この大臣は、これ、東三条の大臣の御一男なり。



御母は、女院の御同じ腹なり。



関白になり栄えさせ給ひて六年ばかりやおはしけむ、大疫れいの年こそ失せ給ひけれ。



されど、その御病にてはあらで、御酒のみだれさせ給ひにしなり。



男は、上戸、ひとつの興のことにすれど、過ぎぬるはいと不便なる折侍りや。



祭のかへさ御覧ずとて、小一条の大将、閑院の大将と一つ御車にて、紫野に出でさせ給ひぬ。



烏のつい居たるかたを瓶につくらせ給ひて、興あるものに思して、ともすれば御酒入れて召す。



今日もそれにてまゐらする、もてはやされ給ふほどに、やうやう過ぎさせ給ひて後は、御車の後、前の簾皆あげて、三所ながら御髻はなちておはしましけるは、いとこそ見苦しかりけれ。



おほかたこの大将殿たちの参り給へる、世の常にて出で給ふをば、いと本意なく口惜しきことに思し召したりけり。



ものもおぼえず、御装束もひきみだりて、車さし寄せつつ、人にかかれて乗り給ふをぞ、いと興あることにせさせ給ひける。



ただしこの殿、御酔のほどよりはとく醒むることをぞせさせ給ひし。



御賀茂詣の日は、社頭にて三度の御かはらけ参らするわざなるを、その御時には、禰宜、神主も心得て、大かはらけをぞ参らせし。



三度はさらなることにて、七八度など召して、上の社に参らせ給ふ道にては、やがてのけざまに、しりの方を御枕にて、不覚に大殿篭りぬ。



一の大納言にては、この御堂ぞおはしまししかば、御覧ずるに、夜に入りぬれば、御前の松の光にとほりて御覧ずるに、御透影のおはしまさねば、あやしと思し召しけるに、参りつかせ給ひて、御車かきおろしたれど、え知らせ給はず。



いかにと思へど、御前どももえおどろかし申さで、ただ候ひなめるに、入道殿おりさせ給へるに、さてあるべき事ならねば、轅の外ながら、高やかに、「やや」と御扇を鳴らしなどせさせ給へど、さらにおどろかせ給はねば、近く寄りて、表の御袴の裾を荒らかにひかせ給ふ折ぞ、おどろかせ給ひて、さる御用意はならはせ給へれば、御櫛、笄具し給へりける、取り出でてつくろひなどして、おりさせ給ひけるに、いささかさりげなく、清らかにておはしましし。



されば、さばかり酔ひなむ人は、その夜は起きあがるべきかは。



それに、この殿の御上戸は、よくおはしましける。



その御心のなほ終りまでも忘れ給はざりけるにや、御病づきて失せ給ひける時、西にかき向け奉りて、「念仏申させ給へ」と、人々のすすめ奉りければ、「済時、朝光などもや極楽にはあらずむらむ」と仰せられけるこそあはれなれ。



常に御心に思し召しならひたる事なれば。



あの、地獄の鼎のふたに頭うち当てて、三宝の御名思ひ出でけむ人のやうなる事なりや。



御かたちぞいと清らにおはしましし。



帥殿に天下執行の宣旨下し奉りに、この民部卿殿の、頭弁にて参り給へりけるに、御病いたくせめて、御装束もえ奉らざりければ、御直衣にて御簾の外にゐざり出でさせ給ふに、長押をおりわづらはせ給ひて、女装束御手にとりて、かたのやうにかづけさせ給ひしなむ、いとあはれなりし。



こと人のいとさばかりになりたらむは、ことやうなるべきを、なほいとかはらかにあてにおはせしかば、「病づきてしもこそ容貌はいるべかりけれ、となむ見えし」とこそ、民部卿殿はつねに宣ふなれ。



その関白殿は、腹ばらに男子、女君あまたおはしましき。



今の北の方は、大和守高階成忠のぬしの御娘なり。



後には高二位とこそいひ侍りしか。



さて積善寺の供養の日は、この入道殿の上に候はれしは、いとめでたうなりしわざかな。



その腹に男君三所、女君四所おはしましき。



大姫君は、一条院の十一にて御元服せしめ給ひしに、十五にてや参らせ給ひけむ。



やがてその年六月一日、后にゐさせ給ふ。



中宮と申しき。



東三条殿の御悩のさかりも過ぐさせ給はで、奉らせ給ひしをぞ、世人、いかにぞや申し侍りし。



さて関白殿など失せさせ給ひて後、男君一人、女君二人生み奉らせ給へりき。



女君は入道の一品宮とて、三条におはします。



女二の宮は、九つにて失せ給ひにき。



男親王、式部卿の宮敦康とこそ申ししか。



たびたび御思ひたがひて、世の中を思し嘆きて失せ給ひにき。



御年二十にて、あさましうて病ませ給ひにしかな。



冷泉院の宮達などのやうに、軽々におはしまさましかば、いとほしさもよろしうや、世の人思ひ申さまし。



御才いとかしこく、御心ばへもいとめでたくぞおはしましし。



さてまた、この宮の御母后の御さしつぎの中の君、三条院の東宮と申しし折の淑景舎とて、花やがせ給ひしも、父殿失せ給ひにし後、御年二十二三ばかりにて失せさせ給ひにき。



三の御方は、冷泉院の四の皇子、帥の宮と申ししをこそは、父殿婿どり奉らせ給へりしも、後には、やがて御中絶えにしかば、末の世は、一条わたりにいとあやしくておはするとぞ聞え給ひし。



まことにや、御心ばへなどの、いと落ち居ずおはしましければ、かつは、宮もうとみ聞えさせ給へりけるとかや。



僧、客人などの参りたる折は、御簾をいと高やかに押しやりて、御懐をひろげて立ち給へりければ、宮は御おもてうち赤めてなむおはしましける。



候ふ人も、顔の色たがふ心地して、うつぶしてなむ、立たむもはしたに、術なかりける。



宮、後には、「見返りたりしままに、動きもせられず、ものこそ覚えざりしか」とこそ仰せられけれ。



また、学生ども召し集め、文作り遊ばせ給ひけるに、黄金を二三十両ばかり、屏風の上より投げ出して、人々打ち給ひければ、ふさはしからず憎しとは思はれけれど、その座にて饗応し申してとり争ひけり。



「黄金給はりたるはよけれども、さも見苦しかりしものかな」とこそ今に申さるなれ。



人々文作りて講じなどするにも、良し悪しいと高やかに定め給ふ折もありけり。



二位の新発意の御流にて、この御族は、女も皆、才のおはしたるなり。



母上は高内侍ぞかし。



されど、殿上えせられざりしかば、行幸、節会などには、南殿にぞ参られし。



それはまことしき文者にて、御前の作文には、文奉られしはとよ。



少々の男にはまさりてこそ聞え侍りしか。



さやうの折、弘徽殿の上の御局の方より通ひて、二間に南無候ひ給ひけるとこそ承りしか。



古体に侍りや。



「女のあまりに才かしこきは、ものあしき」と、人の申すなるに、この内侍、後にはいといみじう堕落せられにしも、その故とこそはおぼえ侍りしか。



さて、その宮の上の御さしつぎの四の君は、御匣殿と申しし。



御かたちいとうつくしうて、式部卿の宮の御母代にておはしまししも、はかなく失せ給ひにき。



されば、一つ腹の女君たちかくなり。



対の御方と聞えさせし人の御腹にも、女君おはしけるは、今の皇太后宮にこそは候ひ給ふなれ。



またも聞え給ふかし。



男君達は、太郎君、故伊予守守仁のぬしの女の腹ぞかし、大千代君よな。



それは祖父大臣の御子にし奉り給ひて、道よりの六郎君とこそは申ししか。



大納言なでなり給へりき。



父関白殿失せ給ひし年の六月十一日に、うちつづき失せ給ひにき。



御年二十五とぞ聞えさせ給ひし。



御かたちいと清げに、あまりあたらしきさまして、ものより抜け出でたるやうにぞおはせし。



御心ばへこそ、こと御はらからにも似給はずいとよく、また、ざれをかしくもおはせしか。



この殿は、こと腹におはす。



皇后宮と一つ腹の長君、法師にて、十あまりのほどに僧都になし奉り給へりし。



それも三十六にて失せ給ひにき。



いま一所は、小千代君とて、かの外腹の大千代君にはこよなくひき越し、二十一におはせし時、内大臣になし奉り給ひて、我が失せ給ひし年、長徳元年の事なり、御病重くなる際に、内に参り給ひて、「おのれかくまかりなりにて候ふほど、この内大臣伊周の大臣に、百官ならびに天下執行の宣旨たぶべき」よし、申し下さしめ給ひて、我は出家せさせ給ひてしかば、この内大臣殿を関白殿とて、世の人集り参りしほどに、粟田殿にわたりにしかば、手に据ゑたる鷹をそらいたらむやうにて嘆かせ給ふ。



一家にいみじき事に思しみだりしほどに、その移りつる方も夢のごとくにて失せ給ひにしかば、今の入道殿、その年の五月十一日より世をしろしめししかば、かの殿いとど無徳におはしまししほどに、またの年、花山院の御事出できて、御官位とられて、ただ太宰権帥になりて、長徳二年四月二十四日にこそは下り給ひにしか、御年二十三。



いかばかりあはれにかなしかりしことぞ。



されど、げにかならずかやうのこと、わがおこたりにて流され給ふにしもあらず。



よろづの事身に余りぬる人の、唐にもこの国にもあるわざにぞ侍るなる。



昔は北野の御事ぞかし。



などいひて、鼻うちかむほどもあはれに見ゆ。



この殿も、御才日本にはあまらせ給へりしかば、かかることもおはしますにこそ侍りしか。



さて、式部卿の宮の生れさせ給へる御よろこびにこそ召し返させ給ひつれ。



さて、大臣になずなふる宣旨かぶらせ給ひて歩き給ひし御有様も、いと落ち居ても覚え侍らざりき。



いと見苦しき事のみ、いかに聞え侍りしものとて。



内に参らせ給ひけるに、北の陣より入らせ給ひて、西ざまにおはしますに、入道殿も候はせ給ふほどなれば、梅壺の東の塀の戸のはさまに、下人どもいと多くゐたるを、この帥殿の御供の人々いみじう払へば、いくべき方のなくて、梅壺の塀のうちにはらはらと入りたるを、これはいかにと、殿御覧ず。



あやしと人々見れど、さすがにえともかくもせぬに、なにがしといひし御随身の、そら知らずして、荒らかにいたく払ひ出せば、また戸ざまに、いとらうがはしく出づるを、帥殿の御供の人々、このたびはえ払ひあへねば、ふとり給へる人にて、すがやかにもえ歩み退き給はで、登花殿の細殿の小蔀に押し立てられ給ひて、「やや」と仰せられけれど、狭き所に雑人いと多く払はれて、おしかけられまつりぬれば、とみにえ退かで、いとこそ不便に侍りけれ。



それはげに御罪にあらねど、ただはなやかなる御歩き、振舞をせさせ給はずは、さやうに軽々しきことおはしますべきことかはとぞかし。



また、入道殿の御嶽に参らせ給へりし道にて帥殿の方より便なきことあるべしと聞えて、常よりも世を恐れさせ給ひて、たひらかに帰らせ給へるに、かの殿も、「かかること聞えたりけり」と人の申せば、いとかたはらいたく思されながら、さりとてあるべきならねば、参り給へり。



道のほどの物語などせさせ給ふに、帥殿いたく臆し給へる御けしきのしるきを、をかしくもまたさすがにいとほしくも思されて、「久しく双六つかうまつらで、いとさうざうしきに、今日あそばせ」とて、双六の盤召して、押しのごはせ給ふに、御けしきこよなうなほりて見え給へば、殿をはじめ奉りて、参り給へる人々、あはれになむ見奉りける。



さばかりのことを聞かせ給はむには、少しすさまじくももてなさせ給ふべけれど、入道殿は、あくまで情おはします御本性にて、かならず人のさ思ふらむ事をば、おしかへし、なつかしうもてなさせ給ふなり。



この御博奕は、うちたたせ給ひぬれば、二所ながら裸に腰からませ給ひて、夜半、暁まであそばす。



「心幼くおはする人にて、便なきことどもこそ出でくれ」と、人はうけ申さざりけり。



いみじき御賭物どもこそ侍りけれ。



帥殿はふるきものどもえもいはぬ、入道殿はあたらしきが興ある、をかしきさまにしなしつつぞ、かたみにとりかはさせ給ひぬれど、かやうのことさへ、帥殿はつねに負け奉らせ給ひてぞ、まかでさせ給ひける。



かかれど、ただいまは、一の宮のおはしますをたのもしきものに思し、世の人もさはいへど、したには追従し、怖づまうしたりしほどに、今の帝、春宮さしちづき生れさせ給ひにしかば、世を思しくづほれて、月頃御病もつかせ給ひて、寛弘七年正月二十九日失せさせ給ひにしぞかし。



御年三十七とぞ承りし。



かぎりの御病とても、いたう苦しがり給ふこともなかりけり。



御しはぶき病にやなど思しけるほどに、重り給ひにければ、修法せむとて、僧召せど、参るもなきに、いかがはせむとて、道雅の君を御使にて、入道殿に申し給へりける。



夜いたうふけて、人もしづまりにければ、やがて御格子にもとによりて、うちはぶき給ふ。



「誰そ」と問はせ給へば、御名のり申して、「しかじかのことにて、修法はじめむとつかまつれば、阿闍梨にまうでくる人も候はぬを、給はらむ」と申し給へば、「いと不便なる御事かな。



えこそうけ給はざりけれ。



いかやうなる御心地ぞ。



いとたいだいしき御事にもあるかな」と、いみじうおどろかせ給ひて、「誰を召したるに参らぬぞ」など、くはしく問はせ給ふ。



なにがし阿闍梨をこそは奉らせ給ひしか。



されど、世の末は人の心も弱くなりにけるにや、「あしくおはします」など申ししかど、元方の大納言のゆにやは聞えさせ給ふな。



また、入道殿下のなほすぐれさせ給へる威のいみじきに侍るめり。



老の波にいひ過ごしもぞし侍る。



と、けしきだちて、このほどはうちささめく。



源大納言重光卿の女腹に、女君二所、男君三所おはせしが、この君達が皆おとなび給ひて、女君達は后がねとかしづき奉り給ひしほどに、皆思しし事どもたがひて、かく御悩みさへ重り給ひにければ、この姫君達を据ゑ並めて、泣く泣く宣ひける。



「年頃、仏神にいみじうつかうまつりつれば、何事もさりともとこそ頼み侍りつれど、かくいふかひなき死をさへせむ事の悲しさ。



かく知らましかば、君達をこそ、我より先に失せ給ひねと、祈り思ふべかりけれ。



おのれ死なば、いかなる振舞、有様をし給はむずらむと思ふが悲しく、人笑はれなるべきこと」と、言ひ続けて泣かせ給ふ。



「あやしき有様をもし給はば、なき世なりとも、かならずう恨み聞えむずるぞ」とぞ、母北の方にも、泣く泣く遺言し給ひけるかし。



その君達、大姫君は、高松殿の春宮大夫殿の北の方にて、多くの君達産み続けておはすめり。



それは、悪しかるべき事ならず。



いま一所は、大宮に参りて、帥殿の御方とて、いとやむごとなくて候ひ給ふめる事は、思しかけぬ御有様なめれ。



あはれなめりかし。



男君は、松の君とて、生まれ給へりしより、祖父大臣いみじきものに思して、迎へ奉り給ふたびごとに、贈物をせさせ給ふ。



御乳母をも饗応し給ひし君ぞかし。



この頃三位しておはすめるは。



この君を、父大臣、「あなかしこ、我がなからむ世に、あるまじきわざせず、身捨てがたしとて、もの覚えぬ名簿うちして、我がおもてふせて、『いでや、さありしかど、かかるぞかし』と、人に言ひのたてせさすな。



世の中にありわびなむ際は、出家すばかりなり」と、泣く泣く言ひおほせ給ひけるに、この君、当代の春宮にておはしましし折の亮になり給ひて、いとめやすき事と見奉りしほどに、春宮亮道雅の君とて、いと覚えおはしきかし。



それに、いかがしけむ、位につかせ給ひしきざみに、蔵人頭にもえなり給はずして、坊官の労に三位ばかりし給ひて、中将をだにえかけたまはすなりにしこそ、いとかなしかりし事ぞかし。



あさましう思ひがけぬ事どもかな。



この君、故帥の中納言惟仲の女に住み給ひて、男一人、女一人うませ給へりしは、法師にて、明尊僧都の御房にこそはおはすめれ。



女君は、いかが思ひ給ひけむ、みそかに逃げて、今の皇太后宮にこそ参りて、大和の宣旨とて候ひ給ふなれ。



年頃の妻子とやは頼むべかりける。



なかなかそれしもこそあなずりて、をこがましくもてなしけれ。



あはれ、翁らがわらはべのさやうに侍らましかば、しららがみをも剃り、鼻をもかきおとし侍りなまし。



よき人と申すものは、いみじかりし名の惜しければ、えともかくもし給はぬにこそあめれ。



さるは、かの君、さやうにしれ給へる人かは。



たましひはわき給ふ君をば。



帥殿は、この内の生れさせ給へりし七夜に、和歌の序代書かせ給へりしぞ、なかなか心なきことやな。



本体は参らせ給ふまじきを、それに、さし出で給ふより、多くの人の目をつけ奉りて、「いかに思すらむ」「なにせむに参り給へるぞ」とのみ、まもられ給ふ。



いとはしたなきことにはあらずや。



それに、例の入道殿はまことにすさまじからずもてなし聞えさせ給へるかひありて、憎さは、めでたくこそ書かせ給へりけれ。



当座の御おもては優にて、それにぞ人々ゆるし申し給ひける。



この帥殿の御一つ腹の、十七にて中納言になりなどして、世の中のさがなものといはれ給ひし殿の、御童名は阿古君ぞかし。



この兄殿の御ののしりにかかりて、出雲権守になりて、但馬にこそはおはせしか。



さて、帥殿の帰り給ひし折、この殿も上り給ひて、もとの中納言になりや、また兵部卿などこそは聞えさせしか。



それも、いみじう給ひしおはすとぞ、世の中に思はれ給へりし。



あまたの人々の下﨟になりて、かたがたすさまじう思されながら歩かせ給ふに、御賀茂詣につかうまつり給へるに、むげに下りておはするがいとはしくて、殿の御車に乗せ奉らせ給ひて、御物語こまやかなるついでに、「ひととせのことは、おのれが申し行ふとぞ、世の中にいひ侍りける。



そこにもしかぞ思しけむ。



されど、さもなかりしことなり。



宣旨ならぬこと、一言にてもくはへて侍らましかば、この御社にかくて参りなましや。



天道も見給ふらむ。



いと恐ろしきこと」とも、まめやかに宣はせしなむ、「なかなかにおもておかむ方なく、術なくおぼえし」とこそ、後に宣ひけれ。



それも、この殿におはすれば、さやうにも仰せらるるぞ。



帥殿にはさまでもや聞えさせ給ひける。



この中納言は、かやうにえさりがたきことの折々ばかり歩き給ひて、いといにしへのやうに、まじろひ給ふことはなかりけるに、入道殿の土御門殿にて御遊びあるに、「かやうのことに、権中納言のなきこそ、なほさうざうしけれ」と宣はせて、わざと御消息聞えさせ給ふほど、杯あまたたびになりて、人々みだれ給ひて、紐おしやりて候はるるに、この中納言参り給へれば、うるはしくなりて、居直りなどせられければ、殿、「とく御紐解かせ給へ。



ことやぶれ侍りぬべし」と仰せられければ、かしこまりて逗留し給ふを、公信の卿、うしろより、「解き奉らむ」とて寄り給ふに、中納言御けしきあしくなりて、「隆家は不運なる事こそあれ、そこたちにかやうにせらるべき身にもあらず」と、荒らかに宣ふに、人々御けしき変り給へるなかにも、今の民部卿殿は、うはぐみて、人々の御顔をとかく見給ひつつ、こと出できなむず、いみじきわざかなと思したり。



入道殿、うち笑はせ給ひて、「今日は、かやうのたはぶれごと侍らでありなむ。



道長解き奉らむ」とて寄らせ給ひて、はらはらと解き奉らせ給ふに、「これらこそあるべきことよ」とて、御けしきなほり給ひて、さしおかれつる杯とり給ひてあまたたび召し、常よりも乱れあそばせ給ひけるさまなど、あらまほしくおはしけり。



殿もいみじうぞもてはやし聞えさせ給ひける。



さて式部卿の宮の御事を、さりともさりともと待ち給ふに、一条院の御悩重らせ給ふ際に、御前に参り給ひて、御気色給はり給ひければ、「あのことこそ、つひにえせずなりぬれ」と仰せられけるに、「『あはれの人非人や』とこそ申さまほしくこそありしか」とこそ宣ひけれ。



さて、まかで給うて、わが御家の日隠の間に尻うちかけて、手をはたはたと打ちゐ給へりける。



世の人は、「宮の御事ありて、この殿、御後見もし給はば、天下の政はしたたまりなむ」とぞ、思ひ申しためりしかども、この入道殿の御栄えのわけらるまじかりけるにこそは。



三条院の大嘗会の御禊に、きらめかせ給へりしさまなどこそ、常よりもことなりしか。



人の、この際は、さりともくづほれ給ひなむ、と思ひたりしところをたがへむと、思したりしなめり。



さやうなるところのおはしまししなり。



節会、行幸には、掻練襲奉らぬことなるを、単衣を青くてつけさせ給へれば、紅葉襲にてぞ見えける。



表の御袴、竜胆の二重織物にて、いとめでたく清らにこそ、きらめかせ給へりしか。



御目のそこなはれ給ひにしこそ、いといとあたらしかりしか。



よろづにつくろはせ給ひしかど、えやませ給はで、御まじらひ絶え給へる頃、大弐の闕出できて、人々望みののしりにし、唐人の目つくろふがあなるに、見せむと思して、「こころみにならばや」と申し給ひければ、三条院の御時にて、またいとほしくや思し召しけむ、二言となくならせ給ひてしぞかし。



その御北の方には、伊予守兼資のぬしの女なり。



その御腹の女君二所おはせしは、三条院の御子の式部卿の宮の北の方、いま一所は、傅の殿の御子に宰相中将兼経の君この二所の御婿をとり奉り給ひて、いみじういたはり聞え給ふめり。



政よくし給ふとて、筑紫人さながら従ひ申したりければ、例の大弐、十人ばかりがほどにて、上り給へりとこそ申ししか。



かの国におはしまししほど、刀伊国のものにはかにこの国を討ち取らむとや思ひけむ、越え来たりけるに、筑紫にはかねて用意もなく、大弐殿、弓矢の本末も知り給はねば、いかがと思しけれど、大和心かしこくおはする人にて、筑後、備前、肥後、九国の人をおこし給ふをばさることにて、府の内に仕うまつる人をさしおしこりて、戦はせ給ひければ、かやつが方のものども、いと多く死にけるは。



さはいへど、家高くおはします故に、いみじかりしこと、平らげ給へる殿ぞかし。



公家、大臣、大納言にもなさせ給ひぬべかりしかど、御まじらひ絶えにたれば、ただにはおはするにこそあめれ。



この中に、むねと射返したるものどもしるして、公家に奏せられたりしかば、皆賞せさせ給ひき。



種材は壱岐守になされ、その子は大宰監にこそなさせ給へりしか。



この種材が族は、純友討ちたりしものの筋なり。



この純友は、将門同心に語らひて、恐ろしきこと企てたる者なり。



将門は、「帝を討ちとり奉らむ」といひ、純友は、「関白にならむ」と、同じく心あはせて、この世界に我と政をし、君となりてすぎむ、といふことを契りあひて、一人は東国にいくさをととのへ、一人は西国の海に、いくつともなく、大筏を数知らず集めて、筏の上に土をふせて、植木をおほし、よもやまの田をつくり、住みつきて、おほかたおぼろけのいくさに、動ずべうもなくなりゆくを、かしこうかまへて、討ち奉りたるは、いみじきことなりな。



それはげに人のかしこきのみにはあらじ、王威のおはしまさむ限りは、いかでかさる事あるべきと思へど。



さて壱岐、対馬国の人を、いと多く刀伊国にとりていきたりければ、新羅の帝いくさをおこし給ひて、皆討ち返し給ひてけり。



さて便をつけて、たしかにこの島に送り給へりければ、かの国の便には、大弐、金三百両とらせてかへさせ給ひける。



このほどのことも、かくいみじうしたため給へるに、入道殿、なほこの帥殿を捨てぬものに思ひ聞えさせ給へるなり。



さればにや、世にもいとふり捨てがたき覚えにてこそおはすめれ。



御門には、いつかは馬、車の三つ四つ絶ゆる時ある。



また、道もさりあへず立つ折もあるぞかし。



この殿の御子の男君、ただいまの蔵人少将良頭の君、また、右中弁経輔の君、また式部丞などにておはすめり。



まことに、世にあひてはなやぎ給へりし折、この帥殿は花山院とあらがひごと申させ給へりしはとよ。



いと不思議なりしことぞかし。



「わぬしなりとも、わが門はえわたらじ」と仰せられければ、「隆家、などてかわたり侍らざらむ」と申し給ひて、その日と定められぬ。



輪つよき御車に、逸物の御車牛かけて、御烏帽子、直衣いとあざやかにさうぞかせ給ひて、葡萄染の織物の御指貫少しゐ出でさせ給ひて、祭のかへさに紫野走らせ給ふ君達のやうに、踏板にいと長やかに踏みしだかせ給ひて、くくりは地にひかれて、簾いと高やかに巻き上げて、雑色五六十人ばかり、声のある限り、ひまなく御先参らせ給ふ。



院には、さらなり、えもいはぬ勇敢悍了の法師ばら、大中童子など、あはせて七八十人ばかり、大きなる石五六尺ばかりなる杖ども持たせさせ給ひて、北、南の御門、築地づらに、小一条の前、洞院の裏うへに、ひまなく立て並めて、御門のうちにも、侍、僧の若やかに力強き限り、さるまうけして候ふ。



さることをのみ思ひたる上下の、今日にあへるけしきどもは、げにいかがはありけむ。



いづ方にも、石、杖ばかりにて、まことしき弓矢まではまうけさせ給はず。



中納言殿の、御車、一時ばかり立て給ひて、勘解由小路よりは北に、御門近うまでは、やり寄せ給へりしかど、なほえわたりた湊はで、帰らせ給ふに、院方にそこらつどひたるものども、ひとつ心に、目をかためまもりまもりて、やりかへし給ふほど、「は」と一度に笑ひたりし声こそ、いとおびたたしかりしか。



さる見物やは侍りしとよ。



「王威はいみじきものなりけり。



えわたらせ給はざりつるよ。



無益のことをもいひてけるかな。



いみじき辱号とりつる」とてこそ、笑ひ給ひけれ。



院は勝ちえさせ給へりけるを、いみじと思したるさまも、ことしもあれ、まことしきことのやうなり。



この帥殿の御はらからといふ君達、数あまたおはすべし。



頼親の内蔵頭、周頼の木工頭などいひし人、かたはしよりなくなり給ひて、今は、ただ兵部大輔周家の君ばかり、ほのめき給ふなり。



小一条院の御宮たちの御乳母の夫にて、院の格勤して候ひ給ふ、いとかしこし。



また、井手の少将とありし君は、出家とか。



故関白殿の御心おきていとうるはしく、あてにおはししかど、御末あやしく、御命も短くおはしますめり。



今は、入道一品の宮と、その帥中納言殿とのみこそは、残らせ給へめれ。