齋院の女房の許より本院の櫻を折りて、之は見るやと申し遣したりけるに

後徳大寺左大臣



一枝の
匂ひは飽かず
神垣や
花の木ずゑを
行きてながめむ
ひとえだの
にほひはあかず
かみかきや
はなのこずゑを
ゆきてながめむ