延喜十六年齋院の屏風に人の家に女どもの梅の花見或るは山に殘れる雪を見たる所

貫之

Цураюки

梅の花
咲くと知らずや
三吉野の
山に友待つ
雪の見ゆらむ
うめのはな
さくとしらずや
みよしのの
やまにともまつ
ゆきのみゆらむ