文保の百首の歌奉りけるとき

後三條入道前太政大臣



さゝがにの
雲のはたての
郭公
くべき宵とや
空に待つらむ
ささがにの
くものはたての
ほととぎす
くべきよひとや
そらにまつらむ