今は昔、世の中のあはれにはかなきことを、摂津守為頼といひける人、



世の中に
あらましかばと
思ふ人
なきは多くも
なりにけるかな
よのなかに
あらましかばと
おもふひと
なきはおほくも
なりにけるかな


これを聞きて小大君、



あるはなく
なきは数そふ
世の中に
あはれいつまで
経べきわが身ぞ
あるはなく
なきはかずそふ
よのなかに
あはれいつまで
ふべきわがみぞ