弘長元年百首の歌奉りける時、荻

常磐井入道前太政大臣



荻の葉に
風まつ程の
夕暮を
おとづれかへて
人のとへかし
をぎのはに
かぜまつほどの
ゆふぐれを
おとづれかへて
ひとのとへかし