千五百番歌合に

小侍從

Кодзидзю

浪たかき
由良の湊を
漕ぐ舟の
しづめもあへぬ
わが心かな
なみたかき
ゆらのみなとを
こぐふねの
しづめもあへぬ
わがこころかな