伯母仏事事



今は昔、伯の母、仏供養しけり。


伯の母=神祇伯康資王の母
永縁僧正を請じて、さまざま物どもを奉る中に、紫の薄様に包みたる物あり。

Пригласили распорядителя общины Эйэн, и среди множества самых разных подношений, был предмет, завёрнутый в тонкий сиреневый лист бумаги.
Проверить!
開けて見れば

Открыли и посмотрели:

朽ちにける
長柄の橋の
橋柱
法のためにも
渡しつる哉
くちにける
ながらのはしの
はしばしら
のりのためにも
わたしつるかな
Столбы-опоры
Моста Нагара,
Что сгнил,
Были поставлены и
Для Закона!
Примерный перевод
*Закона Будды
長柄の橋の切れなりけり。

То была щепка из моста Нагара.

またの日、またつとめて、若狭の阿闍梨隆源といふ人、歌詠みなり。来たり。

На другой день,

「あはれ、このこと聞きたるよ」と、僧正思すに、懐より名簿を引き出でて奉る。



「この橋の切れ給はらむ」と申す。



「かばかりの貴重の物はいかでか」とて、「何しか取らせ給はん。口惜しく」とて、帰りにけり。



すきずきしく、あはれなることどもなり。