須磨の浦の
なぎたる朝は
目もはるに
霞にまがふ
海人の釣舟
すまのうらの
なぎたるあしたは
めもはるに
かすみにまがふ
あまのつりぶね
В бухте Сума —
Тихое утро,
И повсюду, насколько хватает глаз,
Блуждают в осеннем тумане
Рыбачьи челны...

いつのまに
かけひの水の
こほるらむ
さこそ嵐の
おとのかはらめ
いつのまに
かけひのみつの
こほるらむ
さこそあらしの
おとのかはらめ


君か代に
くらへていはは
松山の
まつのはかすは
すくなかりけり
きみかよに
くらへていはは
まつやまの
まつのはかすは
すくなかりけり


春霞
へだつる山の
麓まで
おもひもしらず
ゆくこゝろかな
はるかすみ
へだつるやまの
ふもとまで
おもひもしらず
ゆくこころかな


霧はれぬ
あやの河べに
なく千鳥
聲にや友の
ゆく方を志る
きりはれぬ
あやのかはべに
なくちとり
こゑにやともの
ゆくかたをしる
В рассеявшемся тумане
У реки Ая
Звучат тидори,
По голосу их я,
Узнаю, куда друг уехал!
Примерный перевод

わかれ行く
舟は綱手に
任すれど
心は君が
かたにこそひけ
わかれゆく
ふねはつなてに
まかすれど
こころはきみが
かたにこそひけ


嬉しさを
けふは何にか
包むらむ
朽果てにきと
みえし袂を
うれしさを
けふはなににか
つつむらむ
くちはてにきと
みえしたもとを


郭公
こゝろも空に
あくがれて
よがれがちなる
み山べの里
ほととぎす
こころもそらに
あくがれて
よがれがちなる
みやまべのさと


菖蒲草
ひく手もたゆく
長きねの
爭で淺香の
沼に生ひけむ
あやめくさ
ひくてもたゆく
ながきねの
いかであさかの
ぬまにおひけむ
Цветок ириса,
Чей корень длинный
Рука тащить устанет,
Как же он смог прорасти
В болоте Асака?
Примерный перевод