また、この男、見通ひにして、人目にはつれなうて、内にはもの言ひ通はすことはあれど、会ふべきことは難くぞありける。
また、この男、見通ひにして、人目にはつれなうて、内にはもの言ひ通はすことはあれど、会ふべきことは難くぞありける。


されば、思ひは離れず、思ふものから、異女ども、この男の親族の男なる、花摘みにぞ行きける。
されば、思ひはれず、思ふものから、異女ことをんなども、この男の親族しぞくの男なる、花摘みにぞ行きける。


さて、山にまじりて遊ぶに、この男の馬放れにけり。
さて、山にまじりて遊ぶに、この男の馬放れにけり。


荒れて、さらに捕られざりければ、このごろ通はす女ぞ、「恐しくも、早りあるかな」。
荒れて、さらに捕られざりければ、このごろ通はす女ぞ、「恐しくも、早りあるかな」。


男。
男。


春の野に
荒れて捕られぬ
駒よりも
君が心ぞ
懐けわびぬる
はるののに
あれてとられぬ
こまよりも
きみがこころぞ
なづけわびぬる


女、返し。
女、返し。


取る袖の
懐くばかりに
見えばこそ
摘み野の駒も
荒れまさるらむ
とるそでの
なつくばかりに
みえばこそ
つみののこまも
あれまさるらむ