寳治元年十首の歌合に、旅宿嵐

前右兵衞督爲教



かり枕
夢もむすばず
さゝのやの
ふしうき程の
夜はの嵐に
かりまくら
ゆめもむすばず
ささのやの
ふしうきほどの
よはのあらしに