弘長三年内裏の百首の歌奉りし時、山家夢

近衛關白左大臣



おのづから
都にかよふ
夢をさへ
またおどろかす
嶺の松風
おのづから
みやこにかよふ
ゆめをさへ
またおどろかす
みねのまつかぜ