僞の
なからむ世をぞ
背くべき
家を出づるも
まことならねば
いつはりの
なからむよをぞ
そむくべき
いへをいづるも
まことならねば