法印公朝



身のうさも
かはらぬそらの
月をみて
何か昔の
秋は戀しき
みのうさも
かはらぬそらの
つきをみて
なにかむかしの
あきはこひしき