百首の歌奉りし時、鹿

左衛門督資教



ねに立てゝ
秋に變らぬ
妻戀を
なれぬる物と
鹿や鳴くらむ
ねにたてて
あきにかはらぬ
つまこひを
なれぬるものと
しかやなくらむ