九條右大臣かくれ侍りにける年新甞會のころ内の女房に遣しける

藤原高光

Фудзивара Такамицу

霜がれの
蓬の門に
さしこもり
けふの日影を
みぬが悲しさ
しもがれの
よもぎのかどに
さしこもり
けふのひかげを
みぬがかなしさ