百首の歌奉りし時、忍戀

權中納言爲重



涙川
袖のなかなる
みをなれば
瀬々を早しと
知る人もなし
なみだかは
そでのなかなる
みをなれば
せぜをはやしと
しるひともなし