百首の歌よみ侍りける中に、早蕨を

安嘉門院四條



今は世に
有て物憂き
身の程を
野邊の蕨の
をり〳〵ぞ知る
いまはよに
ありてものうき
みのほどを
のべのわらびの
をりをりぞしる