延久三年正月二十日 二巻


一巻(1) 延久三年正月三十日によれば、三十日の誤り。
岩倉を出でて、仁和寺へ渡りし折のことは、みな書きとどめて侍れど、なほ飽かず思えて。
岩倉を出でて、仁和寺にわじへ渡りし折のことは、みな書きとどめて侍れど、なほ飽かず思えて。


その車に乗りけむほどを思ひ出づるに、つぶと思えず。



いかばかり絶え入りたるにか。



「死ぬる人の功徳人は、仏、夢に見え給ふなり。



罪人は恐ろしげなるものなと見え、怖ろしきしさま思ゆらむ」など、うち返し思ふに、車よりかき下して臥ししより、起き居る時なくて過ぐすほどに、四月より、律師の御房、内の御修法に参り給ふに、
罪人つみびとは恐ろしげなるものなと見え、怖ろしきしさま思ゆらむ」など、うち返し思ふに、車よりかき下して臥ししより、起き居る時なくて過ぐすほどに、四月より、律師りしの御房、内の御修法みすほふに参り給ふに、

律師の御房=成尋阿闍梨母のもう一人の子。仁和寺の律師
「仁和寺の居どころ、人離れておぼつかなし」とて、夜な夜なは宿直に人おこせ給ふを、「京より来むにはいとほし」など、人々言ひて、そそのかして、律師も、「さは、出でよ」と、のたまふ。
「仁和寺の居どころ、人離れておぼつかなし」とて、夜な夜なは宿直とのゐに人おこせ給ふを、「京より来むにはいとほし」など、人々言ひて、そそのかして、律師も、「さは、出でよ」と、のたまふ。


いと出でにくく思へど、出づるに、車にも人のかき乗せて、直垂を敷きて、臥してぞ侍りし。
いと出でにくく思へど、出づるに、車にも人のかき乗せて、直垂ひたたれを敷きて、臥してぞ侍りし。