社頭述懷を

信實朝臣

Нобудзанэ

老の波
猶志ば〳〵も
ありと見ば
あはれを懸けよ
玉津島姫
おいのなみ
なほしばしばも
ありとみば
あはれをかけよ
たまつしまひめ