庭に生ふる
ゆふかげ草の
下露や
暮れを待つまの
涙なるらむ
にはにおふる
ゆふかげくさの
したつゆや
くれをまつまの
なみだなるらむ
Роса,
Покрывшая траву в саду
Вечернею порой, —
Не слезы ли,
Что в ожидании тебя я проливала?

秋の夜の
月に心を
なぐさめて
憂き世に年の
積もりぬるかな
あきのよの
つきにこころを
なぐさめて
うきよにとしの
つもりぬるかな
Пока осеннею луной любуясь,
Я душу утешал,
Все множились и множились
Мои года
В печальном этом мире.

住吉の
浜松が枝に
風吹けば
波のしらゆふ
かけぬまぞなき
すみよしの
はままつがえに
かぜふけば
なみのしらゆふ
かけぬまぞなき
На берегу Сумиёси
Ветер в соснах шумит
И, словно волокна конопляные,
Белые волны
Набегают одна за другой.

ふたこゑと
きかてややまむ
時鳥
まつにねぬ夜の
かすはつもりて
ふたこゑと
きかてややまむ
ほとときす
まつにねぬよの
かすはつもりて


夕されは
玉ゐるかすも
みえねとも
せきのを川の
おとそすすしき
ゆふされは
たまゐるかすも
みえねとも
せきのをかはの
おとそすすしき


ふみしたき
あさゆくしかや
すきつらむ
しとろにみゆる
野ちのかるかや
ふみしたき
あさゆくしかや
すきつらむ
しとろにみゆる
のちのかるかや


秋のよや
あまのかはせは
こほるらむ
月のひかりの
さえまさるかな
あきのよや
あまのかはせは
こほるらむ
つきのひかりの
さえまさるかな
Осенней ночью ли
На небессной реке мелководья
Замёрзли!
Свет лунный
Всё больше и больше холодеет.

恋ひわひぬ
ちぬのますらを
ならなくに
いくたの川に
みをやなけまし
こひわひぬ
ちぬのますらを
ならなくに
いくたのかはに
みをやなけまし


うつらなく
しつやにおふる
玉こすけ
かりにのみきて
かへる君かな
うつらなく
しつやにおふる
たまこすけ
かりにのみきて
かへるきみかな


かへり來む
程をも志らで
悲しきは
よを長月の
別なりけり
かへりこむ
ほどをもしらで
かなしきは
よをながつきの
わかれなりけり


我戀は
逢初めてこそ
増りけれ
しかまのかちの
色ならね共
わがこひは
あひそめてこそ
まさりけれ
しかまのかちの
いろならねとも


君が代は
いく萬代か
かさぬべき
いつぬき川の
つるの毛衣
きみがよは
いくよろづよか
かさぬべき
いつぬきかはの
つるのげころも


戀わびて
おさふる袖や
流れ出づる
涙の川の
井堰なるらむ
こひわびて
おさふるそでや
ながれいづる
なみだのかはの
ゐせきなるらむ
Когда печалился я от любви,
Не то ли, что ты мне махала рукавом,
На выливающейся
Слёз реке
Запрудой стало?..

三笠山
おひそふ松を
君が代の
千世のためしと
神や見る覽
みかさやま
おひそふまつを
きみがよの
ちよのためしと
かみやみるらん