さ夜ふけて
蘆の末越す
浦風に
あはれうち添ふ
波の音かな
さよふけて
あしのすゑこす
うらかぜに
あはれうちそふ
なみのおとかな
Темнеет... Скоро ночь. И слышен
Шум ветра в тростниках.
С этими звуками сливается
Гул набегающей волны.
Печаль на сердце...
* Тэннодзи — один из наиболее известных буддийских храмов. Находится в г. Осака.
面影の
忘れぬ人に
よそへつつ
入るをぞしたふ
秋の夜の月
おもかげの
わすれぬひとに
よそへつつ
いるをぞしたふ
あきのよのつき
Смотрела я на заходящую
Осеннюю луну,
В ней виделся мне облик твой,
И потому так жаль было
С ней расставаться!

よろづ代を
ふるにかひある
宿なれば
みゆきと見えて
花ぞ散りける
よろづよを
ふるにかひある
やどなれば
みゆきとみえて
はなぞちりける
Хочу, чтобы навечно сохранились
Этот дворец и сад,
Где ныне осыпаются,
Как снег,
С цветущих вишен лепестки!

紫の
雲の林を
見わたせば
法にあふちの
花咲きにけり
むらさきの
くものはやしを
みわたせば
のりにあふちの
はなさきにけり
Обвела я взором
Лес в пурпурных облаках
И увидела деревья в дивных цветах,
Они — словно приветствовали
Учение Будды.

ここのへに
やへ山ふきを
うつしては
ゐてのかはつの
心をそくむ
ここのへに
やへやまふきを
うつしては
ゐてのかはつの
こころをそくむ


たなはたの
あまのはころも
かさねても
あかぬ契や
なほむすふらん
たなはたの
あまのはころも
かさねても
あかぬちきりや
なほむすふらむ


みむろやま
おろすあらしの
さひしきに
つまとふしかの
声たくふなり
みむろやま
おろすあらしの
さひしきに
つまとふしかの
こゑたくふなり


ふりはへて
人もとひこぬ
山さとは
時雨はかりそ
すきかてにする
ふりはへて
ひともとひこぬ
やまさとは
しくれはかりそ
すきかてにする


行すゑを
まつそひさしき
君かへん
千よのはしめの
子日とおもへは
ゆくすゑを
まつそひさしき
きみかへむ
ちよのはしめの
ねのひとおもへは


またしらぬ
人をはしめて
こふるかな
おもふ心よ
みちしるへせよ
またしらぬ
ひとをはしめて
こふるかな
おもふこころよ
みちしるへせよ


山さとの
しはをりをりに
たつ煙
人まれなりと
そらにしるかな
やまさとの
しはをりをりに
たつけふり
ひとまれなりと
そらにしるかな


谷川の
流れし清く
澄みぬれば
くまなき月の
影も浮かびぬ
たにかはの
ながれしきよく
すみぬれば
くまなきつきの
かげもうきかびぬ
Течет по ущелью поток
С чистой прозрачной водою,
И плывет по нему
Луна, что взошла
На безоблачном небе.

來ぬ人を
まちかね山の
喚子鳥
おなじ心に
あはれとぞきく
こぬひとを
まちかねやまの
よぶこどり
おなじこころに
あはれとぞきく


筑波山
ふかく嬉しと
思ふかな
濱名の橋に
わたすこゝろを
つくばやま
ふかくうれしと
おもふかな
はまなのはしに
わたすこころを


氷柱ゐし
ほそ谷川の
とけゆくは
水上よりや
春はたつらむ
つららゐし
ほそたにかはの
とけゆくは
みなかみよりや
はるはたつらむ
Начала таять
Узкая горная река,
Где были сосульки...
Не над водой ли
Началась весна?

月をみて
思ふ心の
儘ならば
行へもしらず
あくがれなまし
つきをみて
おもふこころの
ままならば
ゆくへもしらず
あくがれなまし


白露と
人はいへども
野べみれば
おく花毎に
色ぞかはれる
しらつゆと
ひとはいへども
のべみれば
おくはなごとに
いろぞかはれる
Пусть кругом говорили,
Что белая роса,
Но глянул у поля:
На каждом цветке, куда пала,
Цвет изменился...

氷魚のよる
川瀬にみゆる
網代木は
たつ白浪の
上にや有覽
ひをのよる
かはせにみゆる
あじろぎは
たつしらなみの
うへにやあるらん
Рыбные верши,
К которым на речных отмелях
Приближаются рыбки хио,
Неужели они стоят
Над встающими белыми волнами?

道もなく
つもれる雪に
跡たえて
古里いかに
寂しかるらむ
みちもなく
つもれるゆきに
あとたえて
ふるさといかに
さひしかるらむ
И нет пути уже
По выпавшему снегу,
И следы пропали
Ведущие к родному краю,
Как же там, должно быть, одиноко!

いつとなく
風ふく空に
たつ塵の
數も志られぬ
君が御代哉
いつとなく
かぜふくそらに
たつちりの
かずもしられぬ
きみがみよかな


思ひやれ
とはで日をふる
五月雨に
獨やどもる
そでの雫を
おもひやれ
とはでひをふる
さみだれに
ひとりやどもる
そでのしずくを
О чувствах своих
Не говоря, дни провожу,
Идущего летнего дождя
В мой приют одинокий
Просочились капли на рукав.

芦ぶきの
こや忘らるゝ
つまならむ
久しく人の
音信もせぬ
あしぶきの
こやわすらるる
つまならむ
ひさしくひとの
おとずれもせぬ
Давно вестей
Не подавал уж тот,
Кто в жёны собирался взять,
Чтобы забыла я про крышу,
Тростником укрытую.

教へおきて
入りにし月の
微りせば
爭で心を
西にかけまし
おしへおきて
いりにしつきの
??りせば
いかでこころを
にしにかけまし

??
いつしかと
けふ降りそむる
春雨に
色づき渡る
野べの若草
いつしかと
けふふりそむる
はるさめに
いろづきわたる
のべのわかくさ


秋の夜を
明かしかねては
曉の
露とおきゐて
ぬるゝ袖かな
あきのよを
あかしかねては
あかつきの
つゆとおきゐて
ぬるるそでかな


教へおきて
入にし月の
無りせば
西に心を
いかでかけまし
おしへおきて
いりにしつきの
なかりせば
にしにこころを
いかでかけまし


春の夜は
梢に宿る
月の色を
花にまがへて
あかず見るかな
はるのよは
こずゑにやどる
つきのいろを
はなにまがへて
あかずみるかな
Весенняя ночь,
С цветами сакуры смешался
Свет луны,
Что обрела приют в ветвях.
И не могу налюбоваться!

立ちかくす
霞ぞつらき
山櫻
かぜだにのこす
春のかたみを
たちかくす
かすみぞつらき
やまさくら
かぜだにのこす
はるのかたみを