この大臣は、これ九条殿の御九郎君、大臣の位にて七年、法住寺の大臣と聞えさす。



御男子七人、女君五人おはしき。



女二所は、佐理の兵部卿の御妹の腹、いま三所は、一条の摂政の御女の腹におはします。



男君達の御母、皆あかれあかれにおはしましき。



女君一所は、花山院の御時の女御、いみじう時におはせしほどに、失せ給ひにき。



いま一所も、入道中納言の北の方にて失せ給ひにき。



男君、太郎は左衛門督と聞えさせし、悪心起して失せ給ひにし有様は、いとあさましかりしことぞかし。



人に越えられ、辛いめみることは、さのみこそおはしあるわざなるを、さるべきにこそはありけめ。



同じ宰相におはすれど、弟殿には人柄、世覚えの劣り給へればにや、中納言あくきはに、われもならむ、など思して、わざと対面し給ひて、「このたびの中納言望み申し給ふな。



ここに申し侍るべきなり」と聞え給ひければ、「いかでか殿の御先にはまかりなり侍らむ。



ましてかく仰せられむには、あるべきことならず」と申し給ひければ、御心ゆきて、しか思して、いみじう申し給ふにおよばぬほどにやおはしけむ、入道殿、この弟殿に、「そこは申されぬか」と宣はせければ、「左衛門督の申さるれば、いかがは」と、しぶしぶげに申し給ひけるに、「かの左衛門督まかりなるまじくは、由なし。



なしたぶべきなり」と申し給へば、またかくあらむには、こと人はいかでかとて、なり給ひにしを、いかでわれに向ひて、あるまじきよしを謀りけるぞ、と思すに、



いとど悪心を起して、除目のあしたより、手をつよくにぎりて、「斉信、道長にわれははまれぬるぞ」といひいりて、ものもつゆまゐらで、うつぶしうつぶし給へるほどに、病づきて七日といふに失せ給ひしには。



にぎり給ひたりける指は、あまりつよくて、上にこそ通りて出でては侍りけれ。



いみじき上戸にてぞおはせし。



この関白殿のひととせの臨時客に、あまり酔ひて、御座に居ながら立ちもあへ給はで、ものつき給へりけるにぞ、高名の弘高が書きたる楽府の屏風にかかりて、そこなはれたなる。



この中納言になり給へるも、いと世覚えあり、よき人にておはしき。



また、権中将道信の君、いみじき和歌の上手にて、心にくき人にいはれ給ひしほどに、失せ給ひにき。



また、左衛門督公信の卿、法住寺の僧都の君、阿闍梨良光の君おはす。



まこと、一条摂政殿の御女の腹の女君たち、三、四、五の御方。



三の御方は、鷹司殿の上とて、尼になりておはします。



四の御方は、入道殿の俗におはしましし折の御子うみて、失せ給ひにき。



五の君は、今の皇太后宮に候はせ給ふ。



この大臣の御有様かくなり。



法住寺をぞ、いといかめしうおきてさせ給へる。



摂政、関白せさせ給はぬ人の御しわざにては、いと猛なりかし。



この大臣、いとやむごとなくおはしまししかど、御末ほそくぞ。