この大臣は、法興院の大臣の御五男、御母、従四位上摂津守右京大夫藤原中正朝臣の女なり。



その朝臣は従二位中納言山蔭卿の七男なり。



この道長のおとどは、今の入道殿下これにおはします。



一条院、三条院の御舅、当代、東宮の御祖父にておはします。



この殿、宰相にはなり給はで、ただちに権中納言にならせ給ふ、御年二十三。



その年、上東門院生まれ給ふ。



四月二十七日、従二位し給ふ、御年二十七。



関白殿生れ給ふ年なり。



長徳元年乙羊四月二十七日、左近大将かけさせ給ふ。



その年の祭の前より、世の中きはめてさわがしきに、またの年、いとどいみじくなりたちにしぞかし。



まづは、大臣、公卿多く失せ給へりしに、まして、四位五位のほどは、数やは知りし。



まづその年失せ給へる殿ばらの御数、閑院の大納言、三月二十八日、中関白殿、四月十日。



これは世の疫におはしまさず、ただ同じ折のさしあはせたりし事なり。



小一条の左大将済時卿は四月二十三日、六条の左大臣殿、粟田の右大臣殿、桃園の中納言保光卿、この三人は五月八日、一度に失せ給ふ。



山井の大納言殿、六月十一日ぞかし。



またあらじ、あがりての世にも、かく大臣、公卿七八人、二三月のうちにかきはらひ給ふ事、希有なりしわざなり。



それもただこの入道殿の御幸ひの、上をきはめ給ふにこそ侍るめれ。



かの殿ばら、次第のままに久しく保ち給はましかば、いとかくしもやはおはしまさまし。



まづ帥殿の御心もちゐのさまざましくおはしまさば、父大臣の御病のほど、天下執行の宣旨下り給へりしままに、おのづからさてもやおはしまさまし。



それにまた、大臣失せ給ひにしかば、いかでか、みどりごのやうなる殿の、世の政し給はむとて、粟田殿に渡りにしぞかし。



さるべき御次第にて、それまたあるべき事なり。



あさましく夢などのやうに、とりあへずならせ給ひにし、これはあるべき事かはな。



この今の入道殿、その折、大納言中宮大夫と申して、御年いと若く、ゆく末待ちつけつさつせ給ふべき御齢のほどに、三十にて、五月十一日に、関白の宣旨承り給ひて、栄えそめさせ給ひにしままに、また外ざまへも分かれずにしぞかし。



いまいまも、さこそは侍るべかんめれ。



この殿は、北の方二所おはします。



この宮宮の母上と申すは、土御門の左大臣源雅信のおとどの御女におはします。



雅信のおとどは、亭子の帝の御子、一品式部卿の宮敦実の親王の御子、左大臣時平のおとどの御女の腹に生れ給ひし御子なり。



その雅信のおとどの御女を、今の入道殿下の北の政所と申すなり。



その御腹に、女君四所、男君二所ぞおはします。



その御有様は、ただいまのことなれば、皆人見奉り給ふらめど、ことばつづけ申さむとなり。



第一の女君は、一条院の御時、十二にて、参らせ給ひて、またの年、長保二年庚子二月二十五日、十三にて后にたち給ひて、中宮と申ししほどに、うちつづき男親王二人うみ奉り給へりしこそは、今の帝、東宮におはしますめれ。



二所の御母后、太皇太后宮と申して、天下第一の母にておはします。



その御さしつぎの尚侍と申しし、三条院の東宮におはしまししに、参らせ給うて、宮、位につかせ給ひにしかば、后にたたせ給ひて、中宮と申しき、御年十九。



さてまたの年、長和二年癸丑七月二十六日に、女親王生まれさせ給へるこそは、三四ばかりにて一品にならせ給ひて、今におはしませ。



この頃は、この御母宮を皇太后宮と申して、枇杷殿におはします。



一品の宮は、三宮に准じて、千戸の御封を得させ給へば、この宮に后二所おはしますがごとくなり。



また次の女君、これも尚侍にて、今の帝十一歳にて、寛仁二年戊午正月三日、御元服せさせ給ふ、その三月に参り給ひて、同じき年の十月十六日に后にゐさせ給ふ。



ただいまの中宮と申して、内裏におはします。



また、次の女君、それも尚侍、十五におはします、今の東宮十三にならせ給ふ年、参らせ給ひて、東宮の女御にて候はせ給ふ。



入道せしめ給ひて後の事なれば、今の関白殿の御女と名づけ奉りてこそは参らせ給ひしか。



今年は十九にならせ給ふ。



妊じ給ひて、七八月にぞ当たらせ給へる。



入道殿の御有様見奉るに、必ず男にてぞおはしまさむ。



この翁、さらによも申しあやまち侍らじ。



と、扇を高くつかひつつ言ひしこそ、をかしかりしか。



女君達の御有様かくのごとし。



男君二所と申すは、今の関白左大臣頼通のおとどと聞えさせて、天下を我がままにまつりごちておはします。



御年二十六にてや、内大臣、摂政にならせ給ひけむ。



帝およずけさせ給ひにしかば、ただ関白にておはします。



二十余にて納言などになり給ふをぞ、いみじき事に言ひしかど、今の世の御有様かくおはしますぞかし。



御童名は鶴君なり。



いま一所は、ただ今の内大臣にて、左大将かけて、教通のおとどと聞えさす。



世の二の人にておはしますめり。



御童名、せや君ぞかし。



かかれば、この北の政所の御栄えきはめさせ給へり。



あるは、帝、東宮の御母后とならせ給ひ、あるは我が御親世の一の人にておはするには、御子生れさせ給はねども、后にゐさせ給ふめり。



女の御幸ひは、后こそきはめておはします御事なめれ。



されどそれは、いと所狭げにおはします。



いみじきとみの事あれど、おぼろけならねば、え動かせ給はず。



陣屋ゐぬれば、女房たはやすく心にまかせてもえつかうまつらず。



かやうに所狭げなり。



ただ人と申せど、帝、春宮の御祖母にて、三宮になずらふる御位にて、年官、年爵給はらせ給ふ。



唐の御車にて、いとたはやすく、御ありきなども、なかなか御身安らかにて、ゆかしく思し召しける事は、世の中の物見、何の法会やなどある折は、御車にても、桟敷にても、必ず御覧ずめり。



内、東宮、宮々と、あかれあかれよそほしくておはしませど、いづ方にも渡り参らせ給ひてはさし並びおはします。



ただいま三后、東宮の女御、関白左大臣、内大臣の御母、帝、春宮はた申さず、おほよそ世の親にておはします。



入道殿と申すもさらなり、大方この二所ながら、さるべき権者にこそおはしますめれ。



御なからひ四十年ばかりにやならせ給ひぬらむ。



あはれにやむごとなきものにかしづき奉らせ給ふ、といえばこそおろかなれ。



世の中には、いにしへ、ただいまの国王、大臣、皆藤氏にてこそおはしますに、この北の政所ぞ、源氏にて御幸ひきはめさせ給ひにたる。



一昨年の御賀の有様などこそ、皆人見聞き給ひし事なれど、なほかえすがへすもいみじく侍りしものかな。



また、高松殿の上と申すも、源氏にておはします。



延喜の皇子高明の親王を左大臣になし奉らせ給へりしに、思はざるほかの事によりて、帥にならせ給ひて、いといと心憂かりし事ぞかし。



その御女におはします。



それを、かの殿、筑紫におはしましける年、この姫君まだいと幼くおはしましけるを、御をぢの十五の宮と申したるも、同じ延喜の皇子におはします、女子もおはせざりければ、この君をとり奉りて、養ひかしづき奉りて、もち給へるに、西宮殿も、十五の宮もかくれさせ給ひにし後に、故女院の后におはしましし折、この姫君を迎へ奉らせ給ひて、東三条殿の東の対に、帳を立てて、壁代をひき、我が御しつらひにいささかおとさせ給はず、しすゑ聞えさせ給ひ、女房、侍、家司、下人まで別にあかちあてさせ給ひて、姫宮などのおはしまさせしごとくに限りなく、思ひかしづき聞えさせ給ひにしかば、御せうとの殿ばら、我も我もと、よしばみ申し給ひけれど、后かしこく制し申させ給ひて、今の入道殿をぞ許し聞えさせ給ひければ通ひ奉らせ給ひしほどに、女君二所、男君四人おはしますぞかし。



女君と申すは、今の小一条院の女御。



いま一所は故中務卿具平の親王と申す、村上の帝の七の親王におはしましき、その御男君三位中将師房の君と申すを、今の関白殿の上の御はらからなるが故に、関白殿、御子にし奉らせ給ふを、入道殿婿どり奉らせ給へり。



「あさはかに、心得ぬこと」とこそ、世の人申ししか。



殿のうちの人も思したりしかど、入道殿思ひおきてさせ給ふやうありけむかしな。



男君は、大納言にて春宮大夫頼宗と聞ゆる。



御童名、石君。



いま一所、これに同じ、大納言中宮権大夫能信と聞ゆる。



いま一所、中納言長家。



御童名、小若君。



いま一人は、馬頭にて、顕信とておはしき。



御童名、苔君なり。



寛弘九年壬子正月十九日、入道給ひて、この十余年は、仏のごとくして行はせ給ふ。



思ひがけず、あはれなる御事なり。



みづからの菩提を申すべからず、殿の御ためにもまた、法師なる御子のおはしまさぬが口惜しく、こと欠けさせ給へるやうなるに、「されば、やがて一度に僧正になし奉らむ」となむ仰せられけるとぞ承るを、いかが侍らむ。



うるはしき法服、宮々よりも奉らせ給ひ、殿よりは麻の御衣奉るなるをば、あるまじき事に申させ給ふなるをぞ、いみじく侘びさせ給ひける。



出でさせ給ひけるには、緋の御あこめのあまた候ひけるを、「これがあまた重ねて着たるなむうるさき。



綿を一つに入れなして一つばかりを着たらばや。



しかせよ」と仰せられければ、「これかれそそき侍らむもうるさきにことを厚くして参らせむ」と申しければ、「それは久しくもなりなむ。



ただとくと思ふぞ」と仰せられければ、思し召すやうこそはと思ひて、あまたを一つにとり入れて参らせたるをぞ奉りて、その夜は出でさせ給ひける。



されば、御乳母は、「かくて仰せられけるものを、なにしにして参らせけむ」と、「例ならずあやしと思はざりけむ心のいたりなさよ」と、泣きまどひけむこそ、いとことわりにあはれなれ。



ことしもそれにさはらせ給はむやうに。



かくと聞きつけ給ひては、やがて絶え入りて、なき人のやうにておはしけるを、「かく聞かせ給はば、いとほしと思して、御心や乱れ給はむ」と、「今さらによしなし。



これぞめでたきこと。



仏にならせ給はば、我が御ためにも、後の世のよくおはせむこそ、つひのこと」と、人々のいひければ、「我は仏にならせ給はむも嬉しからず。



我が身の後の助けられ奉らむもおぼえず。



ただいまの悲しさよりほかの事なし。



殿の上も、御子どもあまたあおはしませば、いとよし。



ただ我一人が事ぞや」とぞ、伏しまろびまどひける。



げにさる事なりや。



道心なからむ人は、後の世までも知るべきかはな。



高松殿の御夢にこそ、左の方の御ぐしを、なからより剃り落とさせ給ふと御覧じけるを、かくて後にこそ、これが見えけるなりけりと思ひ定めて、「ちがへさせ、祈などをもすべかりける事を」と仰せられける。



皮堂にて御ぐしおろさせ給ひて、やがてその夜、山へ登らせ給ひけるに、「鴨河渡りしほどのいみじう冷たくおぼえしなむ、少しあはれなりし。



今はかやうにてあるべき身ぞかしと思ひながら」とこそ仰せられけれ。



今の右衛門督ぞ、とくより、この君をば、「出家の相こそおはすれ」と宣ひて、中宮権大夫殿の上に御消息聞えさせ給ひけれど、「さる相ある人をばいかで」とて、後にこの大夫殿をばとり奉り給へるなり。



正月に、内裏より出で給ひて、この右衛門督、「馬頭の、物見よりさし出でたりつるこそ、むげに出家の相近くなりにて見えつれ。



いくつぞ」と宣ひければ、頭中将「十九にこそなり給ふらめ」と申し給ひければ、「さては、今年ぞし給はむ」とありけるに、かくと聞きてこそ、「さればよ」と宣ひけれ。



相人ならねど、よき人は、ものを見給ふなり。



入道殿は、「益なし。



いたう嘆きて聞かれじ。



心乱せられむも、この人のためにいとほし。



法師子のなかりつるに、いかがはせむ。



幼くてもなさむと思ひしかども、すまひしかばこそあれ」とて、ただ例の作法の法師の御やうにもてなし聞え給ひき。



受戒には、やがて殿昇らせ給ひ、人々、我も我もと御供に参り給ひて、いとよそほしげなりき。



威儀僧にはえもいはぬ者どもえらせ給ひき。



御先に、有職、僧網どものやむごとなき候ふ。



山の所司、殿の御随身ども、人払ひののしりて、戒壇にのぼらせ給ひけるほどこそ、入道殿はえ見奉らせ給はざりけれ。



御みづからは、本意なくかたはらいたしと思したりけり。



座主の、手興に乗りて、白蓋ささせてのぼられけるこそ、あはれ天台座主、戒和尚の一や、とこそ見え給ひけれ。



世継が隣に侍る者の、そのきにはにあひて見奉りけるが、語り侍りしなり。



「春宮大夫、中宮権大夫殿などの、大納言にならせ給ひし折は、さりしも、御耳とまりて聞かせ給ふらむ、とおぼえしかど、その大饗の折のことども、大納言の座敷き添えられしほどなど、語り申ししかど、いささか御けしき変らず、念ずうちして、『かうやうのこと、ただしばしの事なり』とうち宣はせしなむ、めでたく優におぼえし」とぞ、通任の君、宣ひける。



この殿の君達、男女あはせ奉りて十二人、数のままにておはします。



男も女も、御官位こそ心にまかせ給へらめ、御心ばへ人柄どもさへ、いささかかたほにて、もどかれさせ給ふべきもおはしまさず、とりどりに有識にめでたくおはしまさふも、ただことごとならず、入道殿の御幸ひのいふ限りなくおはしますなめり。



先々の殿ばらの君達おはせしかども、皆かくしも思ふさまにやはおはせし。



おのづから、男も女も良き悪しきまじりてこそおはしまさふめりしか。



この北の政所の二人ながら源氏におはしませば、末の世の源氏の栄え給ふべきと定め申すなり。



かかれば、この二所の御有様、かくのごとし。



ただし、殿の御前は、三十より関白せさせ給ひて、一条院、三条院の御時、世をまつりごち、我が御ままにておはしまししに、また当代の九歳にて位に即かせ給ひにしかば、御年五十一にて摂政せさせ給ふ年、我が御身は太政大臣にならせ給ひて、摂政をば大臣に譲り奉らせ給ひて、御年五十四にならせ給ふに、寛仁三年己未。



三月十八日の夜中ばかりより御胸を病ませ給ひて、わざとにおはしまさねど、いかが思し召の時ばかり、起き居させ給ひて、御冠めし、掻練の御下襲に布袴をうるはしくさうずかせ給ひて、御手水召せば、何事にかと、関白殿をはじめ奉りて殿ばらも思し召す。



寝殿の西の渡殿に出でさせ給ひて、南面拝せさせ給ひて、春日の明神にいとま申させ給ふなりけり。



慶明僧都、定基律師して、御ぐしおろさせ給ふ。



関白殿をはじめとして、君達、殿ばらなど、いとあさましく思せど、思し立ちてにはかにせさせ給ふ事なれば、誰も誰もあきれて、え制し申させ給はず。



あさましとはおろかなり。



院源法印、御戒師し給ふ。



信恵僧都の袈裟衣をぞ奉りける。



にはかの事にてまうけさせ給はざりけるにや。



御名は行観とぞ侍りし。



かくて後にぞ、内、東宮、宮々達には、かくと聞えさせ給ひける。



聞きつけさせ給へる宮達の御心ども、あさましく思し騒ぐとは、おろかなり。



申の時ばかりに、小一条院渡らせ給ひ、御門の外にて、御車かきおろして、引き入れて、中門の外にておりさせ給ひてこそはおはしまししか。



寄せてもおりさせ給はで、かしこまり申させ給ふほども、いともかたじけなくめでたき御有様なりかし。



宮達も、夜さりこそは渡らせ給ひしか。



中宮、皇后宮などは、一つ御車にてぞ渡らせ給ひし。



行啓の有様、にはかにて、例の作法も侍らざりける。



同じき年九月二十七日奈良にて御受戒侍りき。



かかる御有様につけても、いかにめでたき御有様に事どもの多く侍りしかば、皆人知り給へる事どもなれば、こまかには申し侍らじ。



三月二十一日、御出家し給ひつれど、なはまた同じき五月八日、准三宮の位にならせ給ひて、年官、年爵得させ給ふ。



帝、東宮の御祖父、三后、関白左大臣、内大臣、あまたの納言の御父にておはします。



世をたもたせ給ふこと、かくて三十一年ばかりにやならせ給ひぬらむ。



今年は満六十におはしませば、督の殿の御産の後、御賀あるべしとぞ人申す。



いかにまた様々おはしまさへて、めでたく侍らむずらむ。



大方また世になき事なり、大臣の御女三人、后にてさし並べ奉り給ふこと。



あさましう希有の事なり。



唐には、昔三千人の后おはしけれど、それは筋をたづねずしてただかたちありなど聞ゆるを、隣の国まで選び召して、その中に楊貴妃ごときは、あまり時めき過ぎて、悲しき事あり。



王昭君は父の申すにたがひて胡の国の人となり、上陽人は楊貴妃にそばめられて、帝に見え奉らで、深き窓のうちにて、春のゆき秋の過ぐる事をも知らずして、十六にて参りて、六十までありき。



かやうなれば、三千人のかひなし。



我が国には、七の后こそおはすべけれど、代々に四人ぞたち給ふ。



この入道殿下の御一門よりこそ、大皇太后宮、皇太后宮、中宮、三所出でおはしましたれば、まことに希有希有の御幸ひなり。



皇后宮一人のみ、筋わかれ給へりといへども、それそら貞信公の御末におはしませば、これをよそ人と思ひ申すべき事かは。



しかれば、ただ世の中は、この殿の御光ならずといふ事なきに、この春こそは失せ給ひにしかば、いただ三后のみおはしますめり。



この殿、ことにふれてあそばせる詩、和歌など、居易、人麿、躬恒、貫之といふとも、え思ひよらざりけむとこそおぼえ侍れ。



春日の行幸、先の一条院の御時よりはじまれるぞかしな。



それにまた、当代幼くおはしませども、必ずあるべき事にて、はじまりたる例になりにたれば、大宮御興に添ひ申させ給ひておはします、めでたしなどはいふも世の常なり。



すべらぎの御祖父にて、うち添ひつかうまつらせ給へる殿の御有様、御容貌など少し世の常にもおはしまさましかば、あかぬ事にや。



そこらあつまりたる田舎世界の民百姓、これこそは、たしかに見奉りけめ、ただ転論聖王などはかくやと、光るやうにおはしますに、仏見奉りたらむやうに、額に手を当てて拝みまどふさま、ことわりなり。



大宮の、赤色の御扇さし隠して、御肩のほどなどは、少し見えさせ給ひげり。



かばかりにならせ給ひぬる人は、つゆの透影もふたぎ、いかがとこそはもて隠し奉るに、こと限りあれば、今日はよそほしき御有様も、少しは人の見奉らむも、などかはともや思し召しけむ。



殿も宮も、言ふよしなく、御心ゆかせ給へりける事、おしはかられ侍れば、殿、大宮に、



そのかみや
祈りおきけむ
春日野の
おなじ道にも
たづねゆくかな
そのかみや
をりおきけむ
かすがのの
おなじみちにも
たづねゆくかな


御返し、



曇りなき
世の光にや
春日野の
おなじ道にも
たづねゆくらむ
くもりなき
よのひかりにや
かすがのの
おなじみちにも
たづねゆくらむ


かやうに申しかはさせ給ふほどに、げにげにと聞えて、めでたく侍りし中にも、大宮のあそばしたりし、



三笠山
さしてぞ来つる
いそのかみ
古きみゆきの
あとをたづねて
みかさやま
さしてぞきつる
いそのかみ
ふるきみゆきの
あとをたづねて


これこそ、翁らが心及ばざるにや。



あがりても、かばかりの秀歌え候はじ。



その日にとりては、春日の明神もよませ給へりけるとおぼえ侍り。



今日かかる事ともの栄えあるべきにて、先の一条院の御時にも、大入道殿、行幸申し行はせ給ひけるにやとこそ、心得られ侍れな。



大方、幸ひおはしまさむ人の、和歌の道おくれ給へらむは、ことの栄えなくや侍らまし。



この殿は、折節ごとに、必ずかやうの事を仰せられて、事をはやさせ給ふなり。



ひととせの、北の政所の御賀に、詠ませ給へりしは、



ありなれし
契りは絶えて
いまさらに
心かけしに
千代といふらむ
ありなれし
ちぎりはたえて
いまさらに
こころかけしに
ちよといふらむ


また、この一品の宮の生まれおはしましたりし御産養、大宮のせさせ給へりし夜の御歌は、聞き給へりや。



それこそいと興ある事を。



ただ人は思ひよるべきにも侍らぬ和歌の体なり。



おと宮の
産養ひを
あね宮の
し給ふ見るぞ
嬉しかりける
おとみやの
うぶやしなひを
あねみやの
したまふみるぞ
うれしかりける


とかや、承りし。



とて、こころよく笑みたり。



四条大納言のかく何事もすぐれ、めでたくおはしますを、大入道殿、「いかでかかからむ。



うらやましくもあるかな。



我が子どもの、影だに踏むべくもあらぬこそ口惜しけれ」と申させ給ひければ、中関白殿、粟田殿などは、げにさもとや思すらむと、はづかしげなる御気色にて、ものも宣はぬに、この入道殿は、いと若くおはします御身にて、「影をば踏まで、面をやは踏まぬ」とこそ仰せられけれ。



まことこそさおはしますめれ。



内大臣殿をだに、近くてえ見奉り給はぬよ。



さるべき人は、とうより御心魂のたけく、御守もこはきなめりとおぼえ侍るは。



花山院の御時に、五月下つ闇に、五月雨も過ぎて、いとおどろおどろしくかきたれ雨の降る夜、帝、さうざうしとや思し召しけむ、殿上に出でさせおはしまして、遊びおはしましけるに、人々、物語など申し給ひて、昔恐ろしかりける事どもなどに申しなり給へるに、「今宵こそいとむつかしげなる夜なめれ。



かく人がちなるだに、けしきおぼゆ。



まして、もの離れたる所などいかならむ。



さあらむ所に一人往なむや」と仰せられけるに、「えまからじ」とのみ申し給ひけるを、入道殿は、「いづくなりともまかりなむ」と申し給ひければ、さるところおはします帝にて、「いと興あることなり。



さらばいけ。



道隆は豊楽院、道兼は仁寿殿の塗篭、道長は大極殿へいけ」と仰せられければ、よその君達は、便なきことをも奏してけるかなと思ふ。



また、承らせ給へる殿ばらは、御けしきかはりて、益なしと思したるに、入道殿は、つゆさる御けしきもなくて、「私の従者をば具し候はじ。



この陣の吉上まれ、滝口まれ、一人を、『昭慶門まで送れ』と仰せ言たべ。



それよりうちには一人入り侍らむ」と申し給へば、「証なきこと」と仰せらるるに、「げに」とて、御手箱に置かせ給へる小刀申して立ち給ひぬ。



いま二所も、苦む苦むおのおのおはさうじぬ。



「子四つ」と奏して、かく仰せられ議するほどに、丑にもなりにけむ。



「道隆は右衛門の陣より出でよ。



道長は承明門より出でよ」と、それをさへ分たせ給へば、しかおはしまし合へるに、中関白殿、陣まで念じておはしましたるに、宴の松原のほどに、そのものともなき声どもの聞ゆるに、術なくて帰り給ふ。



粟田殿は、露台の外まで、わななくわななくおはしたるに、仁寿殿の東面の棚のほどに、軒とひとしき人のあるやうに見え給ひければ、ものもおぼえで、「身の候はばこそ、仰せ言も承らめ」とて、おのおのたち帰り参り給へれば、御扇をたたきて笑はせ給ふに、入道殿はいと久しく見えさせ給はぬを、いかがと思し召すほどにぞ、いとさりげなく事にもあらずげにて参らせ給へる。



「いかにいかに」と問はせ給へば、いとのどやかに、御刀に、削られたる物を取り具して奉らせ給ふに、「こは何ぞ」と仰せらるれば、「ただにて帰り参りて侍らむは、証候ふまじきにより、高御座の南面の柱のもとを削りて候ふなり」と、つれなく申し給ふに、いとあさましく思し召さる。



こと殿たちの御けしきは、いかにもなほ直らで、この殿のかくて参り給へるを、帝よりはじめ感じののしられ給へど、うらやましきにや、またいかなるにか、ものも言はでぞ候ひ給ひける。



なほ、疑はしく思し召されければ、つとめて、「蔵人して、削り屑をつがはしてみよ」と仰せ言ありければ、持て行きて押しつけて見たうびけるに、つゆたがはざりけり。



その削り跡は、いとけざやかにて侍るめり。



末の世にも、見る人はなほあさましき事にぞ申ししかし。



故女院の御修法して、飯室の権僧正のおはしましし伴僧にて、相人の候ひしを、女房どもの呼びて相ぜられけるついでに、「内大臣殿はいかがおはする」など問ふに、「いとかしこうおはします。



天下とる相おはします。



中官大夫殿こそいみじうおはしませ」といふ。



また、粟田殿を問ひ奉れば、「それもまた、いとかしこくおはします。



大臣の相おはします。



またあはれ、中宮大夫殿こそいみじうおはしませ」と言ふ。



また、権大納言殿を問ひ奉れば、「それも、いとやむごとなくおはします。



雷の相なむおはする」と申しければ、「雷はいかなるぞ」と問ふに、「ひときはは、いと高く鳴れど、後とげのなきなり。



されば、御末いかがおはしまさむと見えたり。



中官大夫殿こそ、かぎりなく際なくおはしませ」と、こと人を問ひ奉るたびには、この入道殿をかならずひき添へ奉りて申す。



「いかにおはすれば、かく毎度には聞え給ふぞ」と言へば、「第一の相には、虎の子の深き山の峰を渡るがごとくなるを申したるに、いささかもたがはせ給はねば、かく申し侍るなり。



このたとひは、虎の子のけはしき山の峰を渡るがごとしと申すなり。



御相かくのごとし」と言へば、「誰よりもすぐれ給へり」とこそ申しけれ。



いみじかりける上手かな。



あてたがはせ給へることやはおはしますめる。



帥の大臣の大臣までかくすがやかになり給へりしを、「はじめよし」とは言ひけるなめり。



雷は落ちぬれど、またもあがるものを、星の落ちて石となるにぞたとふべきや。



それこそ返りあがる事なけれ。



折々につけたる御かたちなどは、げに長き思ひ出でとこそは人申すめれ。



中にも三条院の御時、賀茂行幸の日、雪ことのほかにいたう降りしかば、御単の袖をひき出でて、御扇を高く持たせ給へるに、いと白く降りかかりたれば、「あないみじ」とて、うち払はせ給へりし御もてなしは、いとめでたくおはしまししものかな。



上の御衣は黒きに、御単衣は紅のはなやかなるあはひに、雪の色ももてはやされて、えもいはずおはしまししものかな。



高名のなにがしと言ひし御馬、いみじかりし悪馬なり。



あはれ、それを奉りしづめたりしはや。



三条院も、その日の事をこそ思し召し出でおはしますなれ。



御病のうちにも、「賀茂行幸の日の雪こそ、忘れがたけれ。



」と仰せられけむこそ、あはれに侍れ。



かく世間の光にておはします殿の、一年ばかり、ものをやすからず思し召したりしよ。



いかに天道御覧じけむ。



さりながらも、いささか逼気し、御心やは倒させ給へりし。



おほやけざまの公事、作法ばかりにはあるべきほどにふるまひ、時たがふことなく勤めさせ給ひて、内々には、所も置き聞えさせ給はざりしぞかし。



帥殿の、南院にて人々集めて弓あそばししに、この殿わたらせ給へれば、思ひがけずあやしと、中関白殿思し驚きて、いみじう饗応し申させ給うて、下﨟におはしませど、前にたて奉りて、まづ射させ奉らせ給ひけるに、帥殿、矢数いま二つ劣り給ひぬ。



中関白殿、また御前に候ふ人々も、「いま二度延べさせ給へ」と申して、延べさせ給ひけるを、やすからず思しなりて、「さらば、延べさせ給へ」と仰せられて、また射させ給ふとて、仰せらるるやう、「道長が家より帝、后たち給ふべきものならば、この矢当たれ」と仰せらるるに、同じものを中心には当たるものかは。



次に、帥殿射給ふに、いみじう臆し給ひて、御手もわななく故にや、的のあたりにだに近くよらず、無辺世界を射給へるに、関白殿、色青くなりぬ。



また、入道殿射給ふとて、「摂政、関白すべきものならば、この矢当たれ」と仰せらるるに、はじめの同じやうに、的の破るばかり、同じ所に射させ給ひつ。



饗応し、もてはやし聞えさせ給ひつる興も冷めて、こと苦うなりぬ。



父大臣、帥殿に、「なにか射る。



な射そ、な射そ」と制し給ひて、ことさめにけり。



入道殿、矢もどして、やがて出でさせ給ひぬ。



その折は左京大夫とぞ申しし。



弓をいみじう射させ給ひしなり。



また、いみじう好ませ給ひしなり。



今日に見ゆべき事ならねど、人の御さまの、言ひ出で給ふ事のおもむきより、かたへは臆せられ給ふなんめり。



また、故女院の御石山詣に、この殿は御馬にて、帥殿は車にて参り給ふに、さはる事ありて、粟田口より帰り給ふとて、院の御車のもとに参り給ひて、案内申し給ふに、御車もとどめたれば、轅をおさへて立ち給へるに、入道殿は、御馬をおしかへして、帥殿の御項のもとに、いと近ううち寄せさせ給ひて、「とく仕うまつれ。



日の暮れぬるに」と仰せられければ、あやしく思されて見返り給へれど、おどろきたる御けしきもなく、とみにも退かせ給はで、「日暮れぬ。



とくとく」とそそのかせ給ふを、いみじうやすからず思せど、いかがはせさせ給はむ、やはら立ち退かせ給ひにけり。



父大臣申し給ひければ、「大臣軽むる人のよきやうなし」と宣はせける。



三月巳の日の祓に、やがて逍遥し給ふとて、帥殿、河原にさるべき人々あまた具して出でさせ給へり。



平張どもあまたうち渡したるおはし所に、入道殿も出でさせ給へる、御車を近くやれば、「便なきこと。



かくなせそ。



やりのけよ」と仰せられけるを、なにがし丸といひし御車副の、「何事宣ふ殿にかあらむ。



かくきうし給へれば、この殿は不運にはおはするぞかし。



わざはひや、わざはひや」とて、いたく御車牛をうちて、いま少し平張のもと近くこそ、つかうまつり寄せたりけれ。



「辛もこの男にいはれぬるかな」とぞ仰せられける。



さて、その御車副をば、いみじうらうたせさせ給ひ、御かへりみありしは。



かやうの事にて、この殿達の御中いと悪しかりき。



女院は、入道殿をとりわき奉らせ給ひて、いみじう思ひ申させ給へりしかば、帥殿はうとうとしくもてなさせ給へりけり。



帝、皇后宮をねんごろに時めかさせ給ふゆかりに、帥殿はあけくれ御前に候はせ給ひて、入道殿をばさらにも申さず、女院をもよからず、事にふれて申させ給ふを、おのづから心得やせさせ給ひけむ、いと本意なきことに思し召しける、ことわりなりな。



入道殿の世をしらせ給はむ事を、帝いみじうしぶらせ給ひけり。



皇后宮、父大臣おはしまさで、世の中をひきかはらせ給はむ事を、いと心苦しう思し召して、粟田殿にも、とみにやは宣旨下させ給ひし。



されど、女院の道理のままの御事を思し召し、また帥殿をばよからず思ひ聞えさせ給ひければ、入道殿の御事を、いみじうしぶらせ給ひけれど、「いかでかくは思し召し仰せらるるぞ。



大臣越えられたる事だに、いといとほしく侍りしに、父大臣のあながちにし侍りし事なれば、いなびさせ給はずなりにしこそ侍れ。



粟田の大臣にはせさせ給ひて、これにしも侍らざらむは、いとほしさよりも、御ためなむいと便なく、世の人もいひなし侍らむ」など、いみじう奏せさせ給ひければ、むつかしうや思し召しけむ、後にはわたらせ給はざりけり。



されば、上の御局にのぼらせ給ひて、「こなたへ」とは申させ給はで、我、夜の御殿に入らせ給ひて、泣く泣く申させ給ふ。



その日は、入道殿は上の御局に候はせ給ふ。



いと久しく出でさせ給はねば、御胸つぶれさせ給ひけるほどに、とばかりありて、戸をおしあげて出でさせ給ひける、御顔は赤み濡れつやめかせ給ひながら、御口はこころよく笑ませ給ひて、「あはや、宣旨下りぬ」とこそ申させ給ひけれ。



いささかのことだに、この世ならず侍るなれば、いはむや、かばかりの御有様は、人の、ともかくも思しおかむによらせ給ふべきにもあらねども、いかでかは院をおろかに思ひ申させ給はまし。



その中にも、道理過ぎてこそは報じ奉り仕うまつらせ給ひしか。



御骨をさへこそはかけさせ給へりしか。



中関白殿、粟田殿うちつづき失せさせ給ひて、入道殿に世の移りしほどは、さも胸つぶれて、きよきよとおぼえ侍りしわざかな。



いとあがりての世は知り侍らず、翁もの覚えての後は、かかること候はぬものをや。



今の世となりては、一の人の、貞信公、小野宮殿をはなち奉りて、十年とおはする事の、近くは侍らねば、この入道殿もいかがと思ひ申し侍りしに、いとかかる運におされて、御兄達はとりもあへず滅び給ひにしにこそおはすめれ。



それもまた、さるべくあるやうある事を、皆世はかかるなんめりとぞ人々思し召すとて、有様を少しまた申すべきなり。