貞和二年百首の歌に

後三條前内大臣



露の間と
何か思はむ
濡れてほす
山路の菊の
千世の行く末
つゆのまと
なにかおもはむ
ぬれてほす
やまぢのきくの
ちよのゆくすゑ