皇后宮大夫殿書きつがれたる夢なり。



この年頃聞けば、百日、千日の講行はぬ家々なし。



老いたるも若きも、後の世の勤めをのみ思し申すめるに、一日の講も行はず、ただつらつらといたづらに起き臥してのみ侍る罪深さに、ある所の千日の講、卯の時になむ行ふと聞きて参りたりけるに、人々、所もなく、車もかちの人もありけむ。



やや侍てど講師見えず。



人々の言ふを聞けば、今日の講は、夕つ方ぞあらむなど言ふに、帰らむも罪得がましく思ふに、百歳ばかりにやあらむと見ゆる翁の居たるかたはらに、法師の同じほどに見ゆる、人の中を分けてきて、この翁に、



いとかしこく見奉りつけて、あながちに参りつるなり。



そもそも御前は、ひととせ世継の菩提講にて物語し給ひし、あながちに居寄りて、あどうち給ひしと見奉るは、老法師の僻目か。



と言へば、男、



さもや侍りけむ。



といふ。



これはいで、興ありて。



その世継には、またやあひ給へりし。



と言へば、



後三条院生れさせ給ひてなむ、あひて侍りし。



と言へば、



さてさていかなる事か申されけむ。



そのかみごろも、耳も及ばず承り思う給へし。



その後さまざま興あることも侍るを、聞かせ給ひけむ。



まことに今の世のこと、とりそへて宣はせよ。



あはれ、幾歳になり給ひ侍りぬらむ。



と言へば、



二の舞の翁にてこそは侍らめ。



さはあれど、聞かむと思し召さば、すこぶる申し侍らむ。



まづ、その年、万寿二年乙の丑の年、今年己の亥の年とや申す。



八十三年にこそなりにて侍りけれ。



いでや、なにばかり見聞きたる事の情も侍らず。



かの世継の申されし事も、耳にとどまるやうにも侍らざりき。



と言へば、法師、



いでいで、さりとも八十三年の功徳の林とは、今日の講を申すべきなめり。



今も昔もしかぞ侍りし。



二の舞の翁、物まねびの翁、僧らが申さむ事を、正教になずらへて、誰も聞し召せ。



と言へば、翁、



聞こし召しし所も侍るまじけれど、かくせちにすすめ給へば、今はのきざみに、痴のものに笑はれ奉るべきにこそ。



見聞き侍りしは、後一条院、長元九年四月十七日失せさせ給へる。



天下をしろしめすこと、二十一年。



そのほど、いらなく悲しきこと多く侍りき。



中宮はやがて思し召し嘆きて、同じ年の九月六日失せさせ給ひにし。



上東門院思し召し嘆きしかど、これにも後れ奉らせ給ひて、一品の宮、前斎院をこそは、かしづき奉らせ給ひしか。



院の御葬送の夜ぞかし、常陸国の百姓とかや、



かけまくも
かしこき君が
雲のうへに
煙かからむ
ものとやは見し
かけまくも
かしこききみが
くものうへに
けぶりかからむ
ものとやはみし


五月ばかり、郭公を聞こし召して、女院、



一言を
君に告げなむ
ほととぎす
このさみだれは
闇にまどふと
ひとことを
きみにつげなむ
ほととぎす
このさみだれは
やみにまどふと


この御思ひに、源中納言顕基の君出家し給ひて後、女院に申し給へりし、



身を捨てて
宿を出でにし
身なれども
なほ恋しきは
昔なりけり
みをすてて
やどをいでにし
みなれども
なほこひしきは
むかしなりけり


御返し、



時の間も
恋しきことの
なぐさまば
世はふたたびも
そむかれなまし
ときのまも
こひしきことの
なぐさまば
よはふたたびも
そむかれなまし


その時は、かやうなる事多く聞え侍りしかど、数々申すべきならず。



後朱雀院位につかせ給うて、さはいへど、はなやかにめでたく世にもてなされて、しばしこそあれ、一の宮の方にゐさせ給ふ一品の宮、后に立たせ給ふ。



後三条院生れさせ給ひにしかば、さればこそ、昔の夢はむなしかりけりや。



「なからむ末伝へさせ給ふべき君におはします」とぞ、世継申されし。



今后、弘徴殿におはしまし、春官、梅壺におはしまして、先帝の一品の宮、春宮に参らせ給ひて、藤壺におはしまして、女院入らせ給ひて、ひとつにおほし奉らせ給へる宮達、いづれともおぼつかなからず見奉らせ給ふめでたさに、故院のおはしまさぬ嘆き、尽きせず思し召したりけり。



関白殿に養ひ奉らせ給ひし、故式部卿の宮の姫君、内に参らせ給ひて、弘微殿におはしますべしとて、かねて后の宮出でさせ給ひしこそ、いかに安からず思し召すらむと、世の人、悩み申ししか。



明日まかでさせ給はんとて、上にのぼらせ給ひて、帝いかが申させ給ひけん、宮、



今はただ
雲居の月を
ながめつつ
めぐりあふべき
ほども知られず
いまはただ
くもゐのつきを
ながめつつ
めぐりあふべき
ほどもしられず


この宮に女宮二所おはします。



斎宮、斎院にゐさせ給うて、いとつれづれに、宮たち恋しく、世もすさまじく思し召すに、五月五日に、内より、



もろともに
かけし菖蒲の
ねを絶えて
さらにこひぢに
まどふ頃かな
もろともに
かけしあやめの
ねをたえて
さらにこひぢに
まどふころかな


御返し、



かたがたに
ひき別れつつ
あやめ草
あらぬねをやは
かけむと思ひし
かたがたに
ひきわかれつつ
あやめくさ
あらぬねをやは
かけむとおもひし


殿の御もてなし、かたはらいたくわづらはしくて、久しく入らせ給はず。



されど、この宮おはしますこそは、頼もしき事なれど、今の宮に男皇子産み奉り給ひては、疑ひなき儲の君と思し召したる、ことわりなり。



よき女房多く、出羽、少将、小弁、小侍従など言ひて、手書き、歌詠みなど、はなやかにていみじうて、候はせ給ふ。