文保の百首の歌奉りける時

前參議爲實



越の海や
なれける浦の
波ゆゑに
かならず歸る
春の雁がね
こしのうみや
なれけるうらの
なみゆゑに
かならずかへる
はるのかりがね