雜の御歌に

順徳院御歌

Дзюнтоку-ин

ますら男が
山かたつきて
住む庵の
外面に渡す
杉のまろ橋
ますらをが
やまかたつきて
すむいほの
そともにわたす
すぎのまろはし