建暦二年十二月、和歌所の廿首の歌に

前中納言定家



跡垂れて
誓ひを仰ぐ
神も皆
身のことわりに
頼みかねつゝ
あとたれて
ちかひをあおぐ
かみもみな
みのことわりに
たのみかねつつ