二月十六日、「門出し給ふ」とて騒ぐに、心の内推し量るべし。



なかにも、この孫なる禅師の二人、いみじう泣きわぶる。
なかにも、このむまごなる禅師の二人、いみじう泣きわぶる。


聞くに、いとどものも思えず。



思ひわびて、仁和寺の律師のもとに、
思ひわびて、仁和寺の律師りしのもとに、


「かかる。出で立ち近くなりぬ」と聞こえたれば、おはしたり。



「かばかり思ひ立ちたらん。いかがはせむ」とあり。



いはんかたなきに、阿闍梨、なべての人も読まぬ経、いみじう罪も救ひ給ふ、かき出だして、みづから供養して、泣く泣く聞かせ給ふ。



法橋、また阿闍梨などいふ人々して、よう書き書かせ給ふ。
法橋ほけう、また阿闍梨などいふ人々して、よう書き書かせ給ふ。


例は貴くあはれに聞かまほしきことなれど、悲しきことに、耳にも聞こえず、目も見えぬやうになりはてて、泣くよりほかのこともなくて、律師も帰り給ひぬ。



「これらにあるほどに迎へよ」とやありけん、正月つごもりの日、仁和寺より車おこせて、迎へに賜ふ。
「これらにあるほどに迎へよ」とやありけん、正月つごもりの日、仁和寺にわじより車おこせて、迎へに賜ふ。


阿闍梨の御もとに、「車率てきたるを、なほ近くて、出で立ち給はんも聞かむ。
阿闍梨の御もとに、「車率てきたるを、なほ近くて、出で立ち給はんも聞かむ。


今日はこの車返してむ」と聞こえ給ふに、驚きて、おはして、「なほ、今日渡り給へ。



日次も悪しければ」とて、この候ふ孫の禅師どもして、おこし立てて、われも立ちそひておはする。
日次ひつぎも悪しければ」とて、この候ふ孫の禅師どもして、おこし立てて、われも立ちそひておはする。


「顔をだに見む」と思へど、涙に霧渡りて、息のある限り泣かまほしけれど、年ごろものも高く言ひて聞かせぬ僧どもの、並み居たる折しも、



「悲しきことと言ひながら、今さらにさま悪しき声も聞かせじ。ただ、われ失せて別れぬるなり」、阿弥陀仏に、「救ひ給へ」と念じて、車にかき乗せらるるほどの心地、推し量るべし。



死に入りたるやにてこそはありしか。



率たる人に、「奉れ」とて、取らせ置きし。
たる人に、「奉れ」とて、取らせ置きし。


忍べども
この別れ路を
思ふには
唐紅の
涙こそふれ
しのべども
このわかれぢを
おもふには
からくれなゐの
なみだこそふれ


しばしぞと
待つ人もなき
命には
この世の仮の
別れ路ぞ憂き
しばしぞと
まつひともなき
いのちには
このよのかりの
わかれぢぞうき


道芝に
捨て置かれぬる
露の身は
蓮の上も
いかがとぞ思ふ
みちしばに
すておかれぬる
つゆのみは
はちすのうへも
いかがとぞおもふ


敷島を
漕ぎ離るとも
行末に
来まほしくなる
心付けなむ
しきしまを
こぎはなるとも
ゆくすゑに
きまほしくなる
こころつけなむ


唐土も
天の下にぞ
ありと聞く
この日の本は
忘れざらなむ
もろこしも
あめのしたにぞ
ありときく
このひのもとは
わすれざらなむ


かの岸に
ほどなくこそは
行きて来め
心にかなふ
のりの筏は
かのきしに
ほどなくこそは
ゆきてこめ
こころにかなふ
のりのいかだは


車ぞと
こしらふれども
火の家に
惑ふ心は
やまずぞありける
くるまぞと
こしらふれども
ひのいへに
まどふこころは
やまずぞありける


「仁和寺へまかるぞ」と書きて、



歎きつつ
日をめぐりてや
過ぐしてむ
出づるも入るも
深山辺の里
なげきつつ
ひをめぐりてや
すぐしてむ
いづるもいるも
みやまべのさと


惜しみわび
音のみ泣かるる
別れ路は
涙もえこそ
とどめざりけれ
をしみわび
ねのみなかるる
わかれぢは
なみだもえこそ
とどめざりけれ


別れ路を
慕ふ心は
もろともに
いきてやわれも
あらんとすらん
わかれぢを
したふこころは
もろともに
いきてやわれも
あらんとすらん


行く方の
近きあふみの
海ならば
恋ひしき影は
そこに見てまし
ゆくかたの
ちかきあふみの
うみならば
こひしきかげは
そこにみてまし