夜中ばかりに、又



たけからぬ
人かずなみは
わきかへり
み原の池に
立てどかひなし
たけからぬ
ひとかずなみは
わきかへり
みはらのいけに
たてどかひなし