木のもとは
そことも見えで
春の夜の
かすめる月に
梅がゝぞする
このもとは
そこともみえで
はるのよの
かすめるつきに
うめがかぞする
Стволы деревьев
Не видны снизу
Весенней ночью,
И в свете неясной луны
Всё в аромате сливы!

花ちれる
水のながれを
せきとめて
春をもかへせ
小田のますらを
はなちれる
みづのながれを
せきとめて
はるをもかへせ
をだのますらを


明日までも
猶咲かゝれ
藤の花
春のゆかりの
色ぞともみむ
あすまでも
なほさきかかれ
ふぢのはな
はるのゆかりの
いろぞともみむ


一聲は
それかあらぬか
ほとゝぎす
おなじね覺の
人にとはゞや
ひとこゑは
それかあらぬか
ほととぎす
おなじねさめの
ひとにとはばや


夏の日の
入ぬる磯の
松がねに
夕浪かけて
風ぞ凉しき
なつのひの
いりぬるいその
まつがねに
ゆふなみかけて
かぜぞすずしき


問人も
なき宿からの
さびしさを
秋ぞとつぐる
荻の上風
とふひとも
なきやどからの
さびしさを
あきぞとつぐる
をぎのうはかぜ


難波江や
芦の浦風
更る夜に
月の御舟は
さはらでぞ行
なにはえや
あしのうらかぜ
ふけるよに
つきのみふねは
さはらでぞゆく


しきたへの
枕もうとく
成にけり
月になれ行
秋の夜な〳〵
しきたへの
まくらもうとく
なりにけり
つきになれゆく
あきのよなよな


忘じよ
わするな神も
月雪の
夜半にたむくる
松風の聲
わすれじよ
わするなかみも
つきゆきの
よはにたむくる
まつかぜのこゑ


さすが又
忍ぶはおなじ
心とも
まだ世にもれぬ
うき名にぞしる
さすがまた
しのぶはおなじ
こころとも
まだよにもれぬ
うきなにぞしる


いかさまに
忍すぐして
有はてぬ
命まつまの
うき名もらさじ
いかさまに
しのびすぐして
ありはてぬ
いのちまつまの
うきなもらさじ