人々の、おのが思ひ思ひもの言ふも耳にも聞き入れられず、ゆかしう、おぼつかなきことのみ思ゆるに、十月にもなりぬ。



時雨るる雨の音、いたうすれば、荒々しう聞こ聞こゆれば、
時雨しぐるる雨の音、いたうすれば、荒々しう聞こ聞こゆれば、


あらましき
雨の音にも
はるかなる
このもといかが
時雨降るらん
あらましき
あめのおとにも
はるかなる
このもといかが
しぐれふるらん


とぞ思ゆるに、霰の降りそひたるが見ゆれば、
とぞ思ゆるに、あられの降りそひたるが見ゆれば、


つらかりし
春の別れに
今までも
あるにもあらで
霰ふるかな
つらかりし
はるのわかれに
いままでも
あるにもあらで
あられふるかな


など独りごつほどに、岩倉より、「御房、淀におはして、御迎へに人往ぬ」と言ひたり。
など独りごつほどに、岩倉より、「御房、淀におはして、御迎へに人往ぬ」と言ひたり。

御房=成尋
夢の心地して、胸騒ぎて、嬉しきにも心まどひて騒ぐに、十月十三日の、火灯すほどにぞおはしたるに、見るに涙こぼれて、目も霧りたるに、いとつれなくうち笑みて、「さればこそ、『生きて待ちつけ給へ』と、仏に申すに、おはしける。



『今四年おはせ』と祈るなり」とぞのたまふ。



「『今一度来て見よ』とありし文のいとほしさになむ、詣で来たる。
「『今一度ひとたび来て見よ』とありしふみのいとほしさになむ、で来たる。


なほ、さりぬべく、心安く詣で来む」と言ひて、「その夜、悪しき日なり」と、急ぎ給ふ。
なほ、さりぬべく、心安くで来む」と言ひて、「その、悪しき日なり」と、急ぎ給ふ。


律師もおはし会ひたり。
律師りしもおはし会ひたり。

律師=成尋阿闍梨母のもう一人の子
二人、向ひ居給へる見るにも、「かくておはさうぜで、身の死なむも、もろともに見給へかし。



などか、世づかぬ心付き給ひけむ」とのみぞ思ゆる。



律師のおはするに聞こえ給ふ。



「岩倉にまかりて、忘れたる文など取りて、明日、申の時ばかりに詣で来て、やかて淀にまかりて、備中の国に侍なる新山と申すなる所にしばし侍りて、近くて、そのほどにおぼつかなきこと侍らず。
「岩倉にまかりて、忘れたる文など取りて、明日、申の時ばかりにで来て、やかて淀にまかりて、備中の国にはべなる新山とすなる所にしばし侍りて、近くて、そのほどにおぼつかなきこと侍らず。


これよりもの給へ。



かれよりも申さむ」など言ひ置きて、立ちぬ。



なかなかにいも寝られず、「これは夢か」とのみ思ゆ。



思ひ明かして、「さらば、今日だに、とくおはせかし」と待つに、からうじておはしたり。



鳥などの、人を見て飛び立ちぬ気色はし給へるに、見るにつけても、「いかなりける契りにか」と、目もかき暗るるやうに、涙のみぞ、尽きせずこぼるるに、のたまふ。



「この、まかりてしばし侍らむずる所は、昔、人の行ひて、極楽に必ず参りたる所なり。



百日ばかり行ひて、正月ばかりまかでて、なほ、内に宣旨申して、賜はば、本意のやうに唐に渡りて、申して来む。
百日ばかり行ひて、正月ばかりまかでて、なほ、内に宣旨せじ申して、はば、本意ほいのやうに唐に渡りて、申して来む。


賜はずは、留まりてこそは侍らめ」とのたまひて、出で給ふ。
はずは、留まりてこそは侍らめ」とのたまひて、出で給ふ。


「見む」と思へど、目も霧りて、ものも言はれず思ゆるほどに、大殿よりも、こと殿ばらよりも、御文どもあれど、


大殿=藤原頼通を指すと思われる。
「菩提求むる人は、やんごとなく、えさらず、あるまじきことを、捨ててこそあなれ。



かくしまかり歩けど、御祈りどもは、よそにても、みなつかうまつりてこそはあれ」とて、
かくしまかりありけど、御祈りどもは、よそにても、みなつかうまつりてこそはあれ」とて、


「『ただ、今一度見よ』とありし文より、かく詣で来たるなり。必ず正月には詣で来なむ」とのたまふに、
「『ただ、今一度ひとたび見よ』とありし文より、かくで来たるなり。必ず正月にはで来なむ」とのたまふに、


「なほ、この度は率ておはして、唐に渡り給はん折りに帰らむ。おこせ給へ」と言へば、うち笑ひて、
「なほ、このたびておはして、唐に渡り給はん折りに帰らむ。おこせ給へ」と言へば、うち笑ひて、


「修行者、親なりとも、いかが具し聞こえむとする」とて出で給ふ。



この甥の禅師どもの、児の親したふやうに泣くに、いとど目も暗れて、「顔をだによく、こたみだに見聞こえむ」と思ふに、霧りふたがりて見えず。
この甥の禅師ぜじどもの、児の親したふやうに泣くに、いとど目も暗れて、「顔をだによく、こたみだに見聞こえむ」と思ふに、霧りふたがりて見えず。


なかなかおはして、おどろかし給へる悲しさ、いふかたなし。



面影にのみ思えて、歎きわぶるに、「船に乗り給ひぬ」とて、送りの人々来たり。



「これは何事ぞ」と、言ふかたなく悲しく、かたがた、いまいましく、「いたく思はじ」と思ひ返しつつぞ。



時雨すれば、人々、「神月はかうぞある」などいふに、



祈りても
影みたらしと
言ふべきに
頼むかたなき
神無月かな
いのりても
かげみたらしと
いふべきに
たのむかたなき
かみなづきかな