白河殿の七百首の歌に、寄河戀

前大納言資季



年へぬる
ふる河のべに
たつ杉の
いつかは人に
又は逢見む
としへぬる
ふるかはのべに
たつすぎの
いつかはひとに
またはあひみむ