越に侍りける比中務卿宗尊親王の許に申し遣しける

參河



思ひやれ
いく重の雲の
へだてとも
知らぬ心に
晴れぬ涙を
おもひやれ
いく重のくもの
へだてとも
しらぬこころに
はれぬなみだを