二月の廿日餘りの頃大内の花見せよと小侍從申しければいまだ開けぬ枝に附けて遣しける

從三位頼政



思ひやれ
君が爲にと
まつ花の
咲きも果てぬに
いそぐ心を
おもひやれ
きみがためにと
まつはなの
さきもはてぬに
いそぐこころを