ
こころのいかで
のこりけん
すてはててきと
思ふ我が身に
はなにそむ
こころのいかで
のこりけん
すてはててきと
おもふわがみに
Увлечено цветами,
Как сердце моё могло
Остаться со мною?
Разве не думал я,
Что всё земное отринул?

ねがはくは
花のしたにて
春しなん
そのきさらぎの
もちづきのころ
ねがはくは
はなのしたにて
はるしなん
そのきさらぎの
もちづきのころ
О, пусть я умру
Под сенью вишнёвых цветов!
Покину наш мир
Весенней порой "кисараги"
При свете полной луны.

ほとけには
さくらの花を
たてまつれ
わがのちのよを
人とぶらはば
ほとけには
さくらのはなを
たてまつれ
わがのちのよを
ひととぶらはば


なにとかや
よにありがたき
名をえたる
花もさかりに
まさりしもせじ
なにとかや
よにありがたき
なをえたる
はなもさかりに
まさりしもせじ


山ざくら
かすみのころも
あつくきて
この春だにも
風つつまなん
やまざくら
かすみのころも
あつくきて
このはるだにも
かぜつつまなん


おもひやる
たかねのくもの
はなならば
ちらぬなぬかは
はれじとぞ思ふ
おもひやる
たかねのくもの
はなならば
ちらぬなぬかは
はれじとぞおもふ


長閑なれ
こころをさらに
つくしつつ
はなゆゑにこそ
春はまちしか
のどかなれ
こころをさらに
つくしつつ
はなゆゑにこそ
はるはまちしか


かざこしの
みねのつづきに
さく花は
いつさかりとも
なくやちりけん
かざこしの
みねのつづきに
さくはなは
いつさかりとも
なくやちりけん


ならひありて
風さそふとも
山ざくら
たづぬるわれを
まちつけてちれ
ならひありて
かぜさそふとも
やまざくら
たづぬるわれを
まちつけてちれ


すそのやく
けぶりぞ春は
よしの山
花をへだつる
霞なりける
すそのやく
けぶりぞはるは
よしのやま
はなをへだつる
かすみなりける


いまよりは
花みん人に
つたへおかん
よをのがれつつ
やまにすまへと
いまよりは
はなみんひとに
つたへおかん
よをのがれつつ
やまにすまへと


花見にと
むれつつ人の
くるのみぞ
あたらさくらの
とがには有りける
はなみにと
むれつつひとの
くるのみぞ
あたらさくらの
とがにはありける


花もちり
人もこざらん
をりはまた
やまのかひにて
のどかなるべし
はなもちり
ひともこざらん
をりはまた
やまのかひにて
のどかなるべし


年をへて
おなじこずゑに
にほへども
花こそ人に
あかれざりけれ
としをへて
おなじこずゑに
にほへども
はなこそひとに
あかれざりけれ


くもにまがふ
花のしたにて
ながむれば
おぼろに月は
見ゆるなりける
くもにまがふ
はなのしたにて
ながむれば
おぼろにつきは
みゆるなりける


花の色や
声にそむらん
鶯の
なくねことなる
春のあけぼの
はなのいろや
こゑにそむらん
うぐひすの
なくねことなる
はるのあけぼの
Верно, вишен цветы
Окраску свою подарили
Голосам соловьёв.
Как нежно они звучат
На весеннем рассвете!

おのづから
花なきとしの
春もあらば
なににつけてか
日をくらすべき
おのづから
はななきとしの
はるもあらば
なににつけてか
ひをくらすべき


おもひいでに
なにをかせまし
この春の
花まちつけぬ
我が身なりせば
おもひいでに
なにをかせまし
このはらの
はなまちつけぬ
わがみなりせば


わきてみん
おい木は花も
あはれなり
いまいくたびか
春にあふべき
わきてみん
おいきははなも
あはれなり
いまいくたびか
はるにあふべき
С особым волненьем смотрю...
На старом вишнёвом дереве
Печальны даже цветы!
Скажи, сколько новых вёсен
Тебе осталось встречать?..

このもとは
見る人しげし
さくらばな
よそにながめて
かをばをしまん
このもとは
みるひとしげし
さくらばな
よそにながめて
かをばをしまん
Под сенью ветвей
Толпа придворных любуется...
Вишня в цвету!
Другие смотрят лишь издали.
Им жалко её аромата.

よしの山
ほきぢづたひに
たづね入りて
花見しはるは
ひとむかしかも
よしのやま
ほきぢづたひに
たづねいりて
はなみしはるは
ひとむかしかも


ながむるに
はなのなたての
身ならずは
このさとにてや
春をくらさん
ながむるに
はなのなたての
みならずは
このさとにてや
はるをくらさん


まちきつる
やがみのさくら
さきにけり
あらくおろすな
みすの山かぜ
まちきつる
やがみのさくら
さきにけり
あらくおろすな
みすのやまかぜ


おのづから
くる人あらば
もろともに
ながめまほしき
山ざくらかな
おのづから
くるひとあらば
もろともに
ながめまほしき
やまざくらかな


ながむてふ
かずに入るべき
身なりせば
きみがやどにて
春はへぬべし
ながむてふ
かずにいるべき
みなりせば
きみがやどにて
はるはへぬべし


見るひとに
花もむかしを
おもひいでて
こひしかるべし
あめにしをるる
みるひとに
はなもむかしを
おもひいでて
こひしかるべし
あめにしをるる


いにしへを
しのぶるあめと
たれかみん
はなもそのよの
ともしなければ
いにしへを
しのぶるあめと
たれかみん
はなもそのよの
ともしなければ


ぬるともと
かげをたのみて
おもひけん
人のあとふむ
けふにも有るかな
ぬるともと
かげをたのみて
おもひけん
ひとのあとふむ
けふにもあるかな


ちるをみて
かへるこころや
さくらばな
むかしにかはる
しるしなるらん
ちるをみて
かへるこころや
さくらばな
むかしにかはる
しるしなるらん


ちりそむる
花のはつゆき
ふりぬれば
ふみわけまうき
しがの山ごえ
ちりそむる
はなのはつゆき
ふりぬれば
ふみわけまうき
しがのやまごえ


ちよくとか
やくだすみかどの
いませかし
さらばおそれて
はなやちらぬと
ちよくとか
やくだすみかどの
いませかし
さらばおそれて
はなやちらぬと


波もなく
風ををさめし
白川の
きみのをりもや
花はちりけん
なみもなく
かぜををさめし
しらかはの
きみのをりもや
はなはちりけん
Волны молчали,
Буйство ветра смирял
Государь Сиракава,
Но и в его времена
Вишен цветы осыпались...


いかで我
このよのほかの
おもひでに
かぜをいとはで
花をながめん
いかでわれ
このよのほかの
おもひでに
かぜをいとはで
花をながめん
Ну что ж! Хорошо!
О мире другом, не нашем,
Вспомню опять,
Взгляну на опавший цвет,
Не опасаясь ветра.

年をへて
まつもをしむも
やまざくら
心を春は
つくすなりけり
としをへて
まつもをしむも
やまざくら
こころをはるは
つくすなりけり
Припомню ли, сколько лет
Я ждал вас, я с вами прощался,
Горные вишни в цвету.
Сердце своё вконец
Я истомил весною.

よし野山
たにへたなびく
しらくもは
みねのさくらの
ちるにやあるらん
よしのやま
たにへたなびく
しらくもは
みねのさくらの
ちるにやあるらん
В горах Ёсино
Вместе с цветами вишен
Через вершину летит
Буря, как белое облако...
Издали не различить.

吉野山
みねなる花は
いづかたの
たににかわきて
ちりつもるらん
よしのやま
みねなるはなは
いづかたの
たににかわきて
ちりつもるらん
На горе Ёсино
Цветы сакуры с вершины
В какой же стороне
В долине, разделившись,
И опав, соберутся?
Примерный перевод

山おろしの
このもとうづむ
春の雪は
いはゐにうくも
こほりとぞみる
やまおろしの
このもとうづむ
はるのゆきは
いはゐにうくも
こほりとぞみる


はる風の
花のふぶきに
うづまれて
ゆきもやられぬ
しがのやまみち
はるかぜの
はなのふぶきに
うづまれて
ゆきもやられぬ
しがのやまみち


立ちまがふ
みねの雲をば
はらふとも
花をちらさぬ
あらしなりせば
たちまがふ
みねのくもをば
はらふとも
はなをちらさぬ
あらしなりせば


よしの山
花ふきぐして
みねこゆる
あらしはくもと
よそにみゆらん
よしのやま
はなふきぐして
みねこゆる
あらしはくもと
よそにみゆらん


をしまれぬ
身だにもよには
あるものを
あなあやにくの
花の心や
をしまれぬ
みだにもよには
あるものを
あなあやにくの
はなのこころや


うきよには
とどめおかじと
はるかぜの
ちらすは花を
をしむなりけり
うきよには
とどめおかじと
はるかぜの
ちらすははなを
をしむなりけり


もろともに
われをもぐして
ちりね花
うきよをいとふ
心ある身ぞ
もろともに
われをもぐして
ちりねはな
うきよをいとふ
こころあるみぞ


おもへただ
はなのちりなん
このもとに
なにをかげにて
我が身すみなん
おもへただ
はなのちりなん
このもとに
なにをかげにて
わがみすみなん


ながむとて
はなにもいたく
なれぬれば
ちるわかれこそ
かなしかりけれ
ながむとて
はなにもいたく
なれぬれば
ちるわかれこそ
かなしかりけれ


をしめども
おもひげもなく
あだにちる
はなは心ぞ
かしこかりける
をしめども
おもひげもなく
あだにちる
はなはこころぞ
かしこかりける


こずゑふく
風のこころは
いかがせん
したがふはなの
うらめしきかな
こずゑふく
かぜのこころは
いかがせん
したがふはなの
うらめしきかな


いかでかは
ちらであれとも
おもふべき
しばしとしたふ
なげきしれはな
いかでかは
ちらであれとも
おもふべき
しばしとしたふ
なげきしれはな


このもとの
花にこよひは
うづもれて
あかぬこずゑを
おもひあかさん
このもとの
はなにこよひは
うづもれて
あかぬこずゑを
おもひあかさん


このもとに
たびねをすれば
よしの山
はなのふすまを
きするはるかぜ
このもとに
たびねをすれば
よしのやま
はなのふすまを
きするはるかぜ


ゆきとみえて
風にさくらの
みだるれば
はなのかさきる
春のよの月
ゆきとみえて
かぜにさくらの
みだるれば
はなのかさきる
はるのよのつき


ちる花を
をしむこころや
とどまりて
またこんはるの
たねになるべき
ちるはなを
をしむこころや
とどまりて
またこんはるの
たねになるべき


はるふかみ
えだもゆるがで
ちる花は
風のとがには
あらぬなるべし
はるふかみ
えだもゆるがで
ちるはなは
かぜのとがには
あらぬなるべし


あながちに
庭をさへはく
あらしかな
さこそ心に
はなをまかせめ
あながちに
にはをさへはく
あらしかな
さこそこころに
はなをまかせめ


あだにちる
さこそこずゑの
花ならめ
すこしはのこせ
春の山風
あだにちる
さこそこずゑの
はなならめ
すこしはのこせ
はるのやまかぜ


こころえつ
ただひとすぢに
今よりは
花ををしまで
風をいとはん
こころえつ
ただひとすぢに
いまよりは
はなををしまで
かぜをいとはん


吉野山
さくらにまがふ
しら雲の
ちりなんのちは
はれずもあらなん
よしのやま
さくらにまがふ
しらくもの
ちりなんのちは
はれずもあらなん


花とみば
さすがなさけを
かけましを
くもとて風の
はらふなるべし
はなとみば
さすがなさけを
かけましを
くもとてかぜの
はらふなるべし


風さそふ
花のゆくへは
しらねども
をしむ心は
身にとまりけり
かぜさそふ
はなのゆくへは
しらねども
をしむこころは
みにとまりけり


花ざかり
こずゑをさそふ
風なくて
のどかにちらす
はるにあはばや
はなざかり
こずゑをさそふ
かぜなくて
のどかにちらす
はるにあはばや


風あらみ
こずゑのはなの
ながれきて
にはになみたつ
しらかはのさと
かぜあらみ
こずゑのはなの
ながれきて
にはになみたつ
しらかはのさと


あだにちる
こずゑの花を
ながむれば
庭にはきえぬ
ゆきぞつもれる
あだにちる
こずゑのはなを
ながむれば
にはにはきえぬ
ゆきぞつもれる


ちる花の
いほりのうへを
ふくならば
かぜいるまじく
めぐりかこはん
ちるはなの
いほりのうへを
ふくならば
かぜいるまじく
めぐりかこはん


春風の
はなをちらすと
見るゆめは
さめてもむねの
さわぐなりけり
はるかぜの
はなをちらすと
みるゆめは
さめてもむねの
さわぐなりけり
Весенний ветер
Развеял вишнёвый цвет
Лишь в сновиденье.
Очнулся, но сердце моё
Тревога ещё волнует...

山ざくら
えだきる風の
なごりなく
花をさながら
わがものにする
やまざくら
えだきるかぜの
なごりなく
はなをさながら
わがものにする


こずゑうつ
あめにしをれて
ちる花の
をしき心を
なににたとへん
こずゑうつ
あめにしをれて
ちるはなの
をしきこころを
なににたとへん
Думай лишь об одном!
Когда все цветы осыплются,
А ты под сенью ветвей
Будешь жить одиноко,
В чем сердце найдет опору?

よしの山
ひとむら見ゆる
しらくもは
さきおくれたる
さくらなるべし
よしのやま
ひとむらみゆる
しらくもは
さきおくれたる
さくらなるべし


よしの山
人に心を
つけがほに
はなよりさきに
かかるしら雲
よしのやま
ひとにこころを
つけがほに
はなよりさきに
かかるしらくも


山さむみ
花さくべくも
なかりけり
あまりかねても
たづねきにける
やまさむみ
はなさくべくも
なかりけり
あまりかねても
たづねきにける


かたばかり
つぼむとはなを
おもふより
そらまたこころ
ものになるらん
かたばかり
つぼむとはなを
おもふより
そらまたこころ
ものになるらん


おぼつかな
たにはさくらの
いかならん
みねにはいまだ
かけぬしら雲
おぼつかな
たにはさくらの
いかならん
みねにはいまだ
かけぬしらくも


はなときくは
たれもさこそは
うれしけれ
おもひしづめぬ
我がこころかな
はなときくは
たれもさこそは
うれしけれ
おもひしづめぬ
わがこころかな


はつはなの
ひらけはじむる
こずゑより
そばへてかぜの
わたるなりけり
はつはなの
ひらけはじむる
こずゑより
そばへてかぜの
わたるなりけり


おぼつかな
はなは心の
春にのみ
いづれのとしか
うかれそめけん
おぼつかな
はなはこころの
はるにのみ
いづれのとしか
うかれそめけん


いざことし
ちれとさくらを
かたらはん
なかなかさらば
風やおしむと
いざことし
ちれとさくらを
かたらはん
なかなかさらば
かぜやおしむと


風ふくと
えだをはなれて
おつまじく
はなとぢつけよ
あをやぎのいと
かぜふくと
えだをはなれて
おつまじく
はなとぢつけよ
あをやぎのいと


ふく風の
なめてこずゑに
あたるかな
かばかり人の
をしむさくらに
ふくかぜの
なめてこずゑに
あたるかな
かばかりひとの
をしむさくらに


なにとかく
あだなるはるの
いろをしも
心にふかく
そめはじめけん
なにとかく
あだなるはるの
いろをしも
こころにふかく
そめはじめけん


おなじみの
めづらしからず
をしめばや
花もかはらず
さけばちるらん
おなじみの
めづらしからず
をしめばや
はなもかはらず
さけばちるらん


みねにちる
花はたになる
木にぞさく
いたくいとはじ
春の山風
みねにちる
はなはたになる
きにぞさく
いたくいとはじ
はるのやまかぜ


山おろしに
みだれて花の
ちりけるを
いははなれたる
たきとみたれば
やまおろしに
みだれてはなの
ちりけるを
いははなれたる
たきとみたれば


花もちり
人もみやこへ
かへりなば
やまさびしくや
ならんとすらん
はなもちり
ひともみやこへ
かへりなば
やまさびしくや
ならんとすらん


青葉さへ
見ればこころの
とまるかな
ちりにし花の
なごりとおもへば
あをばさへ
みればこころの
とまるかな
ちりにしはなの
なごりとおもへば


あとたえて
あさぢしげれる
庭のおもに
誰わけいりて
すみれつみてん
あとたえて
あさぢしげれる
にはのおもに
たれわけいりて
すみれつみてん


誰ならん
あらたのくろに
すみれつむ
人は心の
わりなかるべし
たれならん
あらたのくろに
すみれつむ
ひとはこころの
わりなかるべし
Кто он, безвестный?
На меже заглохшего поля
Собирает фиалки.
Как сильно, должно быть, печаль
Сердце его омрачила.

なほざりに
やきすてしのの
さわらびは
をる人なくて
ほどろとやなる
なほざりに
やきすてしのの
さわらびは
をるひとなくて
ほどろとやなる


ゐまみづに
しげるまこもの
わかれぬを
さきへだてたる
かきつばたかな
ゐまみづに
しげるまこもの
わかれぬを
さきへだてたる
かきつばたかな


にはつたひ
をらでつつじを
てにぞとる
さかしきやまの
とりどころには
にはつたひ
をらでつつじを
てにぞとる
さかしきやまの
とりどころには


つつじさく
山のいはかげ
ゆふばえて
をぐらはよその
なのみなりけり
つつじさく
やまのいはかげ
ゆふばえて
をぐらはよその
なのみなりけり


きしちかみ
うゑけん人ぞ
うらめしき
なみにをらるる
やまぶきの花
きしちかみ
うゑけんひとぞ
うらめしき
なみにをらるる
やまぶきのはな
В горькой обиде
На того, кто их посадил
Над стремниной потока,
Сломленные волной,
Падают горные розы.

山ぶきの
はなさくさとに
なりぬれば
ここにもゐでと
おもほゆるかな
やまぶきの
はなさくさとに
なりぬれば
ここにもゐでと
おもほゆるかな


ますげおふる
やまだにみづを
まかすれば
うれしがほにも
なくかはづかな
ますげおふる
やまだにみづを
まかすれば
うれしがほにも
なくかはづかな
В зацветшей воде,
Мутной, подернутой ряской,
Где луна не гостит, —
"Там поселиться хочу!" —
Вот что кричит лягушка.

みさびゐて
月もやどらぬ
にごりえに
われすまんとて
かはづなくなり
みさびゐて
つきもやどらぬ
にごりえに
われすまんとて
かはづなくなり


うれしとも
おもひぞわかぬ
郭公
はるきくことの
ならひなければ
うれしとも
おもひぞわかぬ
ほととぎす
はるきくことの
ならひなければ


すぐるはる
しほのみつより
ふなでして
なみのはなをや
さきにたつらん
すぐるはる
しほのみつより
ふなでして
なみのはなをや
さきにたつらん


春ゆゑに
せめてもものを
おもへとや
みそかにだにも
たらでくれぬる
はるゆゑに
せめてもものを
おもへとや
みそかにだにも
たらでくれぬる


けふのみと
おもへばながき
春の日も
ほどなくくるる
ここちこそすれ
けふのみと
おもへばながき
はるのひも
ほどなくくるる
ここちこそすれ


ゆく春を
とどめかねぬる
ゆふぐれは
あけぼのよりも
あはれなりけり
ゆくはるを
とどめかねぬる
ゆふぐれは
あけぼのよりも
あはれなりけり
Весна уходит...
Не может удержать её
Вечерний сумрак.
Не оттого ли он сейчас
Прекрасней утренней зари?

かぎりあれば
ころもばかりは
ぬぎかへて
こころははるを
したふなりけり
かぎりあれば
ころもばかりは
ぬぎかへて
こころははるを
したふなりけり


くさしげる
みちかりあけて
やまざとは
はな見し人の
心をぞしる
くさしげる
みちかりあけて
やまざとは
はなみしひとの
こころをぞしる
Срезаны травы,
Чтобы расчистить дорогу
К горной деревне.
Открылось мне сердце того,
Кто искал цветущие вишни.

たつた河
きしのまがきを
見わたせば
ゐせきの浪に
まがふうの花
たつたかは
きしのまがきを
みわたせば
ゐせきのなみに
まがふうのはな


まがふべき
月なきころの
うのはなは
よるさへさらす
ぬのかとぞ見る
まがふべき
つきなきころの
うのはなは
よるさへさらす
ぬのかとぞみる
Пускай нет в небе луны!
Обманчивей лунного света
Цветы унохана.
Чудится, будто ночью
Кто-то белит холсты.

神がきの
あたりにさくも
たよりあれや
ゆふかけたりと
みゆるうの花
かみがきの
あたりにさくも
たよりあれや
ゆふかけたりと
みゆるうのはな


郭公
ひとにかたらぬ
をりにしも
はつねきくこそ
かひなかりけれ
ほととぎす
ひとにかたらぬ
をりにしも
はつねきくこそ
かひなかりけれ
Зачем, о кукушка,
Когда говорить я невластен,
Сюда летишь ты?
Что пользы внимать безответно
Первой песне твоей?

ほととぎす
うづきのいみに
いこもるを
おもひしりても
きなくなるかな
ほととぎす
うづきのいみに
いこもるを
おもひしりても
きなくなるかな


さとなるる
たそがれどきの
ほととぎす
きかずがほにて
またなのらせん
さとなるる
たそがれどきの
ほととぎす
きかずがほにて
またなのらせん


我がやどに
はなたちばなを
うゑてこそ
山ほととぎす
まつべかりけれ
わがやどに
はなたちばなを
うゑてこそ
やまほととぎす
まつべかりけれ


たづぬれば
ききがたきかと
ほととぎす
こよひばかりは
まちこころみん
たづぬれば
ききがたきかと
ほととぎす
こよひばかりは
まちこころみん


郭公
まつこころのみ
つくさせて
こゑをばをしむ
さ月なりけり
ほととぎす
まつこころのみ
つくさせて
こゑをばをしむ
さつきなりけり


まつ人の
心をしらば
ほととぎす
たのもしくてや
よをあかさまし
まつひとの
こころをしらば
ほととぎす
たのもしくてや
よをあかさまし


ほととぎす
きかであけぬと
つげがほに
またれぬとりの
ねぞきこゆなる
ほととぎす
きかであけぬと
つげがほに
またれぬとりの
ねぞきこゆなる


郭公
きかであけぬる
なつのよの
うらしまのこは
まことなりけり
ほととぎす
きかであけぬる
なつのよの
うらしまのこは
まことなりけり


ほととぎす
きかぬものゆゑ
まよはまし
春をたづねぬ
山路なりせば
ほととぎす
きかぬものゆゑ
まよはまし
はるをたづねぬ
やまぢなりせば


まつことは
はつねまでかと
おもひしに
ききふるされぬ
ほととぎすかな
まつことは
はつねまでかと
おもひしに
ききふるされぬ
ほととぎすかな


ききおくる
こころをぐして
ほととぎす
たかまのやまの
みねこえぬなり
ききおくる
こころをぐして
ほととぎす
たかまのやまの
みねこえぬなり


おほゐ川
をぐらの山の
ほととぎす
ゐせきにこゑの
とまらましかば
おほゐかは
をぐらのやまの
ほととぎす
ゐせきにこゑの
とまらましかば


ほととぎす
そののちこえん
やまぢにも
かたらふこゑは
かはらざらなん
ほととぎす
そののちこえん
やまぢにも
かたらふこゑは
かはらざらなん
Кукушка, мой друг!
Когда после смерти пойду
По горной тропе,
Пусть голос твой, как сейчас,
О том же мне говорит.

郭公
おもひもわかぬ
ひと声を
ききつといかが
人にかたらん
ほととぎす
おもひもわかぬ
ひとこゑを
ききつといかが
ひとにかたらん


ほととぎす
いかばかりなる
契にて
こころつくさで
人のきくらん
ほととぎす
いかばかりなる
ちぎりにて
こころつくさで
ひとのきくらん


かたらひし
そのよのこゑは
ほととぎす
いかなるよにも
わすれんものか
かたらひし
そのよのこゑは
ほととぎす
いかなるよにも
わすれんものか
Твой голос, кукушка,
Так много сказавший мне
В ночную пору, —
Смогу ли когда-нибудь
Его позабыть я?

ほととぎす
はなたちばなは
にほふとも
身をうの花の
かきねわすれな
ほととぎす
はなたちばなは
にほふとも
みをうのはなの
かきねわすれな
Пускай благовонием
Манит тебя померанец,
Но эту изгородь,
Где унохана цветут,
Не позабудь, кукушка!

郭公
しのぶうづきも
すぎにしを
猶こゑをしむ
さみだれのそら
ほととぎす
しのぶうづきも
すぎにしを
なほこゑをしむ
さみだれのそら


さみだれの
はれまも見えぬ
雲ぢより
山ほととぎす
なきてすぐなり
さみだれの
はれまもみえぬ
くもぢより
やまほととぎす
なきてすぐなり


郭公
きくにとてしも
こもらねど
はつせのやまは
たよりありけり
ほととぎす
きくにとてしも
こもらねど
はつせのやまは
たよりありけり


ほととぎす
なごりあらせて
かへりしが
ききすつるにも
なりにけるかな
ほととぎす
なごりあらせて
かへりしが
ききすつるにも
なりにけるかな


空はれて
ぬまのみかさを
おとさずは
あやめもふかぬ
さ月なるべし
そらはれて
ぬまのみかさを
おとさずは
あやめもふかぬ
さつきなるべし


桜ちる
やどをかざれる
あやめをば
はなさうぶとや
いふべかるらん
さくらちる
やどをかざれる
あやめをば
はなさうぶとや
いふべかるらん


ちるけふを
けふのあやめの
ねにかけて
くすだまともや
いふべかるらん
ちるけふを
けふのあやめの
ねにかけて
くすだまともや
いふべかるらん


をりにあひて
人にわが身や
ひかれまし
つくまのぬまの
あやめなりせば
をりにあひて
ひとにわがみや
ひかれまし
つくまのぬまの
あやめなりせば


にしにのみ
こころぞかかる
あやめ草
このよばかりの
やどと思へば
にしにのみ
こころぞかかる
あやめくさ
このよばかりの
やどとおもへば


みな人の
心のうきは
あやめ草
にしにおもひの
ひかぬなりけり
みなひとの
こころのうきは
あやめくさ
にしにおもひの
ひかぬなりけり


みづたたふ
いは間のまこも
かりかねて
むなでにすぐる
さみだれのころ
みづたたふ
いはまのまこも
かりかねて
むなでにすぐる
さみだれのころ


さみだれに
みづまさるらし
うち橋や
くもでにかかる
なみのしらいと
さみだれに
みづまさるらし
うちはしや
くもでにかかる
なみのしらいと


五月雨は
いはせくぬまの
みづふかみ
わけしいしまの
かよひどもなし
さみだれは
いはせくぬまの
みづふかみ
わけしいしまの
かよひどもなし


こざさしく
ふるさとをのの
みちのあとを
またさはになす
さみだれのころ
こざさしく
ふるさとをのの
みちのあとを
またさはになす
さみだれのころ
Мелкий бамбук заглушил
Рисовые поля деревушки.
Протоптанная тропа
Снова стала болотом
В этот месяц долгих дождей.

つくづくと
軒のしづくを
ながめつつ
日をのみくらす
さみだれの比
つくづくと
のきのしづくを
ながめつつ
ひをのみくらす
さみだれのころ


あづまやの
をがやがのきの
いとみづに
たまぬきかくる
さみだれの比
あづまやの
をがやがのきの
いとみづに
たまぬきかくる
さみだれのころ


さみだれに
をだのさなへや
いかならん
あぜのうきつち
あらひこされて
さみだれに
をだのさなへや
いかならん
あぜのうきつち
あらひこされて
Дожди все льются...
Ростки на рисовых полях,
Что будет с вами?
Водой нахлынувшей размыта,
Обрушилась земля плотин.

さみだれの
ころにしなれば
あらをだに
人もまかせぬ
みづたたひけり
さみだれの
ころにしなれば
あらをだに
ひともまかせぬ
みづたたひけり


さみだれに
ほすひまなくて
もしほ草
けぶりもたてぬ
うらのあま人
さみだれに
ほすひまなくて
もしほくさ
けぶりもたてぬ
うらのあまひと


みなせ川
をちのかよひぢ
みづみちて
ふなわたりする
さみだれのころ
みなせかは
をちのかよひぢ
みづみちて
ふなわたりする
さみだれのころ


ひろせがは
わたりのおきの
みをじるし
みかさぞふかき
さみだれの比
ひろせがは
わたりのおきの
みをじるし
みかさぞふかき
さみだれのころ


はやせ川
つなでのきしを
おきにみて
のぼりわづらふ
さみだれの比
はやせかは
つなでのきしを
おきにみて
のぼりわづらふ
さみだれのころ


みづわくる
なにはほりえの
なかりせば
いかにかせまし
さみだれのころ
みづわくる
なにはほりえの
なかりせば
いかにかせまし
さみだれのころ


ふねすゑし
みなとのあしま
さをたてて
心ゆくらん
さみだれのころ
ふねすゑし
みなとのあしま
さをたてて
こころゆくらん
さみだれのころ


みなそこに
しかれにけりな
さみだれて
みつのまこもを
かりにきたれば
みなそこに
しかれにけりな
さみだれて
みつのまこもを
かりにきたれば


さみだれの
をやむはれまの
なからめや
みづのかさほせ
まこもかるふね
さみだれの
をやむはれまの
なからめや
みづのかさほせ
まこもかるふね


さみだれに
さののふなはし
うきぬれば
のりてぞ人は
さしわたるらん
さみだれに
さののふなはし
うきぬれば
のりてぞひとは
さしわたるらん


五月雨の
はれぬ日かずの
ふるままに
ぬまのまこもは
みがくれにけり
さみだれの
はれぬひかずの
ふるままに
ぬまのまこもは
みがくれにけり


みづなしと
ききてふりにし
かつまたの
いけあらたむる
さみだれの比
みづなしと
ききてふりにし
かつまたの
いけあらたむる
さみだれのくら


さみだれは
ゆくべきみちの
あてもなし
をざさがはらも
うきにながれて
さみだれは
ゆくべきみちの
あてもなし
をざさがはらも
うきにながれて


五月雨は
やまだのあぜの
たきまくら
かずをかさねて
おつるなりけり
さみだれは
やまだのあぜの
たきまくら
かずをかさねて
おつるなりけり


かはばたの
よどみにとまる
ながれぎの
うきはしわたす
さみだれの比
かはばたの
よどみにとまる
ながれぎの
うきはしわたす
さみだれのくら
В тихой заводи
К берегу когда-то прибилось
Утоплое дерево,
Но стало плавучим мостом...
Долгих дождей пора.

おもはずに
あなづりにくき
こがはかな
さつきの雨に
水まさりつつ
おもはずに
あなづりにくき
こがはかな
さつきのあめに
みづまさりつつ


風をのみ
はななきやどは
まちまちて
いづみのすゑを
またむすぶかな
かぜをのみ
はななきやどは
まちまちて
いづみのすゑを
またむすぶかな
Лишь веянья ветерка
Под сенью ветвей отцветших
Я жду не дождусь теперь,
Снова в горном источнике
Воды зачерпну пригоршню...

水の音に
あつさわするる
まとゐかな
こずゑのせみの
声もまぎれて
みづのねに
あつさわするる
まとゐかな
こずゑのせみの
こゑもまぎれて


杣人の
くれにやどかる
ここちして
庵をたたく
水鶏なりけり
そまびとの
くれにやどかる
ここちして
いほりをたたく
くひななりけり
Должно быть, лесоруб
Пришел просить ночлега,
В дверь хижины стучит?
Нет, это в сумерках кричал
Болотный пастушок.
лесоруб
夏山の
ゆふしたかぜの
すずしさに
ならのこかげの
たたまうきかな
なつやまの
ゆふしたかぜの
すずしさに
ならのこかげの
たたまうきかな
В летних горах
Дует понизу ветер вечерний,
Знобит холодком.
Под сенью густых дубов
Стоять не слишком приятно.

かきわけて
をればつゆこそ
こぼれけれ
あさぢにまじる
なでしこの花
かきわけて
をればつゆこそ
こぼれけれ
あさぢにまじる
なでしこのはな


露おもみ
そののなでしこ
いかならん
あらく見えつる
ゆふだちの空
つゆおもみ
そののなでしこ
いかならん
あらくみえつる
ゆふだちのそら
Капли так тяжелы!
Гвоздики в моем саду,
Каково им теперь?
До чего яростный вид
У вечернего ливня!

みまぐさに
はらのをすすき
しがふとて
ふしどあせぬと
しかおもふらん
みまぐさに
はらのをすすき
しがふとて
ふしどあせぬと
しかおもふらん


旅人の
わくるなつのの
草しげみ
はずゑにすげの
をがさはづれて
たびひとの
わくるなつのの
くさしげみ
はずゑにすげの
をがさはづれて
Путник еле бредёт
Сквозь заросли... Так густеют
Травы летних полей!
Стебли ему на затылок
Сбили плетёную шляпу.

ひばりあがる
おほののちはら
なつくれば
すずむこかげを
たづねてぞ行く
ひばりあがる
おほののちはら
なつくれば
すずむこかげを
たづねてぞゆく
Жаворонок парит
Над густым тростником равнины,
Жаркое лето пришло.
Где бы дерево мне найти,
В тени подышать прохладой?

ともしする
ほぐしのまつも
かへなくに
しかめあはせで
あかすなつのよ
ともしする
ほぐしのまつも
かへなくに
しかめあはせで
あかすなつのよ


夏のよは
しののこたけの
ふしちかみ
そよやほどなく
あくるなりけり
なつのよは
しののこたけの
ふしちかみ
そよやほどなく
あくるなりけり


なつの夜の
月みることや
なかるらん
かやりびたつる
しづのふせやは
なつのよの
つきみることや
なかるらん
かやりびたつる
しづのふせやは


つゆのちる
あしのわか葉に
月さえて
あきをあらそふ
なにはえのうら
つゆのちる
あしのわかはに
つきさえて
あきをあらそふ
なにはえのうら


むすびあぐる
いづみにすめる
月影は
てにもとられぬ
かがみなりけり
むすびあぐる
いづみにすめる
つきかげは
てにもとられぬ
かがみなりけり
Пригоршню воды зачерпнул.
Вижу в горном источнике
Сияющий круг луны,
Но тщетно тянутся руки
К неуловимому зеркалу.

むすぶてに
すずしきかげを
したふかな
しみづにやどる
なつのよの月
むすぶてに
すずしきかげを
したふかな
しみづにやどる
なつのよのつき


夏のよも
をざさがはらに
しもぞおく
月のひかりの
さえしわたれば
なつのよも
をざさがはらに
しもぞおく
つきのひかりの
さえしわたれば


山川の
いはにせかれて
ちる浪を
あられと見する
夏の夜の月
やまかはの
いはにせかれて
ちるなみを
あられとみする
なつのよのつき
В горном потоке
Сквозь преграды камней
Сыплются волны,
Словно град ледяной,
В сиянье летней луны.

かげさえて
月しもことに
すみぬれば
夏のいけにも
つららゐにけり
かげさえて
つきしもことに
すみぬれば
なつのいけにも
つららゐにけり


おのづから
月やどるべき
ひまもなく
いけにはちすの
花さきにけり
おのづから
つきやどるべき
ひまもなく
いけにはちすの
はなさきにけり


ゆふだちの
はるれば月ぞ
やどりける
たまゆりすうる
はすのうきはに
ゆふだちの
はるればつきぞ
やどりける
たまゆりすうる
はすのうきはに


まだきより
身にしむ風の
けしきかな
秋さきだつる
みやまべのさと
まだきより
みにしむかぜの
けしきかな
あきさきだつる
みやまべのさと


松風の
おとのみならず
いしばしる
水にも秋は
ありけるものを
まつかぜの
おとのみならず
いしばしる
みづにもあきは
ありけるものを
Шум сосновых вершин...
Не только в голосе ветра
Осень уже поселилась,
Но даже в плеске воды,
Бегущей по камням речным.

山ざとは
そとものまくず
はをしげみ
うらふきかへす
秋をまつかな
やまざとは
そとものまくず
はをしげみ
うらふきかへす
あきをまつかな
В горном селенье,
Там, где густеет плющ
На задворках хижин,
Листья гнутся изнанкой вверх..
Осени ждать недолго!

みそぎして
ぬさきりながす
河のせに
やがてあきめく
風ぞすずしき
みそぎして
ぬさきりながす
かはのせに
やがてあきめく
かぜぞすずしき


さまざまの
あはれをこめて
こずゑふく
風に秋しる
みやまべのさと
さまざまの
あはれをこめて
こずゑふく
かぜにあきしる
みやまべのさと
О многих горестях
Все говорит, не смолкая,
Ветер среди ветвей.
Узнали осень по голосу
Люди в горном селенье.

秋たつと
人はつげねど
しられけり
み山のすその
風のけしきに
あきたつと
ひとはつげねど
しられけり
みやまのすその
かぜのけしきに


秋たつと
おもふにそらも
ただならで
われてひかりを
わけん三か月
あきたつと
おもふにそらも
ただならで
われてひかりを
わけんみかつき
"Осень настала!" —
Даже небо при этих словах
Так необычно...
Уже чеканит лучи
Едва народившийся месяц...

つねよりも
秋になるをの
松風は
わきて身にしむ
ここちこそすれ
つねよりも
あきになるをの
まつかぜは
わきてみにしむ
ここちこそすれ


いそぎおきて
にはのこぐさの
つゆふまん
やさしきかずに
人やおもふと
いそぎおきて
にはのこぐさの
つゆふまん
やさしきかずに
ひとやおもふと


くれぬめり
けふまちつけて
たなばたは
うれしきにもや
つゆこぼるらん
くれぬめり
けふまちつけて
たなばたは
うれしきにもや
つゆこぼるらん


あまの川
けふのなぬかは
ながきよの
ためしにもひき
いみもしつべし
あまのかは
けふのなぬかは
ながきよの
ためしにもひき
いみもしつべし


船よする
あまの河辺の
ゆふ暮は
すずしき風や
ふきわたるらん
ふねよする
あまのかはべの
ゆふくれは
すずしきかぜや
ふきわたるらん


まちつけて
うれしかるらん
たなばたの
心のうちぞ
空にしらるる
まちつけて
うれしかるらん
たなばたの
こころのうちぞ
そらにしらるる


ささがにの
くもでにかけて
ひくいとや
けふたなばたに
かささぎのはし
ささがにの
くもでにかけて
ひくいとや
けふたなばたに
かささぎのはし


ゆふ露を
はらへばそでに
たまきえて
みちわけかぬる
をののはぎはら
ゆふつゆを
はらへばそでに
たまきえて
みちわけかぬる
をののはぎはら


すゑ葉ふく
風はのもせに
わたるとも
あらくはわけじ
はぎのしたつゆ
すゑはふく
かぜはのもせに
わたるとも
あらくはわけじ
はぎのしたつゆ


いとすすき
ぬはれてしかの
ふすのべに
ほころびやすき
ふぢばかまかな
いとすすき
ぬはれてしかの
ふすのべに
ほころびやすき
ふぢばかまかな


をらで行く
そでにも露ぞ
こぼれける
はぎのはしげき
のべのほそみち
をらでゆく
そでにもつゆぞ
こぼれける
はぎのはしげき
のべのほそみち


ほにいづる
みやまがすその
むらすすき
まがきにこめて
かこふ秋ぎり
ほにいづる
みやまがすその
むらすすき
まがきにこめて
かこふあきぎり


みだれさく
のべのはぎはら
わけくれて
露にも袖を
そめてけるかな
みだれさく
のべのはぎはら
わけくれて
つゆにもそでを
そめてけるかな


さきそはん
所の野べに
あらばやは
萩よりほかの
はなも見るべき
さきそはん
ところののべに
あらばやは
はぎよりほかの
はなもみるべき


わけている
にはしもやがて
のべなれば
萩のさかりを
わがものにみる
わけている
にはしもやがて
のべなれば
はぎのさかりを
わがものにみる


けふぞしる
そのえにあらふ
からにしき
はぎさくのべに
有りけるものを
けふぞしる
そのえにあらふ
からにしき
はぎさくのべに
ありけるものを


しげりゆきし
はらのした草
をばないでて
まねくはたれを
したふなるらん
しげりゆきし
はらのしたくさ
をばないでて
まねくはたれを
したふなるらん


はなすすき
こころあてにぞ
わけてゆく
ほのみしみちの
あとしなければ
はなすすき
こころあてにぞ
わけてゆく
ほのみしみちの
あとしなければ


まがきあれて
すすきならねど
かるかやも
しげきのべとも
成にけるものを
まがきあれて
すすきならねど
かるかやも
しげきのべとも
なりにけるものを


をみなへし
わけつるのべと
おもはばや
おなじつゆにし
ぬるとみてそは
をみなへし
わけつるのべと
おもはばや
おなじつゆにし
ぬるとみてそは


をみなへし
いろめくのべに
ふればはん
たもとにつゆや
こぼれかかると
をみなへし
いろめくのべに
ふればはん
たもとにつゆや
こぼれかかると


けさみれば
つゆのすがるに
をれふして
おきもあがらぬ
をみなへしかな
けさみれば
つゆのすがるに
をれふして
おきもあがらぬ
をみなへしかな


おほかたの
野べの露には
しをるれど
わがなみだなき
をみなへしかな
おほかたの
のべのつゆには
しをるれど
わがなみだなき
をみなへしかな


はながえに
露のしらたま
ぬきかけて
をる袖ぬらす
をみなへしかな
はながえに
つゆのしらたま
ぬきかけて
をるそでぬらす
をみなへしかな


をらぬより
そでぞぬれぬる
女郎花
露むすぼれて
たてるけしきに
をらぬより
そでぞぬれぬる
をみなへし
つゆむすぼれて
たてるけしきに


いけのおもに
かげをさやかに
うつしても
みづかがみ見る
をみなへしかな
いけのおもに
かげをさやかに
うつしても
みづかがみみる
をみなへしかな


たぐひなき
はなのすがたを
女郎花
いけのかがみに
うつしてぞみる
たぐひなき
はなのすがたを
をみなへし
いけのかがみに
うつしてぞみる


女郎花
いけのさなみに
えだひぢて
ものおもふそでの
ぬるるがほなる
をみなへし
いけのさなみに
えだひぢて
ものおもふそでの
ぬるるがほなる


おもふにも
すぎてあはれに
きこゆるは
荻のはみだる
あきのゆふ風
おもふにも
すぎてあはれに
きこゆるは
をぎのはみだる
あきのゆふかぜ


おしなべて
木草のすゑの
はらまでに
なびきて秋の
あはれ見えけり
おしなべて
きくさのすゑの
はらまでに
なびきてあきの
あはれみえけり


をしかふす
はぎさくのべの
夕露を
しばしもためぬ
をぎのうはかぜ
をしかふす
はぎさくのべの
ゆふつゆを
しばしもためぬ
をぎのうはかぜ


あたりまで
あはれしれとも
いひがほに
をぎのおとこす
あきの夕風
あたりまで
あはれしれとも
いひがほに
をぎのおとこす
あきのゆふかぜ


ふきわたす
風にあはれを
ひとしめて
いづくもすごき
秋の夕ぐれ
ふきわたす
かぜにあはれを
ひとしめて
いづくもすごき
あきのゆふぐれ


おぼつかな
秋はいかなる
ゆゑのあれば
すずろにものの
かなしかるらん
おぼつかな
あきはいかなる
ゆゑのあれば
すずろにものの
かなしかるらん


なにごとを
いかにおもふと
なけれども
たもとかわかぬ
秋のゆふぐれ
なにごとを
いかにおもふと
なけれども
たもとかわかぬ
あきのゆふぐれ


なにとなく
ものがなしくぞ
見えわたる
とばたのおもの
秋の夕ぐれ
なにとなく
ものがなしくぞ
みえわたる
とばたのおもの
あきのゆふぐれ


ねざめつつ
ながきよかなと
いはれのに
いくあきさても
わが身へぬらん
ねざめつつ
ながきよかなと
いはれのに
いくあきさても
わがみへぬらん


おほかたの
露にはなにの
なるならん
たもとにおくは
なみだなりけり
おほかたの
つゆにはなにの
なるならん
たもとにおくは
なみだなりけり


山ざとの
そとものをかの
たかき木に
そぞろがましき
あきぜみのこゑ
やまざとの
そとものをかの
たかききに
そぞろがましき
あきぜみのこゑ


たまにぬく
露はこぼれて
むさしのの
くさのはむすぶ
秋のはつかぜ
たまにぬく
つゆはこぼれて
むさしのの
くさのはむすぶ
あきのはつかぜ


ほにいでて
しののをすすき
まねくのに
たはれてたてる
をみなへしかな
ほにいでて
しののをすすき
まねくのに
たはれてたてる
をみなへしかな


はなをこそ
のべのものとは
見にきつれ
くるればむしの
ねをもききけり
はなをこそ
のべのものとは
みにきつれ
くるればむしの
ねをもききけり


をぎのはを
ふきずぎてゆく
風の音に
心みだるる
秋のゆふぐれ
をぎのはを
ふきずぎてゆく
かぜのねに
こころみだるる
あきのゆふぐれ
От звука ветра,
Что проносится сквозь
Листья оги
Душа в смятении
Этим осенним вечером.
Примерный перевод

はれやらぬ
みやまのきりの
たえだえに
ほのかにしかの
こゑきこゆなり
はれやらぬ
みやまのきりの
たえだえに
ほのかにしかの
こゑきこゆなり
Из разрывов тумана
Осеннего на прекрасных горах,
Что не проясняются,
Издалека слышится
Голос оленя.
Примерный перевод

かねてより
こずえのいろを
おもふかな
しぐれはじむる
みやまべのさと
かねてより
こずえのいろを
おもふかな
しぐれはじむる
みやまべのさと


しかのねを
かきねにこめて
きくのみか
つきもすみけり
あきの山ざと
しかのねを
かきねにこめて
きくのみか
つきもすみけり
あきのやまざと


いほにもる
月の影こそ
さびしけれ
やまだはひたの
おとばかりして
いほにもる
つきのかげこそ
さびしけれ
やまだはひたの
おとばかりして


わづかなる
にはのこ草の
しら露を
もとめてやどる
秋のよの月
わづかなる
にはのこくさの
しらつゆを
もとめてやどる
あきのよのつき


なにとかく
こころをさへは
つくすらん
わがなげきにて
くるるあきかは
なにとかく
こころをさへは
つくすらん
わがなげきにて
くるるあきかは


秋のよの
空にいづてふ
なのみして
かげほのかなる
ゆふづくよかな
あきのよの
そらにいづてふ
なのみして
かげほのかなる
ゆふづくよかな


あまのはら
つきたけのぼる
くもぢをば
わきても風の
ふきはらはなん
あまのはら
つきたけのぼる
くもぢをば
わきてもかぜの
ふきはらはなん


うれしとや
まつ人ごとに
おもふらん
山のはいづる
秋のよの月
うれしとや
まつひとごとに
おもふらん
やまのはいづる
あきのよのつき


なかなかに
心つくすも
くるしきに
くもらばいりね
秋の夜の月
なかなかに
こころつくすも
くるしきに
くもらばいりね
あきのよのつき


いかばかり
うれしからまし
秋のよの
月すむ空に
くもなかりせば
いかばかり
うれしからまし
あきのよの
つきすむそらに
くもなかりせば


はりまがた
なだのみおきに
こぎいでて
あたりおもはぬ
月をながめん
はりまがた
なだのみおきに
こぎいでて
あたりおもはぬ
つきをながめん


いざよはで
いづるは月の
うれしくて
いるやまのはは
つらきなりけり
いざよはで
いづるはつきの
うれしくて
いるやまのはは
つらきなりけり


水のおもに
やどる月さへ
いりぬるは
いけのそこにも
やまやあるらん
みづのおもに
やどるつきさへ
いりぬるは
いけのそこにも
やまやあるらん


したはるる
こころやゆくと
やまのはに
しばしないりそ
秋のよの月
したはるる
こころやゆくと
やまのはに
しばしないりそ
あきのよのつき


あくるまで
よひよりそらに
くもなくて
またこそかかる
月みざりつれ
あくるまで
よひよりそらに
くもなくて
またこそかかる
つきみざりつれ


あさぢはら
葉ずゑの露の
たまごとに
ひかりつらぬく
秋のよの月
あさぢはら
はずゑのつゆの
たまごとに
ひかりつらぬく
あきのよのつき


秋のよの
月をゆきかと
まがふれば
露もあられの
ここちこそすれ
あきのよの
つきをゆきかと
まがふれば
つゆもあられの
ここちこそすれ


月ならで
さしいるかげの
なきままに
くるるうれしき
秋の山ざと
つきならで
さしいるかげの
なきままに
くるるうれしき
あきのやまざと


きよみがた
月すむ空の
うきくもは
富士のたかねの
けぶりなりけり
きよみがた
つきすむそらの
うきくもは
ふじのたかねの
けぶりなりけり


みさびゐぬ
いけのおもての
きよければ
やどれる月も
めやすかりけり
みさびゐぬ
いけのおもての
きよければ
やどれるつきも
めやすかりけり


やどしもつ
月のひかりの
ををしさは
いかにいへども
ひろさはのいけ
やどしもつ
つきのひかりの
ををしさは
いかにいへども
ひろさはのいけ


いけにすむ
月にかかれる
うきくもは
はらひのこせる
みさびなりけり
いけにすむ
つきにかかれる
うきくもは
はらひのこせる
みさびなりけり


水なくて
こほりぞしたる
かつまたの
池あらたむる
秋のよの月
みづなくて
こほりぞしたる
かつまたの
いけあらたむる
あきのよのつき


きよみがた
おきのいはこす
しら波に
ひかりをかはす
秋のよの月
きよみがた
おきのいはこす
しらなみに
ひかりをかはす
あきのよのつき


なべてなほ
所のなをや
をしむらん
あかしはわきて
月のさやけき
なべてなほ
ところのなをや
をしむらん
あかしはわきて
つきのさやけき


なにはがた
月のひかりに
うらさえて
なみのおもてに
こほりをぞしく
なにはがた
つきのひかりに
うらさえて
なみのおもてに
こほりをぞしく


くまもなき
月のひかりに
さそはれて
いくくもゐまで
ゆく心ぞも
くまもなき
つきのひかりに
さそはれて
いくくもゐまで
ゆくこころぞも


たれきなん
月のひかりに
さそはれて
とおもふによはの
あけぬなるかな
たれきなん
つきのひかりに
さそはれて
とおもふによはの
あけぬなるかな


山のはを
いづるよひより
しるきかな
こよひしらする
秋のよの月
やまのはを
いづるよひより
しるきかな
こよひしらする
あきのよのつき


かぞへねど
こよひの月の
けしきにて
秋のなかばを
空にしるかな
かぞへねど
こよひのつきの
けしきにて
あきのなかばを
そらにしるかな


あまのがは
なにながれたる
かひありて
こよひの月は
ことにすみけり
あまのがは
なにながれたる
かひありて
こよひのつきは
ことにすみけり


さやかなる
かげにてしるし
秋の月
とよにあまれる
いつかなりけり
さやかなる
かげにてしるし
あきのつき
とよにあまれる
いつかなりけり


うちつけに
またこん秋の
こよひまで
月ゆゑをしく
なるいのちかな
うちつけに
またこんあきの
こよひまで
つきゆゑをしく
なるいのちかな


秋はただ
こよひひとよの
ななりけり
おなじくもゐに
月はすめども
あきはただ
こよひひとよの
ななりけり
おなじくもゐに
つきはすめども


おいもせぬ
十五のとしも
あるものを
こよひの月の
かからましかば
おいもせぬ
しふこのとしも
あるものを
こよひのつきの
かからましかば


月見れば
かげなくくもに
つつまれて
こよひならずば
やみに見えまし
つきみれば
かげなくくもに
つつまれて
こよひならずば
やみにみえまし


いりぬとや
あづまに人は
をしむらん
みやこにいづる
山のはの月
いりぬとや
あづまにひとは
をしむらん
みやこにいづる
やまのはのつき


まちいでて
くまなきよひの
月みれば
雲ぞ心に
まづかかりける
まちいでて
くまなきよひの
つきみれば
くもぞこころに
まづかかりける


秋風や
あまつ雲井を
はらふらん
ふけゆくままに
月のさやけき
あきかぜや
あまつくもゐを
はらふらん
ふけゆくままに
つきのさやけき


いづくとて
あはれならずは
なけれども
あれたるやどぞ
月はさびしき
いづくとて
あはれならずは
なけれども
あれたるやどぞ
つきはさびしき


よもぎわけて
あれたる庭の
月みれば
むかしすみけん
人ぞ恋しき
よもぎわけて
あれたるにはの
つきみれば
むかしすみけん
ひとぞこひしき


身にしみて
あはれしらする
風よりも
月にぞ秋の
いろはありける
みにしみて
あはれしらする
かぜよりも
つきにぞあきの
いろはありける


むしのねに
かれゆく野べの
草むらに
あはれをそへて
すめる月かげ
むしのねに
かれゆくのべの
くさむらに
あはれをそへて
すめるつきかげ


ひとも見ぬ
よしなき山の
すゑまでに
すむらん月の
かげをこそおもへ
ひともみぬ
よしなきやまの
すゑまでに
すむらんつきの
かげをこそおもへ


このまもる
有明の月を
ながむれば
さびしさそふる
みねのまつ風
このまもる
ありあけのつきを
ながむれば
さびしさそふる
みねのまつかぜ


いかにせん
かげをばそでに
やどせども
心のすめば
月のくもるを
いかにせん
かげをばそでに
やどせども
こころのすめば
つきのくもるを


くやしくも
しづのふせやと
おとしめて
月のもるをも
しらですぎける
くやしくも
しづのふせやと
おとしめて
つきのもるをも
しらですぎける


あばれたる
草の庵に
もる月を
袖にうつして
ながめつるかな
あばれたる
くさのいほりに
もるつきを
そでにうつして
ながめつるかな


月をみて
心うかれし
いにしへの
あきにもさらに
めぐりあひぬる
つきをみて
こころうかれし
いにしへの
あきにもさらに
めぐりあひぬる


なにごとも
かはりのみゆく
世の中に
おなじかげにて
すめる月かな
なにごとも
かはりのみゆく
よのなかに
おなじかげにて
すめるつきかな


夜もすがら
月こそ袖に
やどりけれ
むかしの秋を
おもひいづれば
よもすがら
つきこそそでに
やどりけれ
むかしのあきを
おもひいづれば


ながむれば
ほかのかげこそ
ゆかしけれ
かはらじものを
あきのよの月
ながむれば
ほかのかげこそ
ゆかしけれ
かはらじものを
あきのよのつき


ゆくへなく
月に心の
すみすみて
はてはいかにか
ならんとすらん
ゆくへなく
つきにこころの
すみすみて
はてはいかにか
ならんとすらん


月影の
かたぶく山を
ながめつつ
をしむしるしや
有明の空
つきかげの
かたぶくやまを
ながめつつ
をしむしるしや
ありあけのそら


ながむるも
まことしからぬ
心ちして
よにあまりたる
月の影かな
ながむるも
まことしからぬ
ここちして
よにあまりたる
つきのかげかな


ゆくすゑの
月をばしらず
すぎきつる
あきまたかかる
かげはなかりき
ゆくすゑの
つきをばしらず
すぎきつる
あきまたかかる
かげはなかりき


まこととも
たれかおもはん
ひとり見て
のちにこよひの
月をかたらば
まこととも
たれかおもはん
ひとりみて
のちにこよひの
つきをかたらば


月のため
ひるとおもふが
かひなきに
しばしくもりて
よるをしらせよ
つきのため
ひるとおもふが
かひなきに
しばしくもりて
よるをしらせよ


あまのはら
あさひやまより
いづればや
月のひかりの
ひるにまがへる
あまのはら
あさひやまより
いづればや
つきのひかりの
ひるにまがへる


有明の
月のころにし
なりぬれば
あきはよるなき
心ちこそすれ
ありあけの
つきのころにし
なりぬれば
あきはよるなき
ここちこそすれ


なかなかに
ときどきくもの
かかるこそ
月をもてなす
かざりなりけれ
なかなかに
ときどきくもの
かかるこそ
つきをもてなす
かざりなりけれ


雲はるる
あらしのおとは
松にあれや
月もみどりの
色にはえつつ
くもはるる
あらしのおとは
まつにあれや
つきもみどりの
いろにはえつつ


さだめなく
鳥やなくらん
あきのよの
月のひかりを
おもひまがへて
さだめなく
とりやなくらん
あきのよの
つきのひかりを
おもひまがへて


誰もみな
ことわりとこそ
さだむらめ
ひるをあらそふ
秋のよの月
たれもみな
ことわりとこそ
さだむらめ
ひるをあらそふ
あきのよのつき


かげさえて
まことに月の
あかきよは
心も空に
うかれてぞすむ
かげさえて
まことにつきの
あかきよは
こころもそらに
うかれてぞすむ


くまもなき
月のおもてに
とぶ雁の
かげをくもかと
まがへつるかな
くまもなき
つきのおもてに
とぶかりの
かげをくもかと
まがへつるかな


ながむれば
いなや心の
くるしきに
いたくなすみそ
秋のよの月
ながむれば
いなやこころの
くるしきに
いたくなすみそ
あきのよのつき


雲も見ゆ
風もふくれば
あらくなる
のどかなりつる
月のひかりを
くももみゆ
かぜもふくれば
あらくなる
のどかなりつる
つきのひかりを


もろともに
かげをならぶる
ひともあれや
月のもりくる
ささのいほりに
もろともに
かげをならぶる
ひともあれや
つきのもりくる
ささのいほりに


なかなかに
くもると見えて
はるるよの
月はひかりの
そふここちする
なかなかに
くもるとみえて
はるるよの
つきはひかりの
そふここちする


うき雲の
月のおもてに
かかれども
はやくすぐるは
うれしかりけり
うきくもの
つきのおもてに
かかれども
はやくすぐるは
うれしかりけり


すぎやらで
月ちかくゆく
うき雲の
ただよふみるは
わびしかりけり
すぎやらで
つきちかくゆく
うきくもの
ただよふみるは
わびしかりけり


いとへども
さすがにくもの
うちちりて
月のあたりを
はなれざりけり
いとへども
さすがにくもの
うちちりて
つきのあたりを
はなれざりけり


雲はらふ
あらしに月の
みがかれて
ひかりえてすむ
あきの空かな
くもはらふ
あらしにつきの
みがかれて
ひかりえてすむ
あきのそらかな


くまもなき
月のひかりを
ながむれば
まづをばすての
やまぞこひしき
くまもなき
つきのひかりを
ながむれば
まづをばすての
やまぞこひしき


月さゆる
あかしのせとに
風ふけば
こほりのうへに
たたむしらなみ
つきさゆる
あかしのせとに
かぜふけば
こほりのうへに
たたむしらなみ


あまのはら
おなじいはとを
いづれども
ひかりことなる
秋のよの月
あまのはら
おなじいはとを
いづれども
ひかりことなる
あきのよのつき


かぎりなく
なごりをしきは
秋のよの
月にともなふ
あけぼのの空
かぎりなく
なごりをしきは
あきのよの
つきにともなふ
あけぼののそら


こよひはと
心えがほに
すむ月の
ひかりもてなす
きくのしらつゆ
こよひはと
こころえがほに
すむつきの
ひかりもてなす
きくのしらつゆ


雲きえし
秋のなかばの
空よりも
月はこよひぞ
なにおへりける
くもきえし
あきのなかばの
そらよりも
つきはこよひぞ
なにおへりける


月みれば
あきくははれる
としはまた
あかぬ心も
空にぞありける
つきみれば
あきくははれる
としはまた
あかぬこころも
そらにぞありける


雲きゆる
なちのたかねに
月たけて
ひかりをぬける
たきのしらいと
くもきゆる
なちのたかねに
つきたけて
ひかりをぬける
たきのしらいと


いでながら
くもにかくるる
月かげを
かさねてまつや
ふたむらの山
いでながら
くもにかくるる
つきかげを
かさねてまつや
ふたむらのやま


秋のよの
いざよふ山の
はのみかは
雲のたえまも
またれやはせぬ
あきのよの
いざよふやまの
はのみかは
くものたえまも
またれやはせぬ


をしむよの
月にならひて
有明の
いらぬをまねく
はなすすきかな
をしむよの
つきにならひて
ありあけの
いらぬをまねく
はなすすきかな


はなすすき
月のひかりに
まがはまし
ふかきますほの
いろにそめずば
はなすすき
つきのひかりに
まがはまし
ふかきますほの
いろにそめずば


月すむと
をぎうゑざらん
やどならば
あはれすくなき
秋にやあらまし



月なくは
くるれはやどへ
やかへらまし
のべには花の
さかりなりとも
つきなくは
くるれはやどへ
やかへらまし
のべにははなの
さかりなりとも

く【る】れ
はなのころを
かげにうつせば
秋のよの
月も野もりの
かがみなりけり
はなのころを
かげにうつせば
あきのよの
つきものもりの
かがみなりけり


月の色を
はなにかさねて
をみなへし
うはものしたに
つゆをかけたる
つきのいろを
はなにかさねて
をみなへし
うはものしたに
つゆをかけたる


よひのまの
露にしをれて
女郎花
ありあけの月の
かげにたはるる
よひのまの
つゆにしをれて
をみなへし
ありあけのつきの
かげにたはるる


庭さゆる
月なりけりな
をみなへし
しもにあひぬる
はなとみたれば
にはさゆる
つきなりけりな
をみなへし
しもにあひぬる
はなとみたれば


月のすむ
あさぢにすだく
きりぎりす
露のおくにや
秋をしるらん
つきのすむ
あさぢにすだく
きりぎりす
つゆのおくにや
あきをしるらん


露ながら
こぼさでをらん
月かげに
こはぎがえだの
まつむしのこゑ
つゆながら
こぼさでをらん
つきかげに
こはぎがえだの
まつむしのこゑ


わがよとや
ふけゆく空を
おもふらん
こゑもやすまぬ
きりぎりすかな
わがよとや
ふけゆくそらを
おもふらん
こゑもやすまぬ
きりぎりすかな


夕露の
たましくをだの
いなむしろ
かぶすほずゑに
月ぞすみける
ゆふつゆの
たましくをだの
いなむしろ
かぶすほずゑに
つきぞすみける


たぐひなき
心ちこそすれ
秋のよの
月すむみねの
さをしかの声
たぐひなき
ここちこそすれ
あきのよの
つきすむみねの
さをしかのこゑ


このまもる
有あけの月の
さやけきに
紅葉をそへて
ながめつるかな
このまもる
ありあけのつきの
さやけきに
もみぢをそへて
ながめつるかな


たつた山
月すむみねの
かひぞなき
ふもとにきりの
はれぬかぎりは
たつたやま
つきすむみねの
かひぞなき
ふもとにきりの
はれぬかぎりは


いにしへを
なににつけてか
おもひいでん
月さへくもる
よならましかば
いにしへを
なににつけてか
おもひいでん
つきさへくもる
よならましかば


世の中の
うきをもしらで
すむ月の
かげはわが身の
ここちこそすれ
よのなかの
うきをもしらで
すむつきの
かげはわがみの
ここちこそすれ


よの中は
くもりはてぬる
月なれや
さりともとみし
かげもまたれず
よのなかは
くもりはてぬる
つきなれや
さりともとみし
かげもまたれず


いとふよも
月すむ秋に
なりぬれば
ながらへずばと
おもふなるかな
いとふよも
つきすむあきに
なりぬれば
ながらへずばと
おもふなるかな


さらぬだに
うかれてものを
おもふ身の
心をさそふ
あきのよの月
さらぬだに
うかれてものを
おもふみの
こころをさそふ
あきのよのつき


すてていにし
うきよに月の
すまであれな
さらば心の
とまらざらまし
すてていにし
うきよにつきの
すまであれな
さらばこころの
とまらざらまし


あながちに
山にのみすむ
こころかな
たれかは月の
いるををしまぬ
あながちに
やまにのみすむ
こころかな
たれかはつきの
いるををしまぬ


ふりさけし
人の心ぞ
しられぬる
こよひみかさの
月をながめて
ふりさけし
ひとのこころぞ
しられぬる
こよひみかさの
つきをながめて


ひるとみゆる
月にあくるを
しらましや
ときつくかねの
おとせざりせば
ひるとみゆる
つきにあくるを
しらましや
ときつくかねの
おとせざりせば


かたそぎの
ゆきあはぬまより
もる月や
さえてみそでの
霜におくらん
かたそぎの
ゆきあはぬまより
もるつきや
さえてみそでの
しもにおくらん


浪にやどる
月をみぎはに
ゆりよせて
かがみにかくる
すみよしのきし
なみにやどる
つきをみぎはに
ゆりよせて
かがみにかくる
すみよしのきし


あかずのみ
みやこにてみし
かげよりも
旅こそ月は
あはれなりけれ
あかずのみ
みやこにてみし
かげよりも
たびこそつきは
あはれなりけれ


見しままに
すがたもかげも
かはらねば
月ぞみやこの
かたみなりける
みしままに
すがたもかげも
かはらねば
つきぞみやこの
かたみなりける


月はなほ
よなよなごとに
やどるべし
わがむすびおく
くさのいほりに
つきはなほ
よなよなごとに
やどるべし
わがむすびおく
くさのいほりに


なみのおとを
心にかけて
あかすかな
とまもる月の
かげをともにて
なみのおとを
こころにかけて
あかすかな
とまもるつきの
かげをともにて


もろともに
たびなる空に
月もいでて
すめばやかげの
あはれなるらん
もろともに
たびなるそらに
つきもいでて
すめばやかげの
あはれなるらん


あはれしる
人見たらばと
おもふかな
たびねのとこに
やどる月影
あはれしる
ひとみたらばと
おもふかな
たびねのとこに
やどるつきかげ


月やどる
おなじうきねの
なみにしも
そでしをるべき
契り有りける
つきやどる
おなじうきねの
なみにしも
そでしをるべき
ちぎりありける


みやこにて
月をあはれと
おもひしは
かずよりほかの
すさびなりけり
みやこにて
つきをあはれと
おもひしは
かずよりほかの
すさびなりけり


おきかけて
やへのしほぢを
ゆくふねは
ほかにぞききし
はつかりの声
おきかけて
やへのしほぢを
ゆくふねは
ほかにぞききし
はつかりのこゑ


よこ雲の
風にわかるる
しののめに
やまとびこゆる
はつかりのこゑ
よこくもの
かぜにわかるる
しののめに
やまとびこゆる
はつかりのこゑ


からすばに
かくたまづさの
心ちして
雁なきわたる
夕やみの空
からすばに
かくたまづさの
ここちして
かりなきわたる
ゆふやみのそら


しら雲を
つばさにかけて
ゆく雁の
かどたのおもの
ともしたふなり
しらくもを
つばさにかけて
ゆくかりの
かどたのおもの
ともしたふなり


玉章の
つづきは見えで
雁がねの
こゑこそきりに
けたれざりけれ
たまづさの
つづきはみえで
かりがねの
こゑこそきりに
けたれざりけれ


空いろの
こなたをうらに
たつきりの
おもてにかりの
かけるたまづさ
そらいろの
こなたをうらに
たつきりの
おもてにかりの
かけるたまづさ


うづらなく
をりにしなれば
きりこめて
あはれさびしき
ふかくさのさと
うづらなく
をりにしなれば
きりこめて
あはれさびしき
ふかくさのさと


なごりおほき
むつごとつきて
かへりゆく
人をばきりも
立ちへだてけり
なごりおほき
むつごとつきて
かへりゆく
ひとをばきりも
たちへだてけり


たちこむる
きりのしたにも
うづもれて
心はれせぬ
みやまべのさと
たちこむる
きりのしたにも
うづもれて
こころはれせぬ
みやまべのさと


よをこめて
たけのあみどに
たつきりの
はればやがてや
あけんとすらん
よをこめて
たけのあみどに
たつきりの
はればやがてや
あけんとすらん


しだりさく
はぎのふるえに
風かけて
すかひすかひに
をしかなくなり
しだりさく
はぎのふるえに
かぜかけて
すかひすかひに
をしかなくなり


はぎがえの
つゆためずふく
秋風に
をしかなくなり
みやぎののはら
はぎがえの
つゆためずふく
あきかぜに
をしかなくなり
みやぎののはら


夜もすがら
つまこひかねて
なくしかの
なみだやのべの
露と成るらん
よもすがら
つまこひかねて
なくしかの
なみだやのべの
つゆとなるらん


さらぬだに
秋はもののみ
かなしきを
なみだもよほす
さをしかのこゑ
さらぬだに
あきはもののみ
かなしきを
なみだもよほす
さをしかのこゑ


やまおろしに
しかのねたぐふ
夕暮に
ものがなしとは
いふにや有るらん
やまおろしに
しかのねたぐふ
ゆふぐれに
ものがなしとは
いふにやあるらん


しかもわぶ
空のけしきも
しぐるめり
かなしかれとも
なれる秋かな
しかもわぶ
そらのけしきも
しぐるめり
かなしかれとも
なれるあきかな


なにとなく
すままほしくぞ
おもほゆる
しかあはれなる
秋の山ざと
なにとなく
すままほしくぞ
おもほゆる
しかあはれなる
あきのやまざと


をしかなく
をぐらの山の
すそちかみ
ただひとりすむ
我が心かな
をしかなく
をぐらのやまの
すそちかみ
ただひとりすむ
わがこころかな


よをのこす
ねざめに聞くぞ
あはれなる
ゆめののしかも
かくやなくらん
よをのこす
ねざめにきくぞ
あはれなる
ゆめののしかも
かくやなくらん


しのはらや
きりにまがひて
なく鹿の
声かすかなる
秋の夕ぐれ
しのはらや
きりにまがひて
なくしかの
こゑかすかなる
あきのゆふぐれ


となりゐぬ
はらのかりやに
あかすよは
しかあはれなる
ものにぞ有りける
となりゐぬ
はらのかりやに
あかすよは
しかあはれなる
ものにぞありける


をやまだの
庵ちかくなく
鹿の音に
おどろかされて
おどろかすかな
をやまだの
いほりちかくなく
しかのねに
おどろかされて
おどろかすかな


鹿のねを
きくにつけても
すむ人の
心しらるる
をのの山ざと
しかのねを
きくにつけても
すむひとの
こころしらるる
をののやまざと


ひとりねの
よさむになるに
かさねばや
たがためにうつ
ころもなるらん
ひとりねの
よさむになるに
かさねばや
たがためにうつ
ころもなるらん


さよ衣
いづくのさとに
うつならん
とほくきこゆる
つちのおとかな
さよころも
いづくのさとに
うつならん
とほくきこゆる
つちのおとかな


わけている
そでにあはれを
かけよとて
露けきにはに
むしさへぞなく
わけている
そでにあはれを
かけよとて
つゆけきにはに
むしさへぞなく


ゆふざれや
たまおく露の
こざさふに
声はつならす
きりぎりすかな
ゆふざれや
たまおくつゆの
こざさふに
こゑはつならす
きりぎりすかな


秋風に
ほずゑなみよる
かるかやの
したばにむしの
こゑみだるなり
あきかぜに
ほずゑなみよる
かるかやの
したばにむしの
こゑみだるなり


きりぎりす
なくなるのべは
よそなるを
おもはぬそでに
露のこぼるる
きりぎりす
なくなるのべは
よそなるを
おもはぬそでに
つゆのこぼるる


秋風の
ふけゆくのべの
むしのねに
はしたなきまで
めるるそでかな
あきかぜの
ふけゆくのべの
むしのねに
はしたなきまで
めるるそでかな


むしのねを
よそにおもひて
あかさねば
たもとも露は
のべにかはらじ
むしのねを
よそにおもひて
あかさねば
たもともつゆは
のべにかはらじ


野べになく
虫もやものは
かなしきに
こたへましかば
とひてきかまし
のべになく
むしもやものは
かなしきに
こたへましかば
とひてきかまし


秋のよを
ひとりやなきて
あかさまし
ともなふむしの
声なかりせば
あきのよを
ひとりやなきて
あかさまし
ともなふむしの
こゑなかりせば


秋のよに
こゑもやすまず
なく虫を
露まどろまで
ききあかすかな
あきのよに
こゑもやすまず
なくむしを
つゆまどろまで
ききあかすかな


秋の野の
をばなが袖に
まねかせて
いかなる人を
まつむしのこゑ
あきののの
をばながそでに
まねかせて
いかなるひとを
まつむしのこゑ


よもすがら
たもとに虫の
ねをかけて
はらひわづらふ
袖のしらつゆ
よもすがら
たもとにむしの
ねをかけて
はらひわづらふ
そでのしらつゆ


きりぎりす
夜さむになるを
つげがほに
まくらのもとに
きつつなくなり
きりぎりす
よさむになるを
つげがほに
まくらのもとに
きつつなくなり


虫の音を
よわりゆくかと
きくからに
心に秋の
ひかずをぞふる
むしのねを
よわりゆくかと
きくからに
こころにあきの
ひかずをぞふる


秋ふかみ
よわるはむしの
こゑのみか
きくわれとても
たのみやはある
あきふかみ
よわるはむしの
こゑのみか
きくわれとても
たのみやはある


むしの音に
つゆけかるべき
たもとかは
あやしやこころ
ものおもふべし
むしのねに
つゆけかるべき
たもとかは
あやしやこころ
ものおもふべし


ひとりねの
ともにはなれて
きりぎりす
なくねをきけば
もの思ひそふ
ひとりねの
ともにはなれて
きりぎりす
なくねをきけば
ものおもひそふ


草ふかみ
わけいりてとふ
人もあれや
ふりゆく跡の
すずむしのこゑ
くさふかみ
わけいりてとふ
ひともあれや
ふりゆくあとの
すずむしのこゑ


かべにおふる
こぐさにわぶる
きりぎりす
しぐるるにはの
つゆいとふべし
かべにおふる
こぐさにわぶる
きりぎりす
しぐるるにはの
つゆいとふべし


こはぎさく
山だのくろの
むしのねに
いほもる人や
袖ぬらすらん
こはぎさく
やまだのくろの
むしのねに
いほもるひとや
そでぬらすらん


うちすぐる
人なきみちの
ゆふざれは
こゑにておくる
くつわむしかな
うちすぐる
ひとなきみちの
ゆふざれは
こゑにておくる
くつわむしかな


ながむれば
袖にも露ぞ
こぼれける
そとものをだの
秋の夕ぐれ
ながむれば
そでにもつゆぞ
こぼれける
そとものをだの
あきのゆふぐれ


ふきすぐる
風さへことに
身にぞしむ
山田の庵の
あきの夕ぐれ
ふきすぐる
かぜさへことに
みにぞしむ
やまだのいほの
あきのゆふぐれ


君がすむ
やどのつぼをば
きくぞかざ
る仙のみやとや
いふべかるらん
きみがすむ
やどのつぼをば
きくぞかざ
る仙のみやとや
いふべかるらん


いくあきに
われあひぬらん
ながつきの
ここぬかにつむ
やへのしらぎく
いくあきに
われあひぬらん
ながつきの
ここぬかにつむ
やへのしらぎく


秋ふかみ
ならぶはななき
菊なれば
ところをしもの
おけとこそおもへ
あきふかみ
ならぶはななき
きくなれば
ところをしもの
おけとこそおもへ


ませなくば
なにをしるしに
思はまし
月にまがよふ
しら菊の花
ませなくば
なにをしるしに
おもはまし
つきにまがよふ
しらきくのはな


こころなき
身にもあはれは
しられけり
しぎたつさはの
秋の夕ぐれ
こころなき
みにもあはれは
しられけり
しぎたつさはの
あきのゆふぐれ


立よりてと
なりとふべきか
きにそひて
ひまなくはへる
やへむぐらかな
たよりてと
なりとふべきか
きにそひて
ひまなくはへる
やへむぐらかな


いつよりか
もみぢの色は
そむべきと
しぐれにくもる
そらにとはばや
いつよりか
もみぢのいろは
そむべきと
しぐれにくもる
そらにとはばや


いとか山
しぐれに色を
そめさせて
かつがつおれる
にしきなりけり
いとかやま
しぐれにいろを
そめさせて
かつがつおれる
にしきなりけり


そめてけり
紅葉のにろの
くれなゐを
しぐると見えし
みやまべのさと
そめてけり
もみぢのにろの
くれなゐを
しぐるとみえし
みやまべのさと


さらぬだに
こゑよわかりし
まつむしの
秋のすゑには
ききもわかれず
さらぬだに
こゑよわかりし
まつむしの
あきのすゑには
ききもわかれず


こずゑあれば
かれゆくのべは
いかがせん
むしのねのこせ
秋のやまざと
こずゑあれば
かれゆくのべは
いかがせん
むしのねのこせ
あきのやまざと


さまざまの
にしきありける
深山かな
はなみしみねを
しぐれそめつつ
さまざまの
にしきありける
みやまかな
はなみしみねを
しぐれそめつつ


かぎりあれば
いかがは色の
まさるべき
あかずしぐるる
をぐらやまかな
かぎりあれば
いかがはいろの
まさるべき
あかずしぐるる
をぐらやまかな


もみぢばの
ちらでしぐれの
ひかずへば
いかばかりなる
色にはあらまし
もみぢばの
ちらでしぐれの
ひかずへば
いかばかりなる
いろにはあらまし


にしきはる
秋のこずゑを
見せぬかな
へだつる霧の
やみをつくりて
にしきはる
あきのこずゑを
みせぬかな
へだつるきりの
やみをつくりて


おもはずに
よしあるしづの
すみかかな
つたのもみぢを
軒にははせて
おもはずに
よしあるしづの
すみかかな
つたのもみぢを
のきにははせて


ときはなる
まつのみどりに
神さびて
もみぢぞ秋は
あけのたまがき
ときはなる
まつのみどりに
かみさびて
もみぢぞあきは
あけのたまがき


もみぢちる
のばらをわけて
ゆく人は
はなならぬまた
にしききるべし
もみぢちる
のばらをわけて
ゆくひとは
はなならぬまた
にしききるべし


おほゐ何
ゐせきによどむ
みづの色に
あきふかくなる
ほどぞしらるる
おほゐなに
ゐせきによどむ
みづのいろに
あきふかくなる
ほどぞしらるる


小倉山
ふもとに秋の
色はあれや
こずゑのにしき
かぜにたたれて
をぐらやま
ふもとにあきの
いろはあれや
こずゑのにしき
かぜにたたれて


わがものと
あきのこずゑを
おもふかな
をぐらのさとに
いへゐせしより
わがものと
あきのこずゑを
おもふかな
をぐらのさとに
いへゐせしより


山ざとは
秋のすゑにぞ
おもひしる
かなしかりけり
こがらしのかぜ
やまざとは
あきのすゑにぞ
おもひしる
かなしかりけり
こがらしのかぜ


くれはつる
秋のかたみに
しばしみん
もみぢちらすな
こがらしのかぜ
くれはつる
あきのかたみに
しばしみん
もみぢちらすな
こがらしのかぜ


秋くるる
月なみわくる
やまがつの
心うらやむ
けふのゆふぐれ
あきくるる
つきなみわくる
やまがつの
こころうらやむ
けふのゆふぐれ


をしめども
かねのおとさへ
かはるかな
しもにやつゆを
むすびかふらん
をしめども
かねのおとさへ
かはるかな
しもにやつゆを
むすびかふらん


夜もすがら
をしげなくふく
あらしかな
わざとしぐれの
そむるこずゑを
よもすがら
をしげなくふく
あらしかな
わざとしぐれの
そむるこずゑを


ねざめする
人のこころを
わびしめて
しぐるるをとは
かなしかりけり
ねざめする
ひとのこころを
わびしめて
しぐるるをとは
かなしかりけり


しもうづむ
むぐらがしたの
きりぎりす
あるかなきかの
こゑきこゆなり
しもうづむ
むぐらがしたの
きりぎりす
あるかなきかの
こゑきこゆなり


みちもなし
やどはこのはに
うづもれて
まだきせさする
ふゆごもりかな
みちもなし
やどはこのはに
うづもれて
まだきせさする
ふゆごもりかな


このはちれば
月に心ぞ
あらはるる
みやまがくれに
すまんとおもふに
このはちれば
つきにこころぞ
あらはるる
みやまがくれに
すまんとおもふに


時雨かと
ねざめのとこに
きこゆるは
嵐にたへぬ
このはなりけり
しぐれかと
ねざめのとこに
きこゆるは
あらしにたへぬ
このはなりけり


たつたひめ
そめし木ずゑの
ちるをりは
くれなゐあらふ
やまがはの水
たつたひめ
そめしきずゑの
ちるをりは
くれなゐあらふ
やまがはのみづ


あらしはく
にはのこのはの
をしきかな
まことのちりに
成りぬとおもへば
あらしはく
にはのこのはの
をしきかな
まことのちりに
なりぬとおもへば


山おろしの
月にこのはを
ふきかけて
ひかりにまがふ
かげを見るかな
やまおろしの
つきにこのはを
ふきかけて
ひかりにまがふ
かげをみるかな


こがらしに
みねの木のはや
たぐふらん
むらごに見ゆる
滝のしらいと
こがらしに
みねのこのはや
たぐふらん
むらごにみゆる
たきのしらいと


やどかこふ
ははそのしばの
時雨さへ
したひてそむる
はつしぐれかな
やどかこふ
ははそのしばの
しぐれさへ
したひてそむる
はつしぐれかな


おのづから
おとする人ぞ
なかりける
やまめぐりする
時雨ならでは
おのづから
おとするひとぞ
なかりける
やまめぐりする
しぐれならでは


あづまやの
あまりにもふる
時雨かな
たれかはしらぬ
かみなづきとは
あづまやの
あまりにもふる
しぐれかな
たれかはしらぬ
かみなづきとは


もみぢよる
あじろのぬのの
色そめて
ひをくくりとは
見えぬなりけり
もみぢよる
あじろのぬのの
いろそめて
ひをくくりとは
みえぬなりけり


かきこめし
すそののすすき
しもがれて
さびしさまさる
しばのいほかな
かきこめし
すそののすすき
しもがれて
さびしさまさる
しばのいほかな


さまざまに
花さきけりと
見しのべの
おなじいろにも
しもがれにける
さまざまに
はなさきけりと
みしのべの
おなじいろにも
しもがれにける


わけかねし
そでに露をば
とどめおきて
しもにくちぬる
まののはぎはら
わけかねし
そでにつゆをば
とどめおきて
しもにくちぬる
まののはぎはら


霜かづく
かれのの草の
さびしきに
いづくは人の
こころとむらん
しもかづく
かれののくさの
さびしきに
いづくはひとの
こころとむらん


しもがれて
もろくくだくる
おぎのはを
あらくわくなる
かぜのおとかな
しもがれて
もろくくだくる
おぎのはを
あらくわくなる
かぜのおとかな


なにはえの
みぎはのあしに
しもさえて
うら風さむき
あさぼらけかな
なにはえの
みぎはのあしに
しもさえて
うらかぜさむき
あさぼらけかな


たまかけし
はなのすがたも
おとろへて
しもをいただく
をみなへしかな
たまかけし
はなのすがたも
おとろへて
しもをいただく
をみなへしかな


山ざくら
はつゆきふれば
さきにけり
よしのはさとに
ふゆごもれども
やまざくら
はつゆきふれば
さきにけり
よしのはさとに
ふゆごもれども


さびしさに
たへたる人の
またもあれな
いほりならべん
冬の山ざと
さびしさに
たへたるひとの
またもあれな
いほりならべん
ふゆのやまざと


しもにあひて
いろあらたむる
あしのほの
さびしく見ゆる
なにはえのうら
しもにあひて
いろあらたむる
あしのほの
さびしくみゆる
なにはえのうら


たままきし
かきねのまくず
霜がれて
さびしく見ゆる
冬の山ざと
たままきし
かきねのまくず
しもがれて
さびしくみゆる
ふゆのやまざと


旅ねする
くさのまくらに
しもさえて
あり明の月の
かげぞまたるる
たびねする
くさのまくらに
しもさえて
ありあけのつきの
かげぞまたるる


ふゆがれの
すさまじげなる
やまざとに
月のすむこそ
あはれなりけれ
ふゆがれの
すさまじげなる
やまざとに
つきのすむこそ
あはれなりけれ


月いづる
みねのこのはも
ちりはてて
ふもとのさとは
うれしかるらん
つきいづる
みねのこのはも
ちりはてて
ふもとのさとは
うれしかるらん


はなにおく
つゆにやどりし
かげよりも
かれのの月は
あはれなりけり
はなにおく
つゆにやどりし
かげよりも
かれののつきは
あはれなりけり


こほりしく
ぬまのあしはら
風さえて
月もひかりぞ
さびしかりける
こほりしく
ぬまのあしはら
かぜさえて
つきもひかりぞ
さびしかりける


霜さゆる
庭の木のはを
ふみわけて
月は見るやと
とふ人もがな
しもさゆる
にはのこのはを
ふみわけて
つきはみるやと
とふひともがな


さゆと見えて
冬ふかくなる
月影は
みづなき庭に
こほりをぞしく
さゆとみえて
ふゆふかくなる
つきかげは
みづなきにはに
こほりをぞしく


あはせつる
こゐのはしたか
そばえかし
いぬかひ人の
こゑしきりなり
あはせつる
こゐのはしたか
そばえかし
いぬかひひとの
こゑしきりなり


かきくらす
雪にきぎすは
見えねども
はおとにすずを
くはへてぞやる
かきくらす
ゆきにきぎすは
みえねども
はおとにすずを
くはへてぞやる


ふる雪に
とだちも見えず
うづもれて
とりどころなき
みかりのの原
ふるゆきに
とだちもみえず
うづもれて
とりどころなき
みかりののはら


このまもる
月のかげとも
見ゆるかな
はだらにふれる
庭のしらゆき
このまもる
つきのかげとも
みゆるかな
はだらにふれる
にはのしらゆき


たちのぼる
朝日の影の
さすままに
都の雪は
きえみきえずみ
たちのぼる
あさひのかげの
さすままに
みやこのゆきは
きえみきえずみ


かれはつる
かやがうはばに
ふる雪は
さらにをばなの
ここちこそすれ
かれはつる
かやがうはばに
ふるゆきは
さらにをばなの
ここちこそすれ


たゆみつつ
そりのはやをも
つけなくに
つもりにけりな
こしのしらゆき
たゆみつつ
そりのはやをも
つけなくに
つもりにけりな
こしのしらゆき


ふる雪に
しをりししばも
うづもれて
おもはぬやまに
冬ごもりぬる
ふるゆきに
しをりししばも
うづもれて
おもはぬやまに
ふゆごもりぬる


雪ふかく
うづみてけりな
きみくやと
もみぢのにしき
しきし山ぢを
ゆきふかく
うづみてけりな
きみくやと
もみぢのにしき
しきしやまぢを


わがやどに
庭よりほかの
みちもがな
とひこん人の
あとつけでみん
わがやどに
にはよりほかの
みちもがな
とひこんひとの
あとつけでみん


人こばと
おもひて雪を
みる程に
しかあとつくる
こともありけり
ひとこばと
おもひてゆきを
みるほどに
しかあとつくる
こともありけり


あととむる
こまのゆくへは
さもあらば
あれうれしく君に
ゆきにあひぬる
あととむる
こまのゆくへは
さもあらば
あれうれしくきみに
ゆきにあひぬる


雪うづむ
そののくれ竹
をれふして
ねぐらもとむる
むらすずめかな
ゆきうづむ
そののくれたけ
をれふして
ねぐらもとむる
むらすずめかな


うらがへす
をみのころもと
見ゆるかな
たけのうれはに
ふれるしらゆき
うらがへす
をみのころもと
みゆるかな
たけのうれはに
ふれるしらゆき


たまがきは
あけもみどりも
うづもれて
ゆきおもしろき
まつのをの山
たまがきは
あけもみどりも
うづもれて
ゆきおもしろき
まつのをのやま


なにとなく
くるるしづりの
おとまでも
雪あはれなる
ふかくさのさと
なにとなく
くるるしづりの
おとまでも
ゆきあはれなる
ふかくさのさと


雪ふれば
のぢも山ぢも
うづもれて
をちこちしらぬ
たびのそらかな
ゆきふれば
のぢもやまぢも
うづもれて
をちこちしらぬ
たびのそらかな


あをねやま
こけのむしろの
上にしく
雪はしらねの
ここちこそすれ
あをねやま
こけのむしろの
うへにしく
ゆきはしらねの
ここちこそすれ


うの花の
ここちこそすれ
山ざとの
かきねのしばを
うづむしらゆき
うのはなの
ここちこそすれ
やまざとの
かきねのしばを
うづむしらゆき


をりならぬ
めぐりのかきの
うの花を
うれしく雪の
さかせつるかな
をりならぬ
めぐりのかきの
うのはなを
うれしくゆきの
さかせつるかな


とへなきみ
ゆふぐれになる
にはの雪を
あとなきよりは
あはれならまし
とへなきみ
ゆふぐれになる
にはのゆきを
あとなきよりは
あはれならまし


せとわたる
たななしをぶね
こころせよ
あられみだるる
しまきよこぎる
せとわたる
たななしをぶね
こころせよ
あられみだるる
しまきよこぎる


杣人の
まきのかりやの
あだぶしに
おとするものは
あられなりけり
そまびとの
まきのかりやの
あだぶしに
おとするものは
あられなりけり

лесоруб
ただはおちで
えだをつたへる
あられかな
つぼめる花の
ちるここちして
ただはおちで
えだをつたへる
あられかな
つぼめるはなの
ちるここちして


かぎりあらん
くもこそあらめ
すみがまの
けぶりに月の
すすけぬるかな
かぎりあらん
くもこそあらめ
すみがまの
けぶりにつきの
すすけぬるかな


あはぢ島
いそわの千鳥
こゑしげみ
せとのしほかぜ
さえわたるよは
あはぢしま
いそわのちとり
こゑしげみ
せとのしほかぜ
さえわたるよは


あはぢ島
せとのしほひの
ゆふぐれに
すまよりかよふ
ちどりなくなり
あはぢしま
せとのしほひの
ゆふぐれに
すまよりかよふ
ちどりなくなり


しもさえて
汀ふけゆく
うらかぜを
おもひしりげに
なくちどりかな
しもさえて
みぎはふけゆく
うらかぜを
おもひしりげに
なくちどりかな


さゆれども
こころやすくぞ
ききあかす
かはせの千鳥
ともぐしてけり
さゆれども
こころやすくぞ
ききあかす
かはせのちとり
ともぐしてけり


やせわたる
みなとのかぜに
月ふけて
しほひるかたに
千鳥なくなり
やせわたる
みなとのかぜに
つきふけて
しほひるかたに
ちとりなくなり


千鳥なく
ゑじまのうらに
すむ月を
なみにうつして
見るこよひかな
ちとりなく
ゑじまのうらに
すむつきを
なみにうつして
みるこよひかな


いはまゆく
このはわけこし
山水を
つゆもらさぬは
こほりなりけり
いはまゆく
このはわけこし
やまみづを
つゆもらさぬは
こほりなりけり


みなかみに
水や氷を
むすぶらん
くるとも見えぬ
滝のしらいと
みなかみに
みづやこほりを
むすぶらん
くるともみえぬ
たきのしらいと


こほりわる
いかだのさをの
たゆければ
もちやこさまし
ほづの山ごえ
こほりわる
いかだのさをの
たゆければ
もちやこさまし
ほづのやまごえ


はなもかれ
もみぢもちらぬ
山ざとは
さびしさをまた
とふ人もがな
はなもかれ
もみぢもちらぬ
やまざとは
さびしさをまた
とふひともがな


ひとりすむ
かた山かげの
ともなれや
あらしにはるる
冬のやまざと
ひとりすむ
かたやまかげの
ともなれや
あらしにはるる
ふゆのやまざと


つのくにの
あしのまろやの
さびしさは
冬こそわけて
とふべかりけれ
つのくにの
あしのまろやの
さびしさは
ふゆこそわけて
とふべかりけれ


さゆる夜は
よそのそらにぞ
をしもなく
こほりにけりな
こやの池みづ
さゆるよは
よそのそらにぞ
をしもなく
こほりにけりな
こやのいけみづ
Ночью холодает,
И в далёком небе звучит
Крик осидори,
Не замерзай же,
Вода в пруду Коя!
Примерный перевод

よもすがら
あらしの山に
風さえて
おほ井のよどに
こほりをぞしく
よもすがら
あらしのやまに
かぜさえて
おほゐのよどに
こほりをぞしく


さえわたる
うらかぜいかに
さむからん
ちどりむれゐる
ゆふさきの浦
さえわたる
うらかぜいかに
さむからん
ちどりむれゐる
ゆふさきのうら
Холодящий ветер
Из бухты станет
Ещё более холодным.
Стаи тидори
В бухте Юсаки.
Примерный перевод

山ざとは
しぐれしころの
さびしさに
あらしのおとは
ややまさりけり
やまざとは
しぐれしころの
さびしさに
あらしのおとは
ややまさりけり


かぜさえて
よすればやがて
こほりつつ
かへるなみなき
しがのからさき
かぜさえて
よすればやがて
こほりつつ
かへるなみなき
しがのからさき


よしの山
ふもとにふらぬ
雪ならば
はなかとみてや
たづねいらまし
よしのやま
ふもとにふらぬ
ゆきならば
はなかとみてや
たづねいらまし


やまごとに
さびしからじと
はげむべし
けぶりこめたり
をののやまざと
やまごとに
さびしからじと
はげむべし
けぶりこめたり
をののやまざと


山ざくら
おもひよそへて
ながむれば
木ごとのはなは
ゆきまさりけり
やまざくら
おもひよそへて
ながむれば
きごとのはなは
ゆきまさりけり


ふりうづむ
雪をともにて
春きては
日をおくるべき
み山べの里
ふりうづむ
ゆきをともにて
はるきては
ひをおくるべき
みやまべのさと


とふ人は
はつ雪をこそ
わけこしか
みちとぢてけり
みやまべのさと
とふひとは
はつゆきをこそ
わけこしか
みちとぢてけり
みやまべのさと


としのうちは
とふ人さらに
あらじかし
雪も山ぢも
ふかきすみかを
としのうちは
とふひとさらに
あらじかし
ゆきもやまぢも
ふかきすみかを