千五百番歌合に

小侍從



跡つけし
その昔こそ
悲しけれ
長閑につもる
雪を見るにも
あとつけし
そのむかしこそ
かなしけれ
のどかにつもる
ゆきをみるにも