「備前より」とて、文持て来たる。
「備前より」とて、ふみ持て来たる。


いとおぼつかなく思ゆるに、急ぎ見れば、「今日なむ、筑紫の船に乗りぬる」とあり。



日ごろ、風の音も荒らかにすれば、「いかが」とのみ、耳立てて聞かれつるに、「むげに遠ざかりておはしぬるにこそ」と、いとど上の空目せられて、めづらしけなき涙こぼれまさるにも、
日ごろ、風の音も荒らかにすれば、「いかが」とのみ、耳立てて聞かれつるに、「むげに遠ざかりておはしぬるにこそ」と、いとどうは空目そらめせられて、めづらしけなき涙こぼれまさるにも、


わが袖に
かかる涙を
とどめおきて
船はのどかに
漕ぎや行くらむ
わがそでに
かかるなみだを
とどめおきて
ふねはのどかに
こぎやゆくらむ


とぞ、思ひやらるる。



あひ見むと
思ふ心は
深けれど
われや泣く泣く
待たずなりなむ
あひみむと
おもふこころは
ふかけれど
われやなくなく
またずなりなむ


と思ふ思ふ、端の方み出だしたれば、桜、いみじく咲きたれば、岩倉の桜、思ひやられて、思えし限り言ひやられし。
と思ふ思ふ、はしの方み出だしたれば、桜、いみじく咲きたれば、岩倉の桜、思ひやられて、思えし限り言ひやられし。


山桜
思ひこそやれ
このもとに
散り散りになる
春は憂けれど
やまさくら
おもひこそやれ
このもとに
ちりちりになる
はるはうけれど


返し、



山桜
散り散りになる
あはれなり
残れる枝の
頼みなければ
やまさくら
ちりちりになる
あはれなり
のこれるえだの
たのみなければ


岩倉より訪るる人もなきに、いとど残りはつかに、絶えぬる心地して、



奥山に
すみおきたりし
かひもなく
まつの煙の
跡ぞ絶えたる
おくやまに
すみおきたりし
かひもなく
まつのけぶりの
あとぞたえたる