世の中の帝、神代七代をばさるものにて、神武天皇よりはじめ奉りて、三十七代にあたり給ふ孝徳天皇の御代よりこそは、さまざまの大臣定まり給へなれ。



ただしこの御時、中臣鎌子の連と申して、内大臣になりはじめ給ふ。



その大臣は常陸国にて生れ給へりければ、三十九代にあたり給へる帝、天智天皇と申す、その帝の御時こそこの鎌足のおとどの御姓、藤原とあらたまり給ひたる。



されば世の中の藤氏のはじめには内大臣鎌足のおとどをし奉る。



その末々より多くの帝、后、大臣、公卿さまざまになり出で給へり。



ただし、この鎌足のおとどを、この天智天皇いとかしこくときめかし思して、わが女御一人をこの大臣に譲らしめ給ひつ。



その女御ただにもあらず、草み給ひにければ、帝の思し召し宣ひけるやう、この女御の九卒Jぶりる子、男ならば臣が子とせむ、女ならば朕が子とせむと思して、かの大臣に仰せられけるやう、「男ならば大臣の子とせよ。



女ならば朕が子にせむ」と契らしめ給へりけるに、この御子、男にて生れ給へりければ、内大臣の御子とし給ふ。



この大臣は、もとより男一人、女一人をぞ、持ち奉り給へりける。



この御腹に、さしつづき女二人、男二人生れ給ひぬ。



その姫君、天智天皇の皇子、大友皇子と申ししが、太政大臣の位にて、次にはやがて同じ年のうちに帝となり給ひて、天武天皇と申しける帝の女御にて、二所ながらさしつづきおはしけり。



大臣のもとの太郎君をば、中臣意美暦とて、宰相までなり給へり。



天智天皇の御子の字まれ給へりし、右大臣までなり給ひて、藤原不比等のおとどとておはしけり。



失せ給ひて後、贈大政大臣になり給へり。



鎌足のおとどの三郎は宇合とぞ申しける。



四郎は麿と申しき。



この男君たち、皆宰相ばかり率でぞなり給へる。



かくて鎌足のおとどは、天智天皇の御時、藤原の姓給はり給ひし年ぞ、失せさせ給ひける。



内大臣の位にて、二十五年ぞおはしましける。



太政大臣になり給はねど、藤氏の出ではじめのやむごとなきによりて、失せさせ給へる後の御いみな、淡海公と申しけり。



この繁樹がいふやう、



大織冠をば、いかでか淡海公と申さむ。



大織冠は大臣の位にて二十五年、御年五十六にてなむかくれおはしましける。



ぬしののたぶことも、天の川をかき流すやうに侍れど、折々かかる僻事のまじりたる。



されども、誰かまた、かうは語らむな。



仏在世の浄名居士とおぼえ給ふものかな。



といへは、世継がいはく、



昔、唐国に、孔子と申す、もの知り宣ひけるやう侍り。



「智者は千のおもひはかり、かならず一つあやまちあり」とあれば、世継、年百歳に多くあまり、二百歳にたらぬほどにて、かくまでは間はず語り申すは、昔の人にも劣らざりけるにやあらむ、となむおぼゆる。



と言へば、繁樹、



しかしか。



まことに申すべき方なくこそ興あり、おもしろくおぼえ侍れ。



とて、かつは涙をおしのごひなむ感ずる、まことにいひてもあまりにぞおほゆるや。



御子の右大臣不比等のおとど、実は天智天皇の御子なり。



されど、鎌足のおとどの二郎になり給へり。



この不比等のおとどの御名よりはじめ、なべてならずおはしましけり。



「ならびひとしからず」とつけられ給へる名にてぞ、この文字は侍りける。



この不比等のおとどの御男君たち二人ぞおはしける。



太郎は武智暦と聞えて、左大臣までなり給へり。



二郎は房前と申して、宰相までなり給へり。



この不比等のおとどの御女二人おはしけり。



一所は、聖武天皇の御母后、光明皇后と申しける。



いま一所の御女は、聖武天皇の女御にて、女親王をぞうみ奉り給へりける。



女御子を、聖武天皇、女帝にすゑ奉り給ひてけり。



この女帝をば、高野の女帝と申しけり。



二度位につかせ給ひたりける。



さて、不比等のおとどの男子二人、また御弟二人とを、四家となづけて、皆門わかち給へりけり。



その武智暦をば南家となづけ、二郎房前をば北家となづけ、御はらからの宇合の式部卿をば式家となづけ、その弟の暦をば京家となづけ給ひて、これを、藤氏の四家とはなづけられたるなりけり。



この四家よりあまたのさまざまの国王、大臣、公卿多く出で給ひて栄えおはします。



しかあれど、北家の末、今に枝ひろどり給へり。



その御つづきを、また一筋に申すべきなり。



絶えにたる方をば申さじ。



人ならぬほどのものどもは、その御末にもや侍らむ。



この鎌足のおとどよりの次々、今の関白まで十三代にやならせ給ひぬらむ。



その次第を聞し召せ。



藤氏と申せば、ただ藤原をぱさいふなりとぞ、人は思さるらむ。



さはあれど、本末知ることは、いとありがたきことなり。



一、内大臣鎌足のおとど、藤氏の姓給はり給ひての年の十月十六日に失せさせ給ひぬ、御年五十六。



大臣の位にて二十五年。



この姓の出でくるを聞きて、紀氏の人のいひける、「藤かかりぬる木は枯れぬるものなり。



いまぞ紀氏は失せなむずる」とぞ宣ひけるに、まことにこそしか侍れ。



この鎌足のおとどの病づき給へるに、音この国に仏法ひろまらず、僧などたはやすく侍らずやありけむ、聖徳太子伝へ給ふといへども、この頃だに、生れたる児も法華経を読むと申せど、まだ読まぬも侍るぞかし、百済国よりわたりたりける尼して、維摩経供養じ給へりけるに、御心地ひとたびにおこたりて侍りければ、その経をいみじきものにし給ひけるままに、維摩会は侍るなり。



一、鎌足のおとどの二郎、左大臣正二位不比等、大臣の位にて十三年。



贈大政大臣にならせ給へり。



元明天皇、元正天皇の御時二代。



一、不比等のおとどの二郎、房前、宰相にて二十年。



大炊天皇の御時、天平宝字四年庚子八月七日、贈大政大臣になり給ふ。



元正天皇、聖武天皇二代。



一、房前のおとどの四男、真楯の大納言、称徳天皇の御時、天平神護二年三月十六日、失せ給ひぬ、御年五十二。



贈大政大臣。



公卿にて七年。



一、真楯の大納言の御二郎、右大臣従二位左近大将内暦のおとど、御年五十七。



公卿にて二十年、大臣の位にて七年。



贈従一位左大臣。



桓武天皇、平城天皇二代にあひ給へり。



一、内暦のおとどの御三郎、冬嗣のおとどは、左大臣までなり給へり。



贈大政大臣。



この殿より次、さまざまあかしたればこまかに申さじ。



鎌足の御代より栄えひろごり給へる、御末々やうやう失せ給ひて、この冬嗣のにはどは無下に心ほそくなり給へりし。



その時は、源氏のみぞ、さまざま大臣、公卿にておはせし。



それに、この大臣なむ南円堂を建てて、丈六の不空願桐索観音を据ゑ奉り給ふ。



さて、やがて不空羅索経一千巻供養じ給へり。



今にその経ありつつ、藤氏の人々とりて守りにしあひ給へり。



その仏経の力にこそ侍るめれ、また栄えて、帝の御後見今に絶えず、末々せさせ給ふめるは。



その供養の日ぞかし、こと姓の上達部あまた、日のうちに失せ給ひにければ、まことにや、人々申すめり。



一、冬嗣のおとどの御太郎、長良の中納言は、贈太政大臣。



一、長良のおとどの御三郎、基経のおとどは、太政大臣までなり給へり。



一、基経のおとどの御四郎、忠平のおとどは、太政大臣までなり給へり。



一、忠平のおとどの御ニ郎、師輔のおとどは、右大臣までなり給へり。



一、師輔のおとどの御三郎、兼家のおとど、太政大臣まで。



一、兼家のおとどの御五郎、道長のおとど、太政大臣まで。



一、道長のおとどの御太郎、ただいまの関白左大臣頼通のおとど、これにおはします。



この殿の御子の、今までおはしまさざりつるこそ、いと不便に侍りつるを、この若君の生れ給ひつる、いとかしこきことなり。



母は申さぬことなれど、これはいとやむごとなくさへおはするこそ。



故左兵衛督は、人柄こそ、いとしも思はれ給はざりしかど、もとの貴人におはするに、また、かく世をひびかす御孫の出でおはしましたる、なき後にもいとよし。



七夜のことは、入道殿せさせ給へるに、つかはしける。



年を経て
待ちつる松の
若枝に
うれしくあへる
春のみどりご
としをへて
まちつるまつの
わかえだに
うれしくあへる
はるのみどりご


帝、東宮をはなち奉りては、これこそ孫の長とて、やがて御童名を長君とつけ奉らせ給ふ。



この四家の君たち、昔も今もあまたおはしますなかに、道絶えずすぐれ給へるは、かくなり。



その鎌足のおとど生まれ給へるは、常陸国なれば、かしこに鹿島といふ所に、氏の御神を住ましめ奉り給ひて、その御代より今にいたるまで、あたらしき帝、后、大臣たち給ふ折は、幣の使かならずたつ。



帝、奈良におはしましし時に、鹿島遠しとて、大和国三笠山にふり奉りて、春日明神となづけ奉りて、今に藤氏の御氏神にて、公家、男、女使たてさせ給ひ、后の宮、氏の大臣、公卿、皆、この明神に仕うまつり給ひて、二月、十一月上の申の日、御祭にてなむ、さまざまの使たちののしる。



帝、この京に遷らしめ給ひては、また近くふり奉りて、大原野と申す。



二月の初卯の日、霜月の初子の日と定めて、年に二度の御祭あり。



また同じく公家の使たつ。



藤氏の殿ばら、皆、この御神に御幣、十列奉り給ふ。



なほし近くとて、またふり奉りて、吉田と申しておはしますめり。



この吉田の明神は、山陰の中納言のふり奉り給へるぞかし。



御祭の日、四月下の子、十一月下の申の日とを定めて、「わが御族に、帝、后宮たち給ふものならば、公祭になさむ」と誓ひ奉り給へれば、一条院の御時より、公祭にはなりたるなり。



また、鎌足のおとどの御氏寺、大和国多武峯に造らしめ給ひて、そこに御骨を納め奉りて、今に三昧行ひ奉り給ふ。



不比等のおとどは、山階寺を建立せしめ給へり。



それにより、かの寺に藤氏を祈り申すに、この寺ならびに多武峯、春日、大原野、吉田に、例にたがひ、あやしきこと出できぬれば、御寺の僧、禰宜等など公家に奏し申して、その時に、藤氏の長者殿占はしめ給ふに、御慎みあるべきは、年のあたり給ふ殿ばらたちの御もとに、御物忌を書きて、一の所より配らしめ給ふ。



おほよそ、かの寺よりはじまりて、年に二三度、会を行はる。



正月八日より十四日まで、八省にて、奈良方の僧を講師とて、御斎会行はしむ。



公家よりはじめ、藤氏の殿ばら、皆加供し給ふ。



また、三月十七日よりはじめて、薬師寺にて最勝会七日、また山階寺にて十月十日より維摩会七日。



皆これらのたびに、勅使下向して余つかはす。



藤氏の殿ばらより五位まで奉り給ふ。



南京の法師、三会講師しつれば、己講と名づけて、その次第をつくりて、律師、僧綱になる。



かかれば、かの御寺、いかめしうやむごとなき所なり。



いみじき非道のことも、山階寺にかかりぬれば、またともかくも、人ものいはず、「山階道理」とつけて、おきつ。



かかれば、藤氏の御有様たぐひなくめでたし。



同じことのやうなれども、またつづきを申すべきなり。



后の官の御父、帝の御祖父となり給へるたぐひをこそは、あかし申さめ。



とて、



一、内大臣鎌足のおとどの御女二人、やがて皆天武天皇に奉り給へりけり。



男女親王たちおはしましけれど、帝、春宮たたせ給はざめり。



一、膳大政大臣不比等のおとどの御女二所、一人の御女は、文武天皇の御時の女御、親王生れ給へり。



それを聖武天皇と申す。



御母をば光明皇后と申しき。



いま一人の御女は、やがて御甥の聖武天皇に奉りて、女親王うみ奉り給へろを、女帝にたて奉り給へるなり。



高野の女帝と申す、これなり。



四十六代にあたり給ふ。



それおり給へるに、また帝一人を隔て奉りて、また四十八代にかへりゐ給へるなり。



母后を贈皇后と申す。



しかれば不比等のおとどの御女、二人ながら后にましますめれど、高野の女文中の御母后は、贈后と申したるにて、おはしまさぬ世に、后の宮にゐ給へると見えたり。



かるが故に、不比等のおとどは、光明皇后、また贈后の父、聖武天皇ならびに高野の女帝の御祖父。



或本にまた、「高野の女帝の母后、生き給へる世に后にたち給ひて、その御名を光明皇后と申す」とあり。



聖武の御母も、おはします世に、后となり給ひて、贈后と見え給はず。



一、贈大政大臣冬嗣のおとどは、大皇太后順子の御父、文徳



天皇の御祖父。



一、太政大臣良房のおとどは、皇太后官明子の御父、清和



天皇の御祖父。



一、贈大政大臣長良のおとどは、皇太后高子の御父、陽成院の御祖父。



一、贈大政大臣総継のおとどは、贈皇太后沢子の御父、光孝天皇の御祖父。



一、内大臣高藤のおとどは、皇太后胤子の御父、醍醐天皇の御祖父。



一、太政大臣基経のおとどは、皇后宮穏子の御父、朱雀、村上二代の御祖父。



一、右大臣師輔のおとどは、皇后安子の御父、冷泉院ならびに円融院の御祖父。



一、太政大臣伊尹のおとどは、贈皇后懐子の御父、花山院の



御祖父。



一、太政大臣兼家のおとどは、皇太后宮詮子、また贈后超子



の御父、一条院、三条院の御祖父。



一、太政大臣道長のおとどは、大皇太后宮彰子、皇太后官妍子、中官威子、東宮の御息所の御父、当代ならびに春宮の御祖父におはします。



ここらの御中に、后三人並べすゑて見奉らせ給ふことは、入道殿下よりほかに聞えさせ給はざんめり。



関白左大臣、内大臣、大納言二人、中納言の御親にておはします。



さりや、聞し召しあつめよ。



日本国には唯一無二におはします。



まづは、造らしめ給へる御堂などの有様、鎌足のおとどの多武峯、不比等のおとどの山階寺、基経のおとどの極楽寺、忠平のおとどの法性寺、九条殿の楞厳院、天のみかどの造り給へる東大寺も、仏ばかりこそは大きにおはすめれど、なほこの無量寿院には並び給はず。



まして、こと御寺御寺はいふべきならず。



大安寺は、兜率天の一院を天竺の祇園精舎にうつし造り、天竺の祇園精舎を唐の西明寺にうつし造り、唐の西明寺の一院を、この国の帝は、大安寺にうつさしめ給へるなり。



しかあれども、ただいまはなほこの無量寿院まさり給へり。



南京のそこばくの多かる寺ども、なはあたり給ふなし。



恒徳公の法住寺いと猛なれど、なはこの無量寿院すぐれ給へり。



難波の天王寺など、聖徳太子の御心に入れ造り給へれど、なほこの無量寿院まさり給へり。



奈良は七大寺十五大寺など見くらぶるに、なほこの無量寿院いとめでたく、極楽浄土のこの世にあらはれけると見えたり。



かかるが故に、この無量寿院も、思ふに、思し召し願ずること侍りけむ。



浄妙寺は、東三条の大臣の、大臣になり給ひて、御慶びに木幡に参り給へりし御供に、入道殿具し奉らせ給ひて御覧ずるに、多くの先祖の御骨おはするに、鐘の声聞き給はぬ、いと憂きことなり、わが身思ふさまになりたらば、三昧堂建てむと、御心のうちに思し召し企てたりける、とこそ承れ。



昔も、かかりけること多く侍りけるなかに、極楽寺、法性寺ぞいみじく侍るや。



御年なんどもおとなびさせ給はぬにだにも思し召しよるらむほど、なべてならずおぼえ侍るに、いづれの御時とはたしかにえ聞き侍らず、ただ深草の御ほどにやなどぞ思ひやり侍る。



芹河の行幸せしめ給ひけるに、昭宣公童殿上にて仕うまつらせ給へりけるに、帝、琴をあそばしける。



この琴弾く人は、別の爪つくりて、指にさし入れてぞ、弾くことにて侍りし。



さて持たせ給ひたりけるを、落しおはしまして、大事に思し召しけれど、またつくらせ給ふべきやうもなかりければ、さるべきにてぞ思し召しよりけむ、おとなしき人々にも仰せられずて、幼くおはします君にしも、「求めて参れ。



」と仰せられければ、御馬をうち返しておはしましけれど、いづくをはかりともいかでかは尋ねさせ給はむ。



見つけて参らせざらむ事のいといみじく思し召しければ、これ求め出でたらむ所には一伽藍を建てむと、願じ思して、求め給ひけるに、出できたる所ぞかし、極楽寺は。



幼き御心に、いかでか思し召しよらせ給ひけむ。



さるべきにて御爪も落ち、幼くおはします人にも仰せられけるにこそは侍りけめ。



さて、やむごとなくならせ給ひて、御堂建てさせにおはします御車に、貞信公はいと小さくて具し奉り給へりけるに、法性寺の前わたり給ふとて、「父こそ。



こここそ、よき堂所なむめれ。



ここに建てさせ給へかし」と聞えさせ給ひけるに、いかに見てかく言ふらむと思して、さし出でて御覧ずれば、まことにいとよく見えければ、幼き目にいかでかく見つらむ、さるべきにこそあらめと、思し召して、「げにいとよき所なめり。



汝が堂を建てよ。



われはしかじかの事のありしかば、そこに建てむずるぞ」と申させ給ひける。



さて法性寺は建てさせ給ひしなり。



また、九条殿の飯室のことなどはいかにぞ。



横川の大僧正、御房にのぼらせ給ひし御供には、繁樹参りて侍りき。



かやうのことども聞き見給ふれど、なは、この入道殿、世にすぐれ抜け出でさせ給へり。



天地にうけられさせ給へるは、この殿こそはおはしませ。



何事も行はせ給ふ折に、いみじき大風吹き、長雨降れども、まづ二三日かねて、空晴れ、土乾くめり。



かかれば、あるいは聖徳太子の生れ給へると申し、あるいは弘法大師の仏法興隆のために生れ給へるとも申すめり。



げにそれは、翁らがさがな目にも、ただ人とは見えさせ給はざめり。



なは権者にこそおはしますべかめれとなむ、仰ぎ見奉る。



かかれば、この御世の楽しきことかぎりなし。



そのゆゑは、音は、殿ばら、宮ばらの馬飼牛飼、なにの御霊会、祭の料とて、銭、紙、米など乞ひののしりて、野山の草をだにやは刈らせし。



仕丁、おものもち出できて、人のもの取り奪ふこと絶えにたり。



また、里の刀禰、村の行事出できて、火祭やなにやと煩はしく責めしこと、今は聞えず。



かばかり安穏泰平なる時にはあひなむやと思ふは。



翁らがいやしき宿りも、帯、紐を解き、門をだに鎖さで、安らかに偃したれば、年も若え、命も延びたるぞかし。



まづは、北野、賀茂河原に作りたる、まめ、ささげ、うり、なすびといふもの、この中頃は、さらに術なかりしものをや。



この年頃は、いとこそたのしけれ。



人の取らぬをばさるものにて、馬、牛だにぞ食まぬ。



されば、ただまかせ捨てつつ置きたるぞかし。



かくたのしき弥勒の世にこそあひて侍れや。



といふめれば、いま一人の翁、



ただいまは、この御堂の夫を頻に召すことこそは、人は堪へがたげに申すめれ。



それはさは聞き給はぬか。



といふめれば、世継、



しかしか、その事ぞある。



二三日まぜに召すぞかし。



されどそれ、参るにあしからず。



ゆゑは、極楽浄土のあらたにあらはれ出で給ふべきために召すなり、と思ひ侍れば、いかで、力堪へば、参りて仕うまつらむ。



ゆく末に、この御堂の草木となりにしかなとこそ思ひ侍れ。



されば、ものの心知りたらむ人は、望みても参るべきなり。



されば、翁ら、またあらじ、一度欠かず奉り侍るなり。



さて参りたれば、あやしき事やはある。



飯、酒しげく賜び、持ちて参る果物をさへ恵み賜び、つねに仕うまつる者は、衣裳をさへこそ宛て行はしめ給へ。



されば、参る下人も、いみじういそがしがりてぞ、進み集ふめる。



と言へば、



しか、それさる事に侍り。



ただし翁らが思ひ得て侍るやうは、いと頼もしきなり。



翁いまだ世に侍るに、衣裳破れ、むつかしき目見侍らず。



また、飯、酒乏しき目見侍らず。



もしこの事どもの術なからむ時は、紙三枚をぞ求むべき。



ゆゑは、入道殿下の御前に申文を奉るべきなり。



その文に作るべきやうは、「翁、故太政大臣貞信公殿下の御時の小舎人童なり。



それ多くの年積りて、術なくなりて侍り。



閤下の君、末の家の子におはしませば、同じ君と頼み仰ぎ奉る。



もの少し恵み給はらむ。



」と申さむには、少々のものは賜ばじやはと思へば、それは案のものにて、倉に置きたるごとくになむ思ひ侍る。



と言へば、世継、



それはげにさる事なり。



家貧しくならむ折は御寺に申文を奉らしめむとなむ、卑しき童べとうち語らひ侍る。



と、同じ心に言ひかはす。



さてもさても、うれしう対面したるかな。



年頃の袋の口あげ、綻びを裁ち侍りぬること。



さても、このののしる無量寿院には、いくたび参りて拝み奉り給ひつ。



と言へば、



おのれは大御堂の供養の年の会の日は、人いみじう払ふべかなりと聞きしかば、試楽といふ事、三日かねてせしめ給ひしになむ、参りて侍りし。



と言へば、世継、



おのれは、たびたび参り侍り。



供養の日の有様のめでたさは、さらにもあらずや。



またの日、今日は御仏など遣うて拝み奉らむ、ものども取りおかれぬ先にと思ひて、参りて侍りしに、宮達の諸堂拝み奉らせ給ひし、見申し侍りしこそ、かかる事にあはむとて、今まで生きたるなりけりとおぼえ侍りしか。



もの覚えて後、さる事をこそまだ見侍らね。



御輦車に四所奉りたりしぞかし。



口に大宮、皇太后官、御袖ばかりをいささかさし出ださせ給ひて侍りしに、枇杷殿の宮の御ぐしの、地にいと長く引かれさせ給ひて、出でさせ給へりしは、いとめづらかなりし事かな。



しりの方には、中宮、督の殿奉りて、ただ御身ばかり御車におはしますやうにて、御衣どもは皆ながら出でて、それも地までこそ引かれ侍りしか。



一品の宮も中に奉りたりけるにや、御衣どもは、なにがしぬしの持ちたうび、御車のしりにぞ候はれし。



単の御衣ばかりを奉りておはしましけるなめり。



御車には、まうち君たち引かれて、しりには関白殿をはじめ奉り、殿ばら、さらぬ上達部、殿上人、御直衣にて歩み続かせ給へりし、いで、あないみじや。



中宮権大夫殿のみぞ、堅固の御物忌にて率ゐらせ給はざりし。



さていみじく口惜しがらせ給ひける。



中宮の御装束は、権大夫殿せさせ給へりし、いと清らにてこそ見え侍りしか。



「供養の日、啓すべき事ありて、おはします所に参りて、五所居並ばせ給へりしを見奉りしかば、中官の御衣の優に見えしは我がしたればにや」とこそ、大夫殿仰せられけれ。



かく口ばかりさかしだち侍れど、下﨟のつたなき事は、いづれの御衣も、ほど経ぬれば、色どものつぶと忘れ侍りにけるよ。



ことにめでたくせさせ給へりければにや、下は紅薄物の御単衣重にや、御表着よくも覚え侍らず。



萩の織物の三重襲の御唐衣に、秋の野を縫物にし、絵にもかかれたるにやとぞ、目もとどろきて見給へし。



こと宮々のも、殿ばらの調じて奉らせ給へりけるとぞ人申しし。



大宮は、二重織物折り重ねられて侍りし。



皇太后宮は、総じて唐装束。



督の殿のは、殿こそせさせ給へりしか。



こと御方々のも、絵かきなどせられたり、と聞かせ給ひて、にはかに箔押しなどせられたりければ、入道殿御覧じて、「よき呪師の装束かな」とて、笑ひ申させ給ひけり。



殿は、まづ御堂御堂あけつつ待ち申させ給ふ。



南大門のほどにて見まししだに、笑ましくおぼえ侍りしに、御堂の渡殿の物のはざまより、一品の宮の弁の乳母、いま一人は、それも一品の宮の大輔の乳母、中将の乳母とかや、三人とぞ承りし。



御車よりおりさせ給ひて、ゐざり続かせ給へるを見奉りたるぞかし。



恐ろしさにわななかれしかど、今日、さばかりの事はありなむやと思ひて、見参らするに、などてかはとは申しながら、いづれと聞えさすべきにもなく、とりどりにめでたくおはしまさふ。



大宮、御ぐし御衣の裾に余らせ給へり。



中宮は、たけに少し余らせ給へり。



皇太后官は、御衣に一尺ばかり余らせ給へる御裾、扇のやうにぞ。



督の殿、御たけに七八寸余らせ給へり。



御扇少しのけてさし隠させ給ひける。



一品の宮は、殿の御前、「なにか居させ給ふ。



立たせ給へ」とて、長押おりのぼらせ給ふ御手をとらへつつ、助け申させ給ふ。



あまりなる事は、目ももどろく心地なむし給ひける。



あらはならずひきふたぎなど、つくろはせ給ひけるほどに、御覧じつけられたるものかは。



「あないみじ。



宮仕へに宿世の尽くる日なりけり」と、生ける心地もせで、三人ながら候ひ給ひけるほどに、



「宮達見奉りつるか。



いかがおはしましつる。



この老法師の女達には、けしうはあらずおはしまさふな。



なあなづられそよ」と、うち笑みて仰せられかけて、いたうもふたがせ給はでおはしましたりしなむ、生き出でたる心地して、うれしなどはいふべきやうもなく、かたみに見れば、顔はそこら化粧じたりつれど、草の葉の色のやうにて、また赤くなりなど、さまざま汗水になりて見かはしたり。



「さらぬ人だに、あざれたる物覗きは、いと便なき事にするを、せめてめでたう思し召しければ、御喜びに堰へで、さはれと思し召しつるにこそと思ひなすも、心驕りなむする」と、宣ひいまさうじける。



かやうの事どもを見給ふままには、いとしもこの世の栄花の御栄えのみおぼえて、染着の心のいとどますますにおこりつつ、道心つくべくも侍らぬに、河内国そこそこに住むなにがしの聖人は、庵より出づる事もせられねど、後世の責めを思へばとて、のぼり参られたりけるに、関白殿参らせ給ひて、雑人どもを払ひののしるに、これこそは一の人におはすめれと見奉るに、入道殿の御前に居させ給へば、なほまさらせ給ふなりけりと見奉るほどに、また行幸なりて、乱声し、待ちうけ奉らせ給ふさま、御輿の入らせ給ふほどなど、見奉りつる殿達の、かしこまり申させ給へば、なほ国王こそ日本第一の事なりけれと思ふに、おりおはしまして、阿弥陀堂の中尊の御前についゐさせ給ひて、拝み申させ給ひしに、「なほなほ仏こそ上なくおはしましけれと、この会の庭にかしこう結縁し申して、道心なむいとど熟し侍りぬる」とこそ申され侍りしか。



かたはらに居られたりしなりや、まこと、忘れ侍りにけり。



世の中の人の申すやう、「大宮の入道せしめ給ひて、太上天皇の御位にならせ給ひて、女院となむ申すべき。



この御寺に戒壇あるべかなれば、世の中の尼ども参りて受くべかんなり」とて、喜びをこそすなれ。



この世継が女ども、かかる事を伝へ聞きて、申すやう、「おのれを、その折にだに、白髪の裾そぎてむとなむ、なにか制する」と語らひ侍れば、「何せむにか制せむ。



ただし、さらむ後には、若からむ女の童べ求めて得さすばかりぞ」と言ひ侍れば、「我が姪なる女一人あり。



それを今より言ひ語らはむ。



いとさし離れたらむも、情なきこともぞある」と申せば、「それあるまじき事なり。



近くも遠くも、身のためにおろかならむ人を、今さらに寄すべきかは」となむ語らひ侍る。



やうやう裳、袈裟などのまうけに、よき絹一二疋求めまうけ侍る。



などいひて、さすがにいかにぞや、ものあはれげなるけしきの出できたるは、女どもにそむかれむことの心ぼそきにやとぞ見え侍りし。



さて、今年こそ天変頻にし、世の妖言などよからず聞え侍るめれ。



督の殿のかく懐妊せしめ給ふ、院の女御殿の常の御悩のなかにも、今年となりては、ひまなくおはしますなるなどこそ、恐ろしう承れ。



いでや、かうやうの事をうちつづけ申せば、昔のことこそただ今のやうにおぼえ侍れ。



見かはして、繁樹が言ふやう、



いであはれ、かくさまざまにめでたき事ども、あはれにもそこら多く見聞き侍れど、なほ、わが宝の君に後れ奉りしやうに、もののかなしく思う給へらるる折こそ侍らね。



八月十日あまりのことに候ひしかば、折さへこそあはれに、「時しもあれ」とおぼえ侍りしものかな。



とて、鼻たびたびかみて、えもいひやらず、いみじと思ひたるさま、まことにその折もかくこそと見えたり。



一日片時生きて世にめぐらふべき心地もし侍らざりしかど、かくまで候ふは、いよいよひろごり栄えおはしますを見奉り、よろこび申させむとに侍めり。



さて、またの年五月二十四日こそは、冷泉院は誕生せしめ給へりしか。



それにつけていとこそ口惜しく、折のうれしさは、はかりもおはしまさざりしか。



などいへば、世継も、



しか、しか。



と、こころよく思へるさまおろかならず。



朱雀院、村上などのうちつづき生れおはしまししは、またいかが。



などいふほど、あまりに恐ろしくぞ。



また、



世継が思ふことこそ侍れ。



便なきことなれど、明日とも知らぬ身にて侍れば、ただ申してむ。



この一品の宮の御有様のゆかしくおぼえさせ給ふにこそ、また命惜しく侍れ。



そのゆゑは、生れおはしまさむとて、いとかしこき夢想見給へしなり。



さおぼえ侍りことは、故女院、この大宮など孕まれさせ給はむとて見えし、ただ同じさまなる夢に侍りしなり。



それにて、よろづおしはからせ給ふ御有様なり。



皇太后宮にいかで啓せしめむと思ひ侍れど、その宮の辺の人に、え会ひ侍らぬが口惜しさに、ここら集り給へる中に、もしおはしましやすらむと思う給へて、かつはかく申し侍るぞ。



ゆく末にも、よくいひけるものかなと、思しあはすることも侍りなむ。



といひし折こそ、ここにあり、とて、さし出でまほしかりしか。