われにもあらず、はかなく日数過ぎ、六月になりて、瘧のやなる心地起りて、日まぜに消えいるやにしつつわづらへば、暑く苦しきほどに、律師おはし通ひ、僧どもの経読み加持する暑けさを見るに、心地悪しきよりも、いとほしきに、からうじておこたり、あるにもあらで、いとど目も霧りたるやうに思えて過ぐす。
われにもあらず、はかなく日数過ぎ、六月になりて、わらはやみのやなる心地起りて、日まぜに消えいるやにしつつわづらへば、暑く苦しきほどに、律師りしおはし通ひ、僧どもの経読み加持する暑けさを見るに、心地悪しきよりも、いとほしきに、からうじておこたり、あるにもあらで、いとど目も霧りたるやうに思えて過ぐす。


七月になりて、「凉しうやなる」と思へど、なほ暑きに、また、ありし心地起りて、いと苦しけれど、



つねに、「人に言はじ。こたみたに、いかで死なむ」と思ひて、仏をのみ、返す返す恨みまほしう、



ただ、「とく死なせ給へ」と念じ奉るに、またおこたりぬ。



「心憂く、長き命かな」と思ふ。



われにてあらず過ぎて、八月になりて、風凉しう、いとどものあはれになりまさりて、常夏に臥し暮しし日数、思ひ出でられて、夏虫のえもいはぬ暑けさ、蜩の入る日を惜しむ、「かし給ふ」と聞こえ、
われにてあらず過ぎて、八月になりて、風凉しう、いとどものあはれになりまさりて、常夏に臥し暮しし日数、思ひ出でられて、夏虫のえもいはぬ暑けさ、ひぐらしの入る日を惜しむ、「かし給ふ」と聞こえ、


朝顔のつとめてばかり花やぎ、夕顔の夜の間ばかり開けたる、道芝のつゆの日影待つほどにも劣りたる身のはかなさを、
朝顔のつとめてばかり花やぎ、夕顔のの間ばかりひらけたる、道芝のつゆの日影待つほどにも劣りたる身のはかなさを、

花やぎ=底本、やの右に「さ歟」と傍書。
「などか、片時の生きたるほどたに、いとかく憂き世歎かでだにあらで」、人知れず思ふに、荻の葉のそよと聞きなしつるに、
「などか、片時かたときの生きたるほどたに、いとかく憂き世歎かでだにあらで」、人知れず思ふに、荻の葉のそよと聞きなしつるに、


音するを見やりたれば、いと心よげにて、折り返し折り返しもの思ひ知るべきさまもなく靡きたるに、かかれるささがにの、心細さまさる心地して、同じ心ならずとも、もののあはれ知りける人の気色も見えず。
音するを見やりたれば、いと心よげにて、折り返し折り返しもの思ひ知るべきさまもなくなびきたるに、かかれるささがにの、心細さまさる心地して、同じ心ならずとも、もののあはれ知りける人の気色も見えず。


萩の下葉も色変り、いつともしら露の命のかかるほどだに、思ふこと少なくて、あらぬ身のみ心憂く、何とも聞こえぬ虫の、草むらに思ひ思ひの声なる、あはれに嵯峨野などに鳴き乱るらむ、思ひやられて、



誰をとも
分かず鳴くらむ
まつ虫の
わが身のさがの
音にぞ通ふる
たれをとも
わかずなくらむ
まつむしの
わがみのさがの
ねにぞかよふる


暮れぬれば、うち臥したる枕のもとに、いと近くきりぎりすの鳴く声の聞こゆるに、



草枕
涙の露の
かかるをや
みねききつら
なくきりぎりす
くさまくら
なみだのつゆの
かかるをや
みねききつらなく
なくきりぎりす

底本「なく」に「本ニ本」と傍書
と思ふに、枕のいたく濡れたれば、



夜もすがら
涙の珠の
かかればや
草枕とは
人の言ふらむ
よもすがら
なみだの珠の
かかればや
くさまくらとは
ひとのいふらむ


など、、独りごちつつ。