小侍從



身に積る
年の暮にも
勝りけり
今日計りなる
春の惜しさは
みにつもる
としのくれにも
まさりけり
けふばかりなる
はるのをしさは