五せちの命婦のもとに高定忍びにかよふと聞きて誰れとも志らでかの命婦の許にさしおかせ侍りける

六條齋院宣旨



忍び音を
きゝこそわたれ
時鳥
通ふ垣根の
かくれなければ
しのびねを
ききこそわたれ
ほととぎす
かよふかきねの
かくれなければ