祝部成繁



仕ふべき
身とて捨て得ぬ
理を
流石哀れと
かみや見るらむ
つかふべき
みとてすてえぬ
ことはりを
さすがあはれと
かみやみるらむ