また、この同じ男、女どもありけり。
また、この同じ男、女どもありけり。


それ来にけり。
それ来にけり。


夜更くるまで物語などして、帰りて言ひたる。
夜更くるまで物語などして、帰りて言ひたる。


小夜更けて
歎き来にしを
いつの間に
夢に見えつつ
恋しかるらむ
さよふけて
なげききにしを
いつのまに
ゆめにみえつつ
こひしかるらむ


返し。
返し。


歎くてふ
ことぞことわり
思ひせば
夜半に来て寝ず
帰らましやは
なげくてふ
ことぞことわり
おもひせば
よはにきてねず
かへらましやは