八月十一日の夢に、阿闍梨おはして、阿弥陀の讃と申すものの、古きを書きあらためて、「これを見よ」とて、取らせ給へりと見る。
八月十一日の夢に、阿闍梨あざりおはして、阿弥陀の讃と申すものの、古きを書きあらためて、「これを見よ」とて、取らせ給へりと見る。


また、この十三日の夜の夢に、「無量義経を読め」とて、取らせ給へりと見るに、おどろきても、「この世にうち捨て給へるはつらけれど、のちの蓮の上と契り給ひし心ざしは、忘れ給はぬなめり」とあはれには思ゆれど、おぼつかなさは、やむかたなし。
また、この十三日のの夢に、「無量義経を読め」とて、取らせ給へりと見るに、おどろきても、「この世にうち捨て給へるはつらけれど、のちのはちすの上と契り給ひし心ざしは、忘れ給はぬなめり」とあはれには思ゆれど、おぼつかなさは、やむかたなし。


その十月十一日に、「筑紫より」とて文持たる僧来たり。
その十月十一日に、「筑紫より」とてふみ持たる僧来たり。


「阿闍梨の御文か」と心騒ぎして、嬉しう思ふに、あらぬ、かの御共に往にし人なり。



「御房の、三月十五日、ここを出で給ひて、うらのかうちしんといふ所に、


「うら」を「唐(から」、「かうちしん」を「杭州津(かうしうしん)」の誤りとして、「唐の杭州津」とする説がある。
この二十一日、おはし着きたりければ、そこに大弐とてある人、見奉りて、いみじう尊がりて、
この二十一日、おはし着きたりければ、そこに大弐とてある人、見奉りて、いみじうたふとがりて、


その奥にもまた大弐といふ人ありて、そこに送り聞こえたるを、同じやうに尊がりて、天台山といふ所に、輿に乗せ聞こえて、送り聞こえて、
その奥にもまた大弐といふ人ありて、そこに送り聞こえたるを、同じやうに尊がりて、天台山といふ所に、輿こしに乗せ聞こえて、送り聞こえて、

その奥=台州
それより五臺山へは渡し奉るべしと聞く」と書きたれど、かの御文ならねば、おぼつかなさも慰まず、なかなかなる心地するに、この文持て来たる僧の、「御房、渡し奉りたる唐人に会ひて侍りき」と語る。
それより五臺山ごたいせんへは渡し奉るべしと聞く」と書きたれど、かの御文ならねば、おぼつかなさも慰まず、なかなかなる心地するに、この文持て来たる僧の、「御房、渡し奉りたる唐人に会ひて侍りき」と語る。


「『『来年の秋は必ず来む』とのたまひしかば、春まかりて、秋は具し奉らむ』と言ひき」と言ふ。
「『『来年らいねんの秋は必ずむ』とのたまひしかば、春まかりて、秋は具し奉らむ』と言ひき」と言ふ。


「されば、まかりあひて、われも参らむ」とて、「去なむとす」と言ふ。



さりとて、かの御文を見ねば、「まことにや」とも思えず。



うち歎きつつ、天をながむれば、十一月二十日、雪いみじう降る。



目も霧て、



うらやまし
同じ雲居の
ほどといへど
ゆきめぐりたる
冬は来にけり
うらやまし
おなじくもゐの
ほどといへど
ゆきめぐりたる
ふゆはきにけり


と思ふにも、まづ知る涙に



心より
涙は出づる
ものなれや
思へば袖に
まづぞかかれる
こころより
なみだはいづる
ものなれや
おもへばそでに
まづぞかかれる


と、ただ、「とく死なむ」とのみぞ思ゆる。



十二月八日、礼のかき暗し、みぞれといふもの、雪の降るままに、かつ消ゆるをうらやましく、かやうに跡もなく消えなまほしうて、



かき暗し
わが身それとも
思はねど
そらに心を
知りにけるかな
かきくらし
わがみそれとも
おもはねど
そらにこころを
しりにけるかな


なほ降るを見暮らすに、



はるかにも
ゆきまがふぞと
思ひせは
消えかへれとは
ことづけてまし
はるかにも
ゆきまがふぞと
おもひせは
きえかへれとは
ことづけてまし


その八日、「御門、おりさせ給ふ」と、人々言ひ騒ぐにも、世さへ変る心地して、西のふたがる方なれば、死なむことなど思ひて、仁和寺より迎へに車おこせ給ひつるに、渡らむとするほどに、「肥前殿より」とて、文あり。
その八日、「御門、おりさせ給ふ」と、人々言ひ騒ぐにも、世さへ変る心地して、西のふたがるかたなれば、死なむことなど思ひて、仁和寺にわじより迎へに車おこせ給ひつるに、渡らむとするほどに、「肥前殿より」とて、文あり。

肥前殿=藤原定成
見れば、様々のものの書きつけて、「阿闍梨の御代りに見よ」とぞあるにも、「言ひ置き給へる名残にこそ」などのみ、返す返す、例の空目のみしつつ過ぐす。
見れば、様々のものの書きつけて、「阿闍梨の御代りに見よ」とぞあるにも、「言ひ置き給へる名残にこそ」などのみ、返す返す、例の空目そらめのみしつつ過ぐす。