後朱雀院の御時月のあかゝりける夜うへにのぼらせ給ひていかなる事かまうさせ給ひけむ

陽明門院



今は唯
雲居の月を
眺めつゝ
めぐりあふべき
程も志られず
いまはただ
くもゐのつきを
ながめつつ
めぐりあふべき
ほどもしられず