家に百首の歌よませ侍りけるに、紅葉の歌

關白左大臣



龍田川
みむろの山の
近ければ
紅葉を浪に
染めぬ日ぞなき
たつたかは
みむろのやまの
ちかければ
もみぢをなみに
そめぬひぞなき
Река Тацута
К горам Мимуро
Близка,
И нет такого дня,
Чтобы листва волны не красила.