今もかも
夕立すらし
足引の
山の端かくす
くものひとむら
いまもかも
ゆふだちすらし
あしびきの
やまのはかくす
くものひとむら


音にのみ
ふるとはきけど
玉笹の
上にたまらず
散る霰かな
おとにのみ
ふるとはきけど
たまささの
うへにたまらず
ちるあられかな


人とはぬ
程も知られて
山里は
苔のみ深き
にはのかよひぢ
ひととはぬ
ほどもしられて
やまざとは
こけのみふかき
にはのかよひぢ


よしさらば
神に任せて
石清水
澄める心を
手むけにもせむ
よしさらば
かみにまかせて
いはしみづ
すめるこころを
てむけにもせむ